70件中 41 - 50件表示
  • ミスティック・リバー

    ミスティック・リバーから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    『許されざる者』『マディソン郡の橋』『スペース・カウボーイ』など、数々の名作を世に送り出してきたクリント・イーストウッド監督による重厚なサスペンス・ドラマである。1つの殺人事件を通して四半世紀振りに再会した、幼馴染の3人の男性の運命を描く。それぞれに交錯する嘘や疑いが、事件を思わぬ方向へと発展させてしまう描写が高く評価され、第76回アカデミー賞で作品賞を始めとした6部門にノミネートされ、ショーン・ペンが主演男優賞を、ティム・ロビンスが助演男優賞をそれぞれ獲得した。ミスティック・リバー フレッシュアイペディアより)

  • 山口健

    山口健から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀(フィル(ティム・ロビンス))※TBS版山口健 フレッシュアイペディアより)

  • バットマン フォーエヴァー

    バットマン フォーエヴァーから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ハロウィンでウェイン邸にお菓子をもらいに来る子どもの内の一人は、ティム・ロビンスとスーザン・サランドンの息子。バットマン フォーエヴァー フレッシュアイペディアより)

  • グリーン・ランタン (映画)

    グリーン・ランタン (映画)から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    2008年12月までに脚本たちは3つの草稿を書き上げ、ワーナー・ブラザーズはプリプロダクションの準備を始めていた。しかしながら、グレッグ・バーランティはスケジュールの都合のために監督を降板し、ドナルド・デ・ラインと共に製作を勤めることとなった。2009年2月、代わりにマーティン・キャンベルが監督することが明らかとなった。デ・ラインはインタビューで2009年春に撮影開始したいと述べた。2009年4月、ワーナー・ブラザーズは1億5000万ドルの製作費をかけ、シドニーのフォックス・スタジオでに撮影すると決めた。しかしながら同年10月、オーストラリアでの撮影は行われず、代わりにルイジアナ州に撮影班が移ったことが報じられた。2009年7月、ライアン・レイノルズがハル・ジョーダン(グリーン・ランターン)役に決まったことが発表された。2010年1月、特殊効果スーパーバイザーのカレン・グーレカスが自身のブログで3月に撮影が始まることを明らかにした。また、ハル・ジョーダンの恋人のキャロル・フェリスがブレイク・ライヴリーに決まったことが報じられた。同月、ピーター・サースガードがヘクター・ハモンドとなり、さらにシネストロ役のためにマーク・ストロングと交渉中であることが報じられた。2月9日、ティム・ロビンス、上院議員のハモンド、ヘクター・ハモンドの父親のロバート・ハモンド役でキャストに加わった。3月14日、更にテムエラ・モリソンとタイカ・ワイティティの参加が発表された。グリーン・ランタン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • クレイドル・ウィル・ロック

    クレイドル・ウィル・ロックから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    『クレイドル・ウィル・ロック』(原題:Cradle Will Rock)は、1999年に公開されたアメリカ映画。監督・脚本をティム・ロビンスが担当した。クレイドル・ウィル・ロック フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ブラック

    ジャック・ブラックから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    カリフォルニア州サンタモニカにて生まれる。父はイギリス系、母(旧姓コーエン)はユダヤ系。父は結婚後にユダヤ教へ改宗。ジャック自身もヘブライ語学校に通った。10歳の時に両親は離婚。13歳の時にコマーシャルに出演している。カリフォルニア大学ロサンゼルス校在学中にティム・ロビンスの劇団「アクターズ・ギャング」に参加。後に大学を中退。ジャック・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀

    ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    マーベル・コミックの同名漫画を映画化したものだが、原作とはかなりテイストが異なる。世間的にかなり不評であり、IMDbのワースト100作品に含まれている。最低の映画を選ぶゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)でも最低作品賞・最低脚本賞・最低視覚効果賞・最低新人俳優賞(アヒルの着ぐるみを着て奮闘した6人の諸君)の4部門を受賞している(最低作品賞は『プリンス/アンダー・ザ・チェリー・ムーン』と同時受賞)。出演者でも、ティム・ロビンスなどは試写の最中に「嫌な汗が出てきた」という程だった。ハワード・ザ・ダック/暗黒魔王の陰謀 フレッシュアイペディアより)

  • ゴア・ヴィダル

    ゴア・ヴィダルから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ヴィダルは1992年の映画『ボブ★ロバーツ』の中でティム・ロビンスと共演している。他にも『ガタカ』 (1997) 『きっと忘れない』 (1994) でも重要な役回りを演じている。上院議員役でチャーリー・シーンと共演した『ザ・ターゲット(Shadow Conspiracy)』 (1997) や『17歳の処方箋』 (2002) にも出演している。また、1995年に出演したドキュメンタリー映画 『セルロイド・クローゼット』 では、映画界における同性愛嫌悪の実態について語った。ゴア・ヴィダル フレッシュアイペディアより)

  • ショーシャンクの空に

    ショーシャンクの空にから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    原作でアンディは小柄な男性として描かれているが、アンディ役のティム・ロビンスは190cmを超える長身である。そのため作中でもレッドのセリフの中に「あの背の高い男だ」と長身であることが逆に強調されている箇所がある。ショーシャンクの空に フレッシュアイペディアより)

  • 野島 昭生

    野島昭生から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    オースティン・パワーズ:デラックス(米国大統領〈ティム・ロビンス〉)野島昭生 フレッシュアイペディアより)

70件中 41 - 50件表示

「ティム・ロビンス」のニューストピックワード