651件中 61 - 70件表示
  • R.A.ディッキー

    R.A.ディッキーから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    にMLBドラフトでテキサス・レンジャーズから1巡目(全体18位)で指名を受け、当初81万ドルの契約金を提示されていたが、直後のメディカルチェックで右肘にあるはずの靱帯のうち1つ(内側側副靱帯)を生まれつき持っていないことが判明し、契約金が7.5万ドルに引き下げられた。同年7月にはアトランタオリンピックで野球アメリカ代表メンバーとして銅メダルを獲得。R.A.ディッキー フレッシュアイペディアより)

  • デレク・ホランド

    デレク・ホランドから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    デレク・ホランド(Derek Lane Holland, 1986年10月9日 - )は、アメリカ合衆国オハイオ州ニューアーク出身の野球選手(投手)。MLBテキサス・レンジャーズに所属。左投両打。デレク・ホランド フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・オマリー

    トーマス・オマリーから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    5月8日にサンフランシスコ・ジャイアンツでメジャーデビューを果たし、以後9年間プレーするもののメジャーには定着できず、以後、シカゴ・ホワイトソックス - ボルチモア・オリオールズ - テキサス・レンジャーズ - モントリオール・エクスポズ(現:ワシントン・ナショナルズ) - ニューヨーク・メッツと複数の球団を渡り歩くも、のシーズンを除いてレギュラー選手としての成績は残せなかった。トーマス・オマリー フレッシュアイペディアより)

  • チャック・ノリス・ファクト

    チャック・ノリス・ファクトから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    (元MLB選手ラリー・ウォーカーは決してテキサス・レンジャーズでプレーすることはない。ラリーは間違いなく『炎のテキサス・レンジャー』(原題: ウォーカー テキサス・レンジャーズ)ではない為だ)チャック・ノリス・ファクト フレッシュアイペディアより)

  • 広岡達朗

    広岡達朗から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    一方で1988年には「ジャパンスポーツシステム」という会社を設立し、「日米ベースボールサミット」を開催。これは1988年から1990年まで行われて、アメリカ球界から監督・コーチ・現役の選手が来日し、日本からも広岡・古葉竹識・張本勲・鈴木啓示らが参加してサミットで議論を繰り広げた。また、野茂英雄・古田敦也らアマチュア選手たちも参加して実技指導を受けた。アメリカ側の参加者には、当時テキサス・レンジャーズ監督だったボビー・バレンタインもいた。広岡達朗 フレッシュアイペディアより)

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ

    サンフランシスコ・ジャイアンツから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    1993年にピッツバーグ・パイレーツからFAとなっていたバリー・ボンズを獲得。ゴッドファザーだったメイズを尊敬していた彼は背番号24を譲ってもらう意向だったが、既に永久欠番となっていたため受け入れられず、父ボビーがつけていた背番号25を着ける事となった。ボンズは初のシーズン40本塁打を記録する等期待に違わぬ活躍を見せ、チームも当初は西地区を独走していたが、ブレーブスの追い上げをくらい、ボンズはパイレーツ時代に続いてまたもブレーブスにワールドシリーズ出場を阻止される事となる。ウィル・クラークとのコンビは同年限りで彼がテキサス・レンジャーズに移籍したため1年で解消となったが、1997年にはジェフ・ケント(ただし、犬猿の仲だった)とコンビを組み、コンスタントに成績を残す。そんなボンズの体格が突然巨大化したのは本拠地をAT&Tパーク(旧名称パシフィックベルパーク)に移した2000年シーズン以降で、2001年シーズンはマーク・マグワイアのシーズン本塁打記録を破ったが、ドジャースとのその試合では打ち負け、またもワールドシリーズ進出はならなかった。サンフランシスコ・ジャイアンツ フレッシュアイペディアより)

  • ダルビッシュ 有

    ダルビッシュ有から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ダルビッシュ 有(ダルビッシュ ゆう、, 1986年8月16日 - )は、テキサス・レンジャーズに所属するプロ野球選手(投手)。大阪府羽曳野市出身。ダルビッシュ有 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    10月18日にFA権を行使する事を明らかにした。MLB球団は以前から黒田に目を付けており、特にテキサス・レンジャーズのゼネラル・マネージャーのジョン・ダニエルズが興味を示した発言をしていた。ジョー・アーボンと代理人契約を結び、12月1日に球団本部長の鈴木清明へ退団を申し入れ、メジャーリーグのチームへ移籍する事を明らかにした。その一方で記者会見では「評価されるのもカープのおかげで、また日本に帰ってプレーするならこのチームしかない」とも語った。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • ブラディミール・ゲレーロ

    ブラディミール・ゲレーロから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    16歳の時にロサンゼルス・ドジャースのドミニカアカデミーのテストを8週間受けたが不合格で、その後テキサス・レンジャーズのテストも不合格だった。しかし、モントリオール・エクスポズはゲレーロの強肩やスピードに魅力を感じ、3月1日、ドラフト外で入団。ブラディミール・ゲレーロ フレッシュアイペディアより)

  • 大塚晶則

    大塚晶則から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    1月4日にクリス・ヤングとエイドリアン・ゴンザレス、ターメル・スレッジとのトレードによりアダム・イートンらと共にテキサス・レンジャーズへ移籍。3月にはワールド・ベースボール・クラシック日本代表に参加。クローザーとして5試合に登板し、日本代表の優勝に貢献した。特に決勝戦では8回裏1死で1点差に迫られた直後という厳しい場面からの登板となったが、わずか4球で2アウトを取り、1点差に追い詰められていた日本代表を救った。味方が4点を追加した後の9回を1失点で切り抜け、WBC初の胴上げ投手となった。大塚晶則 フレッシュアイペディアより)

651件中 61 - 70件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード