651件中 11 - 20件表示
  • エリック・ハーリー

    エリック・ハーリーから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    エリック・ウィリアム・ハーリー(Eric William Hurley, 1985年9月17日 - )は、アメリカ合衆国、ミズーリ州出身のプロ野球選手(投手)。MLB・テキサス・レンジャーズ所属。右投右打。エリック・ハーリー フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ラッキー

    ジョン・ラッキーから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    はリーグ2位タイの19勝、防御率3.01で最優秀防御率のタイトルを獲得し、リーグ最多タイの2完封を記録した。 4月2日のレンジャーズ戦で4年ぶり2回目の開幕投手となり、5回を無失点に抑え、勝ち投手となった。5月11日から6月1日にかけて5戦5勝を記録し、6月13日にリーグ最速で10勝に到達。初のオールスターに選出された。サイ・ヤング賞の投票ではC.C.サバシア(119ポイント)、ジョシュ・ベケット(86ポイント)に次ぐ36ポイントを集めたが、大差での3位だったため評価が不当に低いのではという声もあった。ジョン・ラッキー フレッシュアイペディアより)

  • エディ・グアダード

    エディ・グアダードから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    2008年1月11日レンジャーズと契約し、C.J.ウィルソンらとクローザーの座を争ったエディ・グアダード フレッシュアイペディアより)

  • ロイス・クレイトン

    ロイス・クレイトンから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    1996年にセントルイス・カージナルスへ移籍し、1997年にはオールスターゲームに出場。その後、テキサス・レンジャーズ、シカゴ・ホワイトソックスなど移籍を繰り返した。ロイス・クレイトン フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・ヘルナンデス

    ルイス・ヘルナンデスから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ルイス・アーマンド・ヘルナンデス(Luis Armando Hernández, 1984年6月26日 - )は、MLBテキサス・レンジャーズ傘下所属の選手。右投両打の内野手(遊撃手)。ベネズエラ・ボリバル共和国出身。ルイス・ヘルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ペレス

    マーティン・ペレスから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    マーティン・ヒメネス・ペレス(Martin Jimenez Perez, 1991年4月4日 - )は、ベネズエラ・ポルトゥゲサ州グアナレ出身の野球選手(投手)。MLBテキサス・レンジャーズに所属。左投左打。マーティン・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • ルーベン・シエラ

    ルーベン・シエラから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    11月にテキサス・レンジャーズと契約し、翌6月1日に弱冠20歳でメジャーデビュー。ルーベン・シエラ フレッシュアイペディアより)

  • キース・カムストック

    キース・カムストックから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    キース・カムストック(Keith Martin Comstock , 1955年12月23日 - )は元プロ野球選手(投手)。現テキサス・レンジャーズのコーチ。キース・カムストック フレッシュアイペディアより)

  • スコット・エリクソン

    スコット・エリクソンから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    1986年のMLBドラフトでニューヨーク・メッツから36巡目に、1987年のMLBドラフトでヒューストン・アストロズから34巡目に、1988年のMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから44巡目に指名を受けるがいずれも契約せず。1989年のMLBドラフトでミネソタ・ツインズから4巡目に指名を受け入団。翌には早くもメジャーに昇格し、6月25日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー。6回1失点で初勝利を挙げた。同年は19試合に登板し8勝4敗・防御率2.87を記録。は開幕からローテーション入りすると、4月21日から6月24日にかけて12連勝を記録するなど前半戦は12勝3敗・防御率1.83の好成績で、オールスターゲームに初めて選出される。後半戦は防御率5.20と調子を落としたが、シーズン通算で20勝8敗・防御率3.18を記録し、ビル・ガリクソンと並んで最多勝のタイトルを獲得、前年地区最下位だったチームの地区優勝に大きく貢献した。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し勝敗は付かなかったが、チームは4勝1敗で4年ぶりのリーグ優勝を果たす。アトランタ・ブレーブスとのワールドシリーズでも第3戦・第6戦に先発し、いずれも勝敗は付かなかったが、チームは4勝3敗でワールドチャンピオンに輝いた。は13勝12敗・防御率3.40とまずまずの成績だったが、は開幕から不調が続き、8勝19敗・防御率5.19と不振。19敗と266被安打はリーグワーストだった。4月27日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でノーヒットノーランを達成するが、5月3日の同カードでは7失点を喫するなど不調が続き、8勝11敗・防御率5.44に終わる。も4勝6敗・防御率5.95と調子が上向くことはなく、7月7日にトレードでボルティモア・オリオールズに移籍。スコット・エリクソン フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンリーグ東地区

    アメリカンリーグ東地区から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ワシントン・セネタース(現在のテキサス・レンジャーズ) ― 現在はアメリカンリーグ西地区所属アメリカンリーグ東地区 フレッシュアイペディアより)

651件中 11 - 20件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード