88件中 31 - 40件表示
  • ブライアン・トチ

    ブライアン・トチから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    子役としてキャリアをスタートさせ、1967年にテレビ放送されていたシットコムドラマ「He & She」の養子役、1968年にテレビシリーズの「宇宙大作戦」(現・スタートレック)などでテレビデビューを果たし、1971年のチャールトン・ヘストン主演のSF映画「地球最後の男オメガマン」の脇役で映画デビューを果たした。その後もいくつかの作品へ出演して活動を広げていくが、70年代中盤にいったんテレビでの活動から舞台での活動に重点を置き、リカルド・モンタルバン等のベテラン俳優らと舞台共演した。70年代後半辺りから再びテレビドラマや映画へ活動の場を戻すと、「ワンダーウーマン」や「ハワイ5-0」などの話題ドラマへ立て続けに出演し、役者としての地位を確立した。演じる役柄では主に日本人や中国人が多く、これまで出演した映画では「ポリスアカデミーシリーズ」に出てくる日本人のノガタ役やティム・ロビンス主演の「ザ・プレイヤー」の本人役などで知られている。また、声優としてテレビアニメへの声の出演作品もいくつかある他、実写版「ミュータント・タートルズ」の3作品においてはレオナルドの声を担当している。ブライアン・トチ フレッシュアイペディアより)

  • チャールズ・ロケット

    チャールズ・ロケットから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    1949年、メイン州バンゴーに生まれる。1960年代後半にロードアイランド州にあるロードアイランド・スクール・オブ・デザインへ進学、その後70年代には同州を拠点にアンダーグラウンドの世界で活動し、その時に映画監督のガス・ヴァン・サントらとも知り合っている。短編映画を製作したり、バンド活動などを得て、1980年から人気バラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』へ出演。その後、1981年にかけての1年間、同番組に出演した。その後、1984年あたりからテレビドラマシリーズなどへ出演し、役者としてのキャリアをスタート。1985年にはティム・ロビンスら出演の青春コメディ『バージン・バケーション』で映画デビューも果たした。それ以降はコンスタントにキャリアを重ね、俳優としての地位を確立。1990年にはケヴィン・コスナーが監督・主演した『ダンス・ウィズ・ウルブズ』へ出演したり、1994年の、ジム・キャリー、ジェフ・ダニエルズ共演のコメディ映画『ジム・キャリーはMr.ダマー』の悪役として出演して印象を残した。1995年にはアンディ・ガルシア主演で石橋貴明も出演した『悪魔たち、天使たち』に出演している。チャールズ・ロケット フレッシュアイペディアより)

  • 未来は今

    未来は今から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    コーエン兄弟が製作した五作目の映画である。映画の脚本は、コーエン兄弟と彼らの師匠筋にあたるサム・ライミが1984年頃から共同で執筆を開始していたものである。脚本は1991年に完成し、かねてよりコーエン兄弟の実力を高く評価していた映画プロデューサーのジョエル・シルバーが全面的にバックアップすることで映画製作が開始された。ライミは脚本のみならず、映画の第二班監督担当やカメオ出演と言う形で作品に貢献した。メインキャストにティム・ロビンスやポール・ニューマンといった一流のハリウッドスターを迎え、2500万ドルとも4000万ドルとも言われる巨額の制作費を掛けた、当時のコーエン兄弟にとって最大の大作映画となった。未来は今 フレッシュアイペディアより)

  • クレイドル・ウィル・ロック

    クレイドル・ウィル・ロックから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    『クレイドル・ウィル・ロック』(原題:Cradle Will Rock)は、1999年に公開されたアメリカ映画。監督・脚本をティム・ロビンスが担当した。クレイドル・ウィル・ロック フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ハウスマン

    ジョン・ハウスマンから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    その後もいくつかのプロジェクトを得て、1937年にハウスマンらは劇作家のマーク・ブリッツスタインが脚本・作曲、オーソン・ウェルズが演出で労働者たちの反乱を描いたミュージカル『ゆりかごは揺れる (別題:クレイドル・ウィル・ロック)』の製作に着手。しかし労働組合側に立ったストーリー内容にFTP側が検閲を実施して「予算削減」を理由に製作中止を申し入れられてしまう。だがハウスマンらは、それでも公演を諦めずにとっさの処置を敢行。当時公演が行われる予定だった劇場の前に立ち、チケットを持ってやってきた観客たちを別の劇場へ誘導してブリッツスタイン一人がステージ上に立ち、ピアノを弾きながら楽曲を唄うという強硬手段に出る。すると観客席にいた役者(もともとその舞台に出演するはずだったが舞台に立つことを禁止された役者たち)が一人、また一人と観客席で歌い出し、ステージ上のブリッツスタインと観客席の役者たちで演劇が実行された。その上演を鑑賞していた観客たちからは大喝さいが起こり、演目は大成功を収める。その事は演劇界の“伝説”となっており、ティム・ロビンスが監督で『クレイドル・ウィル・ロック』という映画も製作されている。ジョン・ハウスマン フレッシュアイペディアより)

  • マンスフィールド (オハイオ州)

    マンスフィールド (オハイオ州)から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    旧オハイオ州立矯正院はまだ現役であった1970年代から、ハリウッド映画をはじめとする数々の映画の撮影に使われてきた。旧オハイオ州立矯正院で撮影された主な作品には、「ニューヨーク一獲千金」(1976年、マーク・ライデル監督、ジェームズ・カーン主演)、「デッドフォール」(1989年、アンドレイ・コンチャロフスキー監督、シルヴェスター・スタローン主演)、「ショーシャンクの空に」(1994年、フランク・ダラボン監督、ティム・ロビンス主演)、「エアフォース・ワン」(1997年、ウォルフガング・ペーターゼン監督、ハリソン・フォード主演)などが挙げられる。加えて、2000年代以降には、ゴッドスマックの Awake (2000年)、リル・ウェインの Go D.J. (2004年)や、アンタイ・フラッグの This is the New Sound (2012年)など、ミュージック・ビデオの撮影にも使われている。マンスフィールド (オハイオ州) フレッシュアイペディアより)

  • バットマン フォーエヴァー

    バットマン フォーエヴァーから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ハロウィンでウェイン邸にお菓子をもらいに来る子どもの内の一人は、ティム・ロビンスとスーザン・サランドンの息子。バットマン フォーエヴァー フレッシュアイペディアより)

  • ローレン・トム

    ローレン・トムから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ほどなくして脇役ではあるが映画作品にも出演し始め、オリバー・ストーン監督の『ウォール街』やロビン・ウィリアムズとティム・ロビンスの共演作『キャデラック・マン』などの話題作に出演。特に『キャデラック・マン』の役柄そのままに、ジョニー・カーソンが司会を務める「トゥナイト・ショー」にゲスト出演を果たした。そのことが後の女優としてのキャリアを手助けするものとなり、オリバー・ストーン製作の中国系アメリカ人女性に関するヒューマンドラマ『ジョイ・ラック・クラブ』においてはメインキャストに配役されている。ローレン・トム フレッシュアイペディアより)

  • パメラ・リード

    パメラ・リードから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    1980年に映画デビューし、女優としての地位を着実に築いていく。1988年に出演したHBO製作のテレビドラマシリーズ『Tanner '88』ではCableAce Awardで最優秀主演女優賞を受賞した。その後も多くの映画やテレビドラマに登場しており、コメディエンヌとしての才能を発揮。代表作にアーノルド・シュワルツェネッガー主演の『キンダガートン・コップ』やロビン・ウィリアムズ、ティム・ロビンス出演の『キャデラック・マン』などがある。パメラ・リード フレッシュアイペディアより)

  • 第50回ゴールデングローブ賞

    第50回ゴールデングローブ賞から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ティム・ロビンス - 『ザ・プレイヤー』第50回ゴールデングローブ賞 フレッシュアイペディアより)

88件中 31 - 40件表示

「ティム・ロビンス」のニューストピックワード