前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
651件中 1 - 10件表示
  • 2010年の野球

    2010年の野球から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    9日 - 【MLB】エンゼルスからFAになっていたブラディミール・ゲレーロ外野手がレンジャーズへ移籍。2010年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • アレックス・ロドリゲス

    アレックス・ロドリゲスから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    2000年、FA権を取得。紆余曲折の末、テキサス・レンジャーズが10年総額2億5,200万ドルという空前の条件でロドリゲスを獲得する。これは当時のスポーツ界で最高の年俸でもあった。既にロドリゲスはメジャーでも屈指のプレイヤーに数えられ、かつ最高の将来性を持つ存在であったが、この超長期契約とあまりの高額ぶりは、野球界を超えて大きな話題を呼んだ(代理人は辣腕で知られるスコット・ボラス)。古巣マリナーズの本拠地セーフコ・フィールドでの試合では、大ブーイングとともに札束の玩具をばらまかれるといった手荒い歓迎がしばらく続いた。アレックス・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • ロン・ワシントン

    ロン・ワシントンから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ロン・ワシントン(Ronald Washington , 1952年4月29日 - )はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身の元野球選手で、現在はテキサス・レンジャーズの監督。ロン・ワシントン フレッシュアイペディアより)

  • 2009年の野球

    2009年の野球から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    2月10日 - 前ドジャース・アンドリュー・ジョーンズがレンジャーズとマイナー契約。2009年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の野球

    2007年の野球から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    6月20日(現地時間) - レンジャーズのサミー・ソーサ外野手が史上5人目となる通算600本塁打(今季12号)を放った。なおこの600号ホームランボールは同チームの大塚晶則投手が捕球した。2007年の野球 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年のスポーツ

    2012年のスポーツから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    【MLB】レンジャーズのダルビッシュ有が月間最優秀新人に選出された。日本人としては5人目。2012年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    1月5日、シアトル・マリナーズと年俸150万ドル+先発数20以上と投球回数140以上、タイトル受賞によって変動していく出来高340万ドルの1年契約を結んだ。スプリングトレーニングでは5試合の登板で防御率3.60、WHIP1.53の成績を残すも、トレーナーから「右肩周辺の筋肉が(他のメジャー選手に比べて)弱く、先発での中4日では難しい」と判断され、先発ローテーション入りすることなく開幕を迎える。しかし開幕から出番がなく、4月17日にはメジャー開幕ロースターに登録された全投手で登板のない唯一の選手となり、20日のシカゴ・ホワイトソックス戦の6回に3番手として登板しメジャーデビュー。その後はロングリリーフとして起用され、5月30日のテキサス・レンジャーズ戦では7回から3回を投げ5安打3失点、2四死球の投球でプロ入り後初となるメジャー初セーブを挙げる。6月16日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では同点の6回から2回無安打無失点の投球でメジャー初勝利を挙げる。6月からは「球速が80mph後半から90mph前半へアップし、肩の痛みもなくなった」として、7月2日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャー初先発。この試合ではイチローと川?宗則も先発出場し、同一チームで日本人選手3人が先発出場するのは史上初となった。後半戦から先発ローテーション入りし、7月30日のトロント・ブルージェイズ戦では、8回を4安打、1失点、13奪三振、3四球の投球で先発初勝利を挙げ、13奪三振はプロ入り後の自己最多かつルーキーとしての球団最多記録となった。8月17日のミネソタ・ツインズ戦では7回1失点の好投で4勝目を挙げる。この試合では4回まで走者を出さず、フェリックス・ヘルナンデスが前日に達成した完全試合から合わせて、メジャーリーグ史上以降最長となる42者連続アウトのチーム記録を達成した。9月14日のテキサス・レンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、5回1/3を2本塁打を含む7安打2失点の投球で5敗目を喫する。最終的には先発としては16試合に登板し8勝4敗、防御率2.65、WHIP1.23。防御率はフェリックス・ヘルナンデスが2005年に記録した2.67を抜いて球団新人記録となった。また後半戦の防御率は2.50で、デビッド・プライスに次ぐリーグ2位(投球回数80以上)だった。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

  • イバン・ロドリゲス

    イバン・ロドリゲスから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    、16歳のときにドラフト外でテキサス・レンジャーズと契約。当時はスペイン語しか話せなかったが、英語を上達させ、それと共に成績を残せるようになった。6月20日のホワイトソックス戦で19歳でメジャーデビュー。ケビン・ブラウンとバッテリーを組み、盗塁を試みた走者2人とも刺すなどデビュー戦から強肩ぶりを発揮。MLB史上最も若い捕手として一躍注目を浴びた。相手のホワイトソックスの捕手は、元祖「パッジ」のカールトン・フィスクであった。また、この日はロドリゲスの結婚式が予定されていたが、突然メジャー昇格の知らせを聞き、婚約者を連れて球場入り。ロドリゲスはそのままスタメンに名前を連ねるというハプニングもあった。イバン・ロドリゲス フレッシュアイペディアより)

  • スコット・エアー

    スコット・エアーから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    スコット・エアー(Scott Alan Eyre , 1972年5月30日 - )は、メジャーリーグベースボールで活躍したの左投左打の投手。アメリカ合衆国カリフォルニア州イングルウッド出身。テキサス・レンジャーズのマイナーに弟のウィリー・エアーが所属している。ウィリーのポジションは兄スコットと同じく、投手である。スコット・エアー フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ボーボン

    フリオ・ボーボンから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    フリオ・ボーボン(Julio Alberto Borbón, 1986年2月20日 - )は、メジャーリーグベースボール・アメリカンリーグ西地区のテキサス・レンジャーズ所属、左投左打の外野手。アメリカ合衆国のミシシッピ州出身。フリオ・ボーボン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
651件中 1 - 10件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード