1165件中 81 - 90件表示
  • マット・ムーア (野球)

    マット・ムーア (野球)から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    マシュー・コディ・ムーア(Matthew Cody Moore, 1989年6月18日 - )は、アメリカ合衆国オカルーサ郡出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLB・テキサス・レンジャーズ所属。愛称はマティー・ムーア。マット・ムーア (野球) フレッシュアイペディアより)

  • マイク・マイナー (野球)

    マイク・マイナー (野球)から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    マイケル・デビッド・マイナー(Michael David "Mike" Minor, 1987年12月26日 - )は、アメリカ合衆国テネシー州マーシャル郡出身のプロ野球選手(投手)。左投右打。MLB・テキサス・レンジャーズ所属。マイク・マイナー (野球) フレッシュアイペディアより)

  • スコット・ボラス

    スコット・ボラスから見たテキサス・レンジャーステキサス・レンジャーズ

    ボラスはよくクライアントが望む以上の額の契約を結ぶという事でチームの出費高騰を懸念するファンの間で非難を呼んでいる。特にシアトルのファンの間では金でアレックス・ロドリゲスをテキサスへ持ち去った男として評判が悪い。また高額契約のみに執着しているため、勝てるチーム・家族のそばに住むといった金額に表れない要素はおろそかにされる事が多い。ニューヨーク・デイリーのコラムニスト、ビル・マッデンはボラス批判の急先鋒で、デビルレイズで2003年には145試合に出ていたトラビス・リーが2004年には高額提示をして移籍したヤンキースで試合にすら出られない状態になっていると指摘する。スコット・ボラス フレッシュアイペディアより)

  • ウィリー・カルフーン

    ウィリー・カルフーンから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ウィリー・ショーン・ラモント・カルフーン(Willie Shawn Lamont Calhoun, 1994年11月4日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州ソラノ郡ヴァレーホ出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。MLB・テキサス・レンジャーズ所属。ウィリー・カルフーン フレッシュアイペディアより)

  • アンソニー・ゴース

    アンソニー・ゴースから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    アンソニー・ロバート・ゴース(Anthony Robert Gose, 1990年8月10日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡ベルフラワー出身のプロ野球選手(投手、元外野手)。左投左打。MLB・テキサス・レンジャーズ傘下所属。アンソニー・ゴース フレッシュアイペディアより)

  • ブレット・ニコラス

    ブレット・ニコラスから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ブレット・ジェームズ・ニコラス(Brett James Nicholas, 1988年7月18日 - )は、アメリカ合衆国アリゾナ州フェニックス出身のプロ野球選手(捕手)。右投左打。MLB・テキサス・レンジャーズ傘下所属。ブレット・ニコラス フレッシュアイペディアより)

  • エルビス・アンドラス

    エルビス・アンドラスから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    エルビス・アウグスト・アンドラス・トーレス(Elvis Augusto Andrus Torres, 1988年8月26日 - )は、ベネズエラ・ボリバル共和国アラグア州マラカイ出身のプロ野球選手(遊撃手)。右投右打。MLBのテキサス・レンジャーズ所属。代理人はスコット・ボラス。愛称はコマンドー。エルビス・アンドラス フレッシュアイペディアより)

  • ジェフ・フランコーア

    ジェフ・フランコーアから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    8月31日にホアキン・アリアスとのトレードで、金銭とともにテキサス・レンジャーズに移籍した。移籍後は15試合の出場で、打率.340、2本塁打、11打点の活躍でチームの地区優勝に貢献。チームはワールドシリーズまで進出する健闘ぶりを見せたが、最後はサンフランシスコ・ジャイアンツに敗れた。一方のフランコーアはこの年のプレーオフで通算24打数3安打、打率.125と振るわなかった。オフにFAとなった。ジェフ・フランコーア フレッシュアイペディアより)

  • マーティン・ペレス

    マーティン・ペレスから見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    マーティン・ペレス・ヒメネス(Martín Pérez Jiménez, 1991年4月4日 - )は、ベネズエラのポルトゥゲサ州グアナレ出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのテキサス・レンジャーズに所属。マーティン・ペレス フレッシュアイペディアより)

  • 岩隈久志

    岩隈久志から見たテキサス・レンジャーズテキサス・レンジャーズ

    ''1月5日、シアトル・マリナーズと年俸150万ドル+先発数20以上と投球回数140以上、タイトル受賞によって変動していく出来高340万ドルの1年契約を結んだ。スプリングトレーニングでは5試合の登板で防御率3.60、WHIP1.53の成績を残すも、先発ローテーション入りすることなく開幕を迎える。しかし開幕から出番がなく、4月17日にはメジャー開幕ロースターに登録された全投手で登板のない唯一の選手となり、20日のシカゴ・ホワイトソックス戦の6回に3番手としてメジャーリーグ初登板。その後はロングリリーフとして起用され、5月30日のテキサス・レンジャーズ戦では7回から3回を投げ5安打3失点、2四死球の投球でプロ入り後初となるメジャー初セーブを挙げる。6月16日のサンフランシスコ・ジャイアンツ戦では同点の6回から2回無安打無失点の投球でメジャーリーグ初勝利を挙げる。7月2日のボルチモア・オリオールズ戦でメジャーリーグ初先発。この試合ではイチローと川?宗則も先発出場し、同一チームで日本人選手3人が先発出場するのはメジャーリーグ史上初となった。後半戦から先発ローテーション入りし、7月30日のトロント・ブルージェイズ戦では、8回を4安打、1失点、13奪三振、3四球の投球で先発初勝利を挙げ、13奪三振はプロ入り後の自己最多かつルーキーとしての球団最多記録となった。8月17日のミネソタ・ツインズ戦では7回1失点の好投で4勝目を挙げる。この試合では4回まで走者を出さず、フェリックス・ヘルナンデスが前日に達成した完全試合から合わせて、メジャーリーグ史上以降最長となる42者連続アウトのチーム記録を達成した。9月14日のレンジャーズ戦ではダルビッシュ有と投げ合い、5回を2本塁打を含む7安打2失点の投球で5敗目を喫する。後半戦はデビッド・プライスに次ぐリーグ2位の防御率2.50を記録。最終的には先発としては16試合に登板し8勝4敗、防御率2.65、WHIP1.23。防御率はフェリックス・ヘルナンデスが2005年に記録した2.67を抜いて球団新人記録となった。9月には代理人をアーン・テレムに変更していたことを明かし、11月4日に2年総額1400万ドル(3年目は年俸700万ドルの球団オプション)でマリナーズと契約を延長した。岩隈久志 フレッシュアイペディアより)

1165件中 81 - 90件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード