88件中 61 - 70件表示
  • スーザン・サランドン

    スーザン・サランドンから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    大学在学中の1967年に、同級生であったクリス・サランドンと結婚したが1979年に離婚。しかし名前はそのまま残した。1970年代は映画監督のルイ・マルと2年間交際。その後、イタリア人監督のフランコ・アムリと交際し、後に女優となるエヴァ・アムリを儲ける。1988年より俳優のティム・ロビンスと同居し、1989年に男の子、1992年に男の子を儲けている。因みに、サランドンがアカデミー主演女優賞を受賞した『デッドマン・ウォーキング』はロビンスの監督作品である。スーザン・サランドン フレッシュアイペディアより)

  • 竹若拓磨

    竹若拓磨から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    トップガン(マーリン〈ティム・ロビンス〉)※ソフト版竹若拓磨 フレッシュアイペディアより)

  • モーガン・フリーマン

    モーガン・フリーマンから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    1980年代前半からフリーマンは、知的で温かみのあるキャラクターで助演男優として頭角を現す。有名になった彼はブルース・ベレスフォード監督の『ドライビング Miss デイジー』(1989年)やエドワード・ズウィック監督の『グローリー』(1989年)など次第に主役級の役柄を演じるようになった。1994年、フランク・ダラボン監督の『ショーシャンクの空に』ではティム・ロビンスと共に主役レッドを演じ最高の評価を得た。彼の魅力が一気に開花したこの作品を機にケヴィン・レイノルズ監督『ロビン・フッド』、デヴィッド・フィンチャー監督『セブン』、ミミ・レダー監督『ディープ・インパクト』など多くの映画で成功を収めた。モーガン・フリーマン フレッシュアイペディアより)

  • ロープ 戦場の生命線

    ロープ 戦場の生命線から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ティム・ロビンス - B(ベテラン国際援助活動家)ロープ 戦場の生命線 フレッシュアイペディアより)

  • 恋人はセックス依存症

    恋人はセックス依存症から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    マイク - ティム・ロビンス: 依存症を克服した男性。アダムらの世話役。恋人はセックス依存症 フレッシュアイペディアより)

  • ジャック・ブラック

    ジャック・ブラックから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    カリフォルニア州サンタモニカにて生まれる。父はイギリス系、母(旧姓コーエン)はユダヤ系。父は結婚後にユダヤ教へ改宗。ジャック自身もヘブライ語学校に通った。10歳の時に両親は離婚。13歳の時にコマーシャルに出演している。カリフォルニア大学ロサンゼルス校在学中にティム・ロビンスの劇団「アクターズ・ギャング」に参加。後に大学を中退。ジャック・ブラック フレッシュアイペディアより)

  • グリーン・ランタン (映画)

    グリーン・ランタン (映画)から見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    2008年12月までに脚本たちは3つの草稿を書き上げ、ワーナー・ブラザースはプリプロダクションの準備を始めていた。しかしグレッグ・バーランティはスケジュールの都合のために監督を降板し、ドナルド・デ・ラインと共に製作を勤めることとなった。2009年2月、代わりにマーティン・キャンベルが監督することが明らかとなった。デ・ラインはインタビューで2009年春に撮影開始したいと述べた。2009年4月、ワーナー・ブラザースは1億5000万ドルの製作費をかけ、シドニーのフォックス・スタジオでに撮影すると決めた。しかし同年10月、オーストラリアでの撮影は行われず、代わりにルイジアナ州に撮影班が移ったことが報じられた。2009年7月、ライアン・レイノルズがハル・ジョーダン(グリーン・ランターン)役に決まったことが発表された。2010年1月、特殊効果スーパーバイザーのカレン・グーレカスが自身のブログで3月に撮影が始まることを明らかにした。また、ハル・ジョーダンの恋人のキャロル・フェリスがブレイク・ライヴリーに決まったことが報じられた。同月、ピーター・サースガードがヘクター・ハモンドとなり、さらにシネストロ役のためにマーク・ストロングと交渉中であることが報じられた。2月9日、ティム・ロビンス、上院議員のハモンド、ヘクター・ハモンドの父親のロバート・ハモンド役でキャストに加わった。3月14日、更にテムエラ・モリソンとタイカ・ワイティティの参加が発表された。グリーン・ランタン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • クリント・イーストウッド

    クリント・イーストウッドから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    自分の監督作品で、2年連続でアカデミー賞・助演男優賞受賞者を輩出した。『ミスティック・リバー』のティム・ロビンス(第76回・2003年)と、『ミリオンダラー・ベイビー』のモーガン・フリーマン(第77回・2004年)である。クリント・イーストウッド フレッシュアイペディアより)

  • ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン

    ヌスラト・ファテー・アリー・ハーンから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    ヌスラト・ファテー・アリー・ハーンは西洋の多数の聴衆の前で公演した南アジアで最初の歌手のひとりでもある。 ピーター・ガブリエルとの交友とともに、マーティン・スコセッシ監督の映画『最後の誘惑』のサウンドトラック『パッション』(1988年)を含むいくつかのアルバムやサウンドトラックに参加し、これらは西洋や日本での知名度を上げるのに役立った。2枚のリミックス・アルバム (『ナイト・ソング』1994年, 『スター・ライズ』1997年)がカナダのギタリストマイケル・ブルックによってプロデュースされており、1995年にはティム・ロビンス監督の映画『デッド・マン・ウォーキング』のサウンドトラックにおいてパール・ジャムのエディ・ヴェダーと共演している。 ピーター・ガブリエルのリアル・ワールド・レーベルからは5枚の伝統的な演奏のアルバムがリリースされている。ヌスラト・ファテー・アリー・ハーン フレッシュアイペディアより)

  • てらそままさき

    てらそままさきから見たティム・ロビンスティム・ロビンス

    宇宙戦争(ハーラン・オグルビー〈ティム・ロビンス〉)てらそままさき フレッシュアイペディアより)

88件中 61 - 70件表示