104件中 71 - 80件表示
  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た最優秀監督賞 (MLB)

    2015年、前年まで3年連続二桁勝利を記録したダルビッシュ有が右肘の故障により開幕前にしてシーズン中の復帰絶望となった。シーズン途中で、それまでフィラデルフィア・フィリーズ一筋のコール・ハメルズを獲得し、2012年の最終戦となるアスレチックス戦で痛恨のエラーを犯し、逆転V逸の戦犯となったハミルトンを復帰させると、夏場から怒涛の追い上げを見せ、序盤の西部地区をリードしたアストロズを捉え、9月に首位に浮上する。そして最終戦に勝って、4年ぶりの西部地区制覇を成し遂げた。4年ぶりの地区シリーズでは22年ぶりに東部地区を制したブルージェイズと対戦。最終第5戦ではチームが3-2と1点リードで迎えた7回裏にショートを守っていたアンドルスが全てのエラーに絡むミス(2人目のケビン・ピラーの打席はファースト・モアランドのエラー)を犯し、その後ボティースタの勝ち越し3ランを含む4失点を喫し大逆転負け。実質アンドルス一人に足を引っ張られた所為で地区シリーズ敗退となった。バニスター監督は新人ながら最優秀監督賞を受賞した。オフには、クオリファイングオファーを拒否してFAのイアン・デズモンド(内野手だが外野手としての起用を条件として)、過去にMLBデビュー前に犯罪を犯し出所したばかりのマット・ブッシュ、NPBの東京ヤクルトスワローズからトニー・バーネットなどを獲得した。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た本塁打

    本拠地球場が本塁打が出やすいこともあるため、伝統的に長打力を前面に押し出した野球を志向する典型的な打高投低のチームである。しかし2007年よりロン・ワシントン監督のもと投手陣の再建をすすめ、2010年には球団創設50年目にして初のアメリカンリーグ優勝を飾った。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た没収試合

    東西2地区制が導入され、アメリカンリーグ東地区所属となった1969年に打撃の神様テッド・ウィリアムズを監督に迎え、86勝76敗で初めてシーズンを勝ち越し。観客数も球団史上最高の918,106人を動員した。この頃には後に太平洋クラブライオンズでもプレイするフランク・ハワードが主砲として活躍。1968年には44本塁打で本塁打王を獲得し、1970年にも44本塁打・132打点で二冠を獲得。しかしチームの躍進も1969年限りで、翌年からは再び負け越し、1971年には観客動員数も655,156人に落ち込み、球団はワシントンD.C.を離れることになった。セネタースとしての歴史は、1971年9月30日のニューヨーク・ヤンキース戦がファンの乱入などで没収試合となり、その幕を下ろした。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た2010年のワールドシリーズ

    2010年1月23日、オーナーのトム・ヒックスは球団社長であるノーラン・ライアンらが共同経営する投資グループへ5億ドル以上の価格で球団を売却することに合意。5月24日、連邦倒産法第11章の適用を申請した。同年はハミルトン、ブラディミール・ゲレーロらの打撃陣、C・J・ウィルソン、コルビー・ルイスらの先発投手、新人記録の40セーブを記録したネフタリ・フェリスらが活躍、またシーズン途中でこの年デビューしたばかりの若手有望株ジャスティン・スモークとの交換トレードでクリフ・リーを獲得するなど戦力を整え、11年ぶりの地区優勝を成し遂げる。ディビジョンシリーズでタンパベイ・レイズに3勝2敗で競り勝ち、リーグチャンピオンシップシリーズではヤンキースを4勝2敗で下して球団創設50年目で悲願のリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズ進出を果たした。しかしワールドシリーズではサンフランシスコ・ジャイアンツに1勝4敗で敗退した。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たアーリントン・スタジアム

    1972年にテキサス州アーリントンへの移転が決定し、球団名もテキサス・レンジャーズに改称した。また移転に伴いミルウォーキー・ブルワーズと入れ替わりでアメリカンリーグ西地区に配置換えされた。本拠地球場はアーリントン・スタジアムを使用。移転後も低迷は続き、1972年、1973年と2年連続でシーズン100敗を記録した。1973年のシーズン途中からビリー・マーチンが監督に就任、翌1974年は84勝76敗で地区2位となった。この年にはマイク・ハーグローヴが打率.323で新人王、ファーガソン・ジェンキンスが25勝12敗、防御率2.82で最多勝とカムバック賞、ジェフ・バロウズが最優秀選手賞を獲得している。1977年は4人の監督が入れ替わり指揮をしたが、当時チームの最高勝数シーズン94勝(68敗)を挙げた。しかし1980年代に入ると再び負け越しのシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た最多勝利 (MLB)

    1972年にテキサス州アーリントンへの移転が決定し、球団名もテキサス・レンジャーズに改称した。また移転に伴いミルウォーキー・ブルワーズと入れ替わりでアメリカンリーグ西地区に配置換えされた。本拠地球場はアーリントン・スタジアムを使用。移転後も低迷は続き、1972年、1973年と2年連続でシーズン100敗を記録した。1973年のシーズン途中からビリー・マーチンが監督に就任、翌1974年は84勝76敗で地区2位となった。この年にはマイク・ハーグローヴが打率.323で新人王、ファーガソン・ジェンキンスが25勝12敗、防御率2.82で最多勝とカムバック賞、ジェフ・バロウズが最優秀選手賞を獲得している。1977年は4人の監督が入れ替わり指揮をしたが、当時チームの最高勝数シーズン94勝(68敗)を挙げた。しかし1980年代に入ると再び負け越しのシーズンが続いた。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たアメリカンリーグ東地区

    東西2地区制が導入され、アメリカンリーグ東地区所属となった1969年に打撃の神様テッド・ウィリアムズを監督に迎え、86勝76敗で初めてシーズンを勝ち越し。観客数も球団史上最高の918,106人を動員した。この頃には後に太平洋クラブライオンズでもプレイするフランク・ハワードが主砲として活躍。1968年には44本塁打で本塁打王を獲得し、1970年にも44本塁打・132打点で二冠を獲得。しかしチームの躍進も1969年限りで、翌年からは再び負け越し、1971年には観客動員数も655,156人に落ち込み、球団はワシントンD.C.を離れることになった。セネタースとしての歴史は、1971年9月30日のニューヨーク・ヤンキース戦がファンの乱入などで没収試合となり、その幕を下ろした。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たノーヒットノーラン

    1985年のシーズン途中からは後に日本プロ野球でも監督を務めるボビー・バレンタインが監督に就任。1992年のシーズン途中まで球団史上最長となる1186試合にわたって指揮を執った。この間1989年4月からジョージ・W・ブッシュが共同オーナーを務め、同年にはノーラン・ライアンが移籍している。ライアンは既に40歳を超えていたが、300勝、5000奪三振、ノーヒットノーランを2回成し遂げた。1994年には新球場ザ・ボールパーク・イン・アーリントン(現:グローブライフ・パーク・イン・アーリントン)が完成し、移転した。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見た最多本塁打 (MLB)

    東西2地区制が導入され、アメリカンリーグ東地区所属となった1969年に打撃の神様テッド・ウィリアムズを監督に迎え、86勝76敗で初めてシーズンを勝ち越し。観客数も球団史上最高の918,106人を動員した。この頃には後に太平洋クラブライオンズでもプレイするフランク・ハワードが主砲として活躍。1968年には44本塁打で本塁打王を獲得し、1970年にも44本塁打・132打点で二冠を獲得。しかしチームの躍進も1969年限りで、翌年からは再び負け越し、1971年には観客動員数も655,156人に落ち込み、球団はワシントンD.C.を離れることになった。セネタースとしての歴史は、1971年9月30日のニューヨーク・ヤンキース戦がファンの乱入などで没収試合となり、その幕を下ろした。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

  • テキサス・レンジャーズ

    テキサス・レンジャーズから見たテキサス・レンジャー

    1961年に2代目のワシントン・セネタースとして発足。1972年にテキサス州アーリントンに移転し、テキサス・レンジャーズと改称した。現チーム名は地元テキサス州に今も存在し、北米最古の公安組織として知られるテキサス・レンジャーにちなんで命名された。発足当初から弱小球団としてその歩みを続け、初の地区優勝が創設から36年目(1996年)と、1990年代後半に3度の地区優勝を果たした時期を除いて、ポストシーズンには縁遠く下位に低迷することが多い。1989年から1993年までノーラン・ライアン、2001年から2003年までアレックス・ロドリゲスといったスター選手も在籍したがいずれも優勝には縁がなかった。テキサス・レンジャーズ フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「テキサス・レンジャーズ」のニューストピックワード