1165件中 41 - 50件表示
  • ジョン・トーマス・シーファー

    ジョン・トーマス・シーファーから見たテキサス・レンジャーステキサス・レンジャーズ

    1989年シーファーは当時実業家として働いていたジョージ・W・ブッシュとエドワード・W・ローズと共に野球場開発計画に参加するようになった。この開発計画によってテキサス・レンジャースが誘致され、シーファーは140万ドルもの利益を上げ、テキサス州アーリントンにおける野球場建設事業にも関わるようになった。1994年にブッシュがテキサス州知事選挙の共和党候補に選出されると、シーファーはブッシュを支持しその政治活動を支援するようになった。ジョン・トーマス・シーファー フレッシュアイペディアより)

  • デライノ・デシールズ・ジュニア

    デライノ・デシールズ・ジュニアから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    デライノ・ディアーブ・デシールズ・ジュニア(Delino Diaab DeShields, Jr. , 1992年8月16日 - )は、アメリカ合衆国ジョージア州カレッジパーク出身のプロ野球選手(二塁手)。右投右打。現在は、MLBのテキサス・レンジャーズに所属している。デライノ・デシールズ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • ビクター・クルーズ (野球)

    ビクター・クルーズ (野球)から見たテキサス・レンジャーステキサス・レンジャーズ

    ビクター・マヌエル・クルーズ・ヒル(Víctor Manuel Cruz Gil 1957年12月24日 - 2004年9月26日)は、ドミニカ共和国・ランチョ・ヴィエージョ出身の投手。右投げ右打ち。MLBのトロント・ブルージェイズ、クリーブランド・インディアンス、ピッツバーグ・パイレーツ、テキサス・レンジャースと4チームでプレーした。ビクター・クルーズ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • カンザスシティ・ロイヤルズ

    カンザスシティ・ロイヤルズから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    1975年のシーズン途中でマキーオンに代わりホワイティ・ハーゾグが監督に就任。ハーゾグの下でチームの機動力や守備力は更に昇華し、ロイヤルズにはブレットやホワイトに加え、ウィリー・ウィルソン、エイモス・オーティス、アル・コーウェンズ、ハル・マクレーといった機動力と守備力を兼ね備えた選手達が名を連ねた。1976年には2位アスレチックスを振り切って初の地区優勝。同年にはブレットが打率.333で首位打者に輝いた。リーグチャンピオンシップシリーズではニューヨーク・ヤンキースと対戦したが、2勝2敗で迎えた最終戦でサヨナラ負けを喫してしまった。1977年には102勝60敗という圧倒的な成績で地区2連覇、翌1978年もカリフォルニア・エンゼルス、テキサス・レンジャーズを振り切り、地区3連覇を果たした。しかし、続くリーグチャンピオンシップシリーズではいずれの年もヤンキースに敗れ、三度ヤンキースにリーグ優勝を阻まれることとなった。カンザスシティ・ロイヤルズ フレッシュアイペディアより)

  • ケビン・クーズマノフ

    ケビン・クーズマノフから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    9月8日にトラビス・ハフナーの代役として、インディアンスとメジャー契約を結んだ。9月2日のレンジャーズ戦に7番・指名打者として先発しメジャーデビューすると、二死満塁で迎えた第1打席に初打席初本塁打を放った。「メジャー初打席で満塁本塁打」は史上3人目だった(1人目はビル・ダグリビー(フィリーズ)で、4月21日のジャイアンツ戦で記録。2人目はジェレミー・ハーミダ(マーリンズ)で、8月31日のカージナルス戦で記録している。「初球を打って」となるとクーズマノフが史上初)。その後、シーズン終了まで16試合に出場し、打率.214ながら全12安打の半分近い5本が長打と、パワーを発揮した。ケビン・クーズマノフ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・ルクラーク

    ホセ・ルクラークから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ホセ・ラモン・ルクラーク(José Ramón Leclerc, 1993年12月19日 - )は、ドミニカ共和国・バルベルデ州出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLB・テキサス・レンジャーズ所属。ホセ・ルクラーク フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

    2010年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    2010年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ(2010 American League Championship Series, ALCS)は、2010年10月15日から10月22日まで行われた、MLBアメリカンリーグの第41回リーグチャンピオンシップシリーズである。 テキサス・レンジャーズとニューヨーク・ヤンキースが対戦した。全6試合。2010年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム

    2013年のアメリカンリーグワイルドカードゲームから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    インディアンスは前年のシーズンを68勝94敗で終えたあと、新監督にテリー・フランコーナを招聘し、さらにニック・スウィッシャーやマイケル・ボーンら大物FA選手を獲得する補強も行った。2013年は、6月上旬に8連敗を喫して勝率が5割を切ったこともあったが、その後は持ち直してデトロイト・タイガースと地区優勝を争った。前半戦終了時点では首位タイガースと1.5ゲーム差の2位につけ、ワイルドカード争いでも2位テキサス・レンジャーズ(西地区)と3.0ゲーム差の4位にいた。後半戦はタイガースにこそ突き放されたものの、9月に21勝6敗と大きく勝ち越してワイルドカード争いの上位に加わった。最後は10連勝で締めくくってレンジャーズらを逆転し、最終戦勝利で第1ワイルドカードを確定させた。フランコーナの巧みな選手起用により、打線は個の力に頼らずとも高い得点力を有していた。1試合平均得点は4.60でリーグ4位、防御率は3.82で同7位。2013年のアメリカンリーグワイルドカードゲーム フレッシュアイペディアより)

  • スコット・エリクソン

    スコット・エリクソンから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    1986年のMLBドラフトでニューヨーク・メッツから36巡目に、1987年のMLBドラフトでヒューストン・アストロズから34巡目に、1988年のMLBドラフトでトロント・ブルージェイズから44巡目に指名を受けるがいずれも契約せず。1989年のMLBドラフトでミネソタ・ツインズから4巡目に指名を受け入団。翌には早くもメジャーに昇格し、6月25日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャーデビュー。6回1失点で初勝利を挙げた。同年は19試合に登板し8勝4敗・防御率2.87を記録。は開幕からローテーション入りすると、4月21日から6月24日にかけて12連勝を記録するなど前半戦は12勝3敗・防御率1.83の好成績で、オールスターゲームに初めて選出される。後半戦は防御率5.20と調子を落としたが、シーズン通算で20勝8敗・防御率3.18を記録し、ビル・ガリクソンと並んで最多勝のタイトルを獲得、前年地区最下位だったチームの地区優勝に大きく貢献した。トロント・ブルージェイズとのリーグチャンピオンシップシリーズでは第3戦に先発し勝敗は付かなかったが、チームは4勝1敗で4年ぶりのリーグ優勝を果たす。アトランタ・ブレーブスとのワールドシリーズでも第3戦・第6戦に先発し、いずれも勝敗は付かなかったが、チームは4勝3敗でワールドチャンピオンに輝いた。は13勝12敗・防御率3.40とまずまずの成績だったが、は開幕から不調が続き、8勝19敗・防御率5.19と不振。19敗と266被安打はリーグワーストだった。4月27日のミルウォーキー・ブルワーズ戦でノーヒットノーランを達成するが、5月3日の同カードでは7失点を喫するなど不調が続き、8勝11敗・防御率5.44に終わる。も4勝6敗・防御率5.95と調子が上向くことはなく、7月7日にトレードでボルチモア・オリオールズに移籍。スコット・エリクソン フレッシュアイペディアより)

  • ゼイビア・ポール

    ゼイビア・ポールから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ゼイビア・ブルックス・ポール・ジュニア(Xavier Brooks Paul, Jr. , 1985年2月25日 - )は、アメリカ合衆国・ルイジアナ州スライデル出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。MLB・テキサス・レンジャーズ傘下所属。ゼイビア・ポール フレッシュアイペディアより)

1165件中 41 - 50件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード