71件中 11 - 20件表示
  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たファーガソン・ジェンキンス

    1972年にテキサス州アーリントンへの移転が決定。球団名もテキサス・レンジャーズに改称した。本拠地球場はアーリントン・スタジアムを使用。移転後も低迷は続き、1972年、1973年と2年連続でシーズン100敗を記録した。1973年のシーズン途中からビリー・マーチンが監督に就任、翌1974年は84勝76敗で地区2位となった。この年にはマイク・ハーグローヴが打率.323で新人王、ファーガソン・ジェンキンスが25勝12敗、防御率2.82で最多勝とカムバック賞、ジェフ・バロウズが最優秀選手賞を獲得している。1977年は4人の監督が入れ替わり指揮をしたが、当時チームの最高勝数シーズン94勝(68敗)を挙げた。しかし1980年代に入ると再び負け越しのシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たゲイロード・ペリー

    ゲイロード・ペリー (Gaylord Perry) - 投手テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たサミー・ソーサ

    2007年にはロン・ワシントンが監督に就任。同年にはエリック・ガニエやサミー・ソーサを獲得する。8月22日にはボルチモア・オリオールズとのダブルヘッダー第1戦において、30対3のスコアで勝利した。1試合30得点はMLBでは1897年6月29日、シカゴ・コルツがルイビル・カーネルズにMLB記録の36対7で勝利して以来110年ぶりだった。しかしシーズンでは投打共に主力選手の不調が響き、75勝87敗と大きく負け越してしまい最下位に沈んだ。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たジェフ・バロウズ

    1972年にテキサス州アーリントンへの移転が決定。球団名もテキサス・レンジャーズに改称した。本拠地球場はアーリントン・スタジアムを使用。移転後も低迷は続き、1972年、1973年と2年連続でシーズン100敗を記録した。1973年のシーズン途中からビリー・マーチンが監督に就任、翌1974年は84勝76敗で地区2位となった。この年にはマイク・ハーグローヴが打率.323で新人王、ファーガソン・ジェンキンスが25勝12敗、防御率2.82で最多勝とカムバック賞、ジェフ・バロウズが最優秀選手賞を獲得している。1977年は4人の監督が入れ替わり指揮をしたが、当時チームの最高勝数シーズン94勝(68敗)を挙げた。しかし1980年代に入ると再び負け越しのシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たマイク・ハーグローヴ

    1972年にテキサス州アーリントンへの移転が決定。球団名もテキサス・レンジャーズに改称した。本拠地球場はアーリントン・スタジアムを使用。移転後も低迷は続き、1972年、1973年と2年連続でシーズン100敗を記録した。1973年のシーズン途中からビリー・マーチンが監督に就任、翌1974年は84勝76敗で地区2位となった。この年にはマイク・ハーグローヴが打率.323で新人王、ファーガソン・ジェンキンスが25勝12敗、防御率2.82で最多勝とカムバック賞、ジェフ・バロウズが最優秀選手賞を獲得している。1977年は4人の監督が入れ替わり指揮をしたが、当時チームの最高勝数シーズン94勝(68敗)を挙げた。しかし1980年代に入ると再び負け越しのシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たバック・ショーウォルター

    2004年は地区3位に終わったものの、優勝したアナハイム・エンゼルスとは3ゲーム差の89勝をあげ、エンゼルスとオークランド・アスレチックスとの三つ巴の優勝争いを演じた。翌2005年は7人が20本塁打以上を記録し、チーム合計でもMLB年間最多記録にあと4本に迫る260本塁打を放ったが、負け越した。2006年も勝率は5割近かったが、最下位のマリナーズとはわずか2ゲーム差の3位と振るわず、2003年から指揮を執っていたバック・ショーウォルターは退任した。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たエリック・ガニエ

    2007年にはロン・ワシントンが監督に就任。同年にはエリック・ガニエやサミー・ソーサを獲得する。8月22日にはボルチモア・オリオールズとのダブルヘッダー第1戦において、30対3のスコアで勝利した。1試合30得点はMLBでは1897年6月29日、シカゴ・コルツがルイビル・カーネルズにMLB記録の36対7で勝利して以来110年ぶりだった。しかしシーズンでは投打共に主力選手の不調が響き、75勝87敗と大きく負け越してしまい最下位に沈んだ。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たビリー・マーチン

    1972年にテキサス州アーリントンへの移転が決定。球団名もテキサス・レンジャーズに改称した。本拠地球場はアーリントン・スタジアムを使用。移転後も低迷は続き、1972年、1973年と2年連続でシーズン100敗を記録した。1973年のシーズン途中からビリー・マーチンが監督に就任、翌1974年は84勝76敗で地区2位となった。この年にはマイク・ハーグローヴが打率.323で新人王、ファーガソン・ジェンキンスが25勝12敗、防御率2.82で最多勝とカムバック賞、ジェフ・バロウズが最優秀選手賞を獲得している。1977年は4人の監督が入れ替わり指揮をしたが、当時チームの最高勝数シーズン94勝(68敗)を挙げた。しかし1980年代に入ると再び負け越しのシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たケニー・ロジャース

    1994年には52勝62敗と負け越していながら地区首位を維持していたが、ストライキによってシーズンが中断され、球団史上初の地区優勝はならなかった。7月28日にはケニー・ロジャースがMLB史上12人目となる完全試合を達成している。1995年からジョニー・オーツが監督に就任、オーツは2001年のシーズン途中まで監督を務めた。この頃にはイバン・ロドリゲスやホワン・ゴンザレスらが台頭。1996年に90勝72敗で初の地区優勝を果たした。1998年・1999年(球団記録の最高勝数シーズン95勝(67敗)を記録し)も2年連続で地区優勝したが、プレーオフではいずれもヤンキースにディヴィジョンシリーズで敗れた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たネフタリ・フェリス

    2010年1月23日、オーナーのトム・ヒックスは球団社長であるノーラン・ライアンらが共同経営する投資グループへ5億ドル以上の価格で球団を売却することに合意。5月24日、連邦倒産法第11章の適用を申請した。同年はハミルトン、ブラディミール・ゲレーロらの打撃陣、C.J.ウィルソン、コルビー・ルイスらの先発投手、新人記録の40セーブを記録したネフタリ・フェリスらが活躍、またシーズン途中でこの年デビューしたばかりの若手有望株ジャスティン・スモークとの交換トレードでクリフ・リーを獲得するなど戦力を整え、11年ぶりの地区優勝を成し遂げる。ディヴィジョンシリーズでタンパベイ・レイズに3勝2敗で競り勝ち、リーグチャンピオンシップシリーズではヤンキースを4勝2敗で下して球団創設50年目で悲願のリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズ進出を果たした。しかしワールドシリーズではサンフランシスコ・ジャイアンツに1勝4敗で敗退した。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

71件中 11 - 20件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード