2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示
  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たルーキー・オブ・ザ・マンス

    2016年、開幕直後に37歳の高齢でも好調維持のエイドリアン・ベルトレと2年の契約延長したり、ノマー・マザラがデビューして2ヶ月連続で月間最優秀新人を受賞したり、新加入選手も期待どおりに活躍したり、前年トレードで獲得したクローザーのサム・ダイソンが見事に才能を開花させたこともあって、6月21日までにシアトル・マリナーズに9.5ゲームをつけての46勝は、1972年にテキサスに移転して以降は最高の成績となった。トレードでカルロス・ベルトラン、ジョナサン・ルクロイを獲得して、プレーオフを見据えた。チームはア・リーグ最多の95勝を挙げ、2年連続の西部地区優勝を果たす。ディビジョンシリーズでは前年に続きブルージェイズと対戦するも、自身が早々と地区優勝を決めたのに対し、ブルージェイズはシーズン終盤まで地区優勝争い或いはワイルドカード争いを繰り広げ、それらをいくつも潜り抜けてきた勢いの差が出てしまい、初戦から3連敗とスウィープされシリーズ敗退に終わった。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たダブルヘッダー

    2007年にはロン・ワシントンが監督に就任。同年にはエリック・ガニエやサミー・ソーサを獲得する。8月22日にはボルチモア・オリオールズとのダブルヘッダー第1戦において、30対3のスコアで勝利した。1試合30得点はMLBでは1897年6月29日、シカゴ・コルツがルイビル・カーネルズにMLB記録の36対7で勝利して以来110年ぶりだった。しかしシーズンでは投打共に主力選手の不調が響き、75勝87敗と大きく負け越してしまい最下位に沈んだ。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たミネアポリス

    1960年シーズン限りで、1901年のアメリカンリーグ発足から60年間に渡ってワシントンD.C.に本拠地を置いていたワシントン・セネタースがミネソタ州ミネアポリスに移転(現・ミネソタ・ツインズ)。翌1961年の球団拡張に伴い、新たなワシントン・セネタースとして創設された。初年度は以前のセネタースに引き続きグリフィス・スタジアムを使用し、翌年からはロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアムを本拠地球場とした。しかし発足初年度から4年連続でシーズン100敗を記録、1968年まで8年連続負け越しと苦しいシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアム

    1960年シーズン限りで、1901年のアメリカンリーグ発足から60年間に渡ってワシントンD.C.に本拠地を置いていたワシントン・セネタースがミネソタ州ミネアポリスに移転(現・ミネソタ・ツインズ)。翌1961年の球団拡張に伴い、新たなワシントン・セネタースとして創設された。初年度は以前のセネタースに引き続きグリフィス・スタジアムを使用し、翌年からはロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアムを本拠地球場とした。しかし発足初年度から4年連続でシーズン100敗を記録、1968年まで8年連続負け越しと苦しいシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た300勝クラブ

    1985年のシーズン途中からは後に日本プロ野球でも監督を務めるボビー・バレンタインが監督に就任。1992年のシーズン途中まで球団史上最長となる1186試合にわたって指揮を執った。この間1989年4月からジョージ・W・ブッシュが共同オーナーを務め、同年にはノーラン・ライアンが移籍している。ライアンは既に40歳を超えていたが、300勝、5000奪三振、ノーヒットノーランを2回成し遂げた。1994年には新球場ザ・ボールパーク・イン・アーリントン(現:グローブライフ・パーク・イン・アーリントン)が完成し、移転した。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たグローブライフ・パーク・イン・アーリントン

    テキサス・レンジャーズ(、略称:TEX)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はテキサス州アーリントンにあるグローブライフ・パーク・イン・アーリントンテキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たルイビル・カーネルズ

    2007年にはロン・ワシントンが監督に就任。同年にはエリック・ガニエやサミー・ソーサを獲得する。8月22日にはボルチモア・オリオールズとのダブルヘッダー第1戦において、30対3のスコアで勝利した。1試合30得点はMLBでは1897年6月29日、シカゴ・コルツがルイビル・カーネルズにMLB記録の36対7で勝利して以来110年ぶりだった。しかしシーズンでは投打共に主力選手の不調が響き、75勝87敗と大きく負け越してしまい最下位に沈んだ。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た2011年のワールドシリーズ

    翌2011年、主力選手のFA流出や前半戦に故障者が相次ぐといった事態にもかかわらず、開幕から地区首位を走り続け、そのまま2年連続の地区優勝を飾る。ディビジョンシリーズではレイズを3勝1敗、リーグチャンピオンシップシリーズではデトロイト・タイガースを4勝2敗で破り、2年連続のワールドシリーズ進出を決めた。しかしワールドシリーズでは3勝2敗で迎えた第6戦、シリーズ制覇(世界一)まであとストライク1球という場面を2度も作りながら、9回に抑えのフェリスがデビッド・フリースに、10回にフェルドマンがランス・バークマンにタイムリーを打たれ追いつかれると、最後は9回に同点タイムリーヒットを放ったフリースにサヨナラホームランを打たれ逆転負けを喫するなど、惜しくもセントルイス・カージナルスに3勝4敗で敗れ、またも制覇を逃した。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たグリフィス・スタジアム

    1960年シーズン限りで、1901年のアメリカンリーグ発足から60年間に渡ってワシントンD.C.に本拠地を置いていたワシントン・セネタースがミネソタ州ミネアポリスに移転(現・ミネソタ・ツインズ)。翌1961年の球団拡張に伴い、新たなワシントン・セネタースとして創設された。初年度は以前のセネタースに引き続きグリフィス・スタジアムを使用し、翌年からはロバート・F・ケネディ・メモリアル・スタジアムを本拠地球場とした。しかし発足初年度から4年連続でシーズン100敗を記録、1968年まで8年連続負け越しと苦しいシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たメジャーリーグベースボール

    テキサス・レンジャーズ(、略称:TEX)は、メジャーリーグベースボール(以下、MLB)アメリカンリーグ西地区所属のプロ野球チーム。本拠地はテキサス州アーリントンにあるグローブライフ・パーク・イン・アーリントン。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード