前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示
  • ゴロ/フライ比率

    ゴロ/フライ比率から見たテッド・リリーテッド・リリー

    2002年以降の通算ではクリス・ヤング(27.3%:GB/FB0.38、GO/AO0.45)、テッド・リリー(34.1%:GB/FB0.53ゴロ/フライ比率 フレッシュアイペディアより)

  • ジェイク・ウエストブルック

    ジェイク・ウエストブルックから見たテッド・リリーテッド・リリー

    11月18日、ロッキーズ傘下のマイナー球団在籍中にモントリオール・エクスポズ(現:ワシントン・ナショナルズ)へトレードされる。さらに2年後の12月22日、今度はテッド・リリー、クリスチャン・パーカーとともにニューヨーク・ヤンキースへ伊良部秀輝とのトレードで移籍。にヤンキースでメジャーデビューし3試合に登板したのち、7月31日には3対1のトレードで他2人とともにクリーブランド・インディアンスに移籍する。ジェイク・ウエストブルック フレッシュアイペディアより)

  • ジェイク・ピービー

    ジェイク・ピービーから見たテッド・リリーテッド・リリー

    、シーズン半ばまでモービルに在籍。14試合に先発し4勝5敗・防御率2.80という成績を残す。6月21日、ボビー・ジョーンズが故障者リスト入りするのに伴い、メジャー初昇格を果たす。翌日の6月22日にメジャーデビュー。前年のアメリカンリーグ王者ニューヨーク・ヤンキースを本拠地クアルコム・スタジアムに迎えての一戦で先発を任された。1回表、先頭打者アルフォンソ・ソリアーノに初球を捉えられ二塁打とされると、3番ジェイソン・ジアンビにも二塁打を許し1点を先制される。しかしその後は5回二死まで12人連続でアウトに打ち取るなど相手に得点を許さず、6回0/3を3安打2四球1失点で乗り切った。試合は相手先発テッド・リリーが9回3安打完封と好投し0-1で敗れて敗戦投手となったが「降板するときに観客がスタンディングオベーションしてくれて、あれは人生で最高の瞬間だった」という感想を残している。これ以降メジャーに定着し、4試合目の登板となった7月16日のコロラド・ロッキーズ戦でメジャー初勝利を挙げ、続く同月21日のアリゾナ・ダイヤモンドバックス戦ではランディ・ジョンソンに投げ勝つなど、最終的に17試合に先発した。ジェイク・ピービー フレッシュアイペディアより)

  • ランディ・ウェルズ

    ランディ・ウェルズから見たテッド・リリーテッド・リリー

    は開幕をアイオワで迎えたが、ルー・ピネラ監督は5月4日に故障者リスト入りしたカルロス・ザンブラーノに代わり先発ローテーション入りさせることを発表。5月8日にメジャー昇格を果たした。その後、シーズンを通して先発ローテーションを守り、シーズン12勝はテッド・リリーとともにチーム最多タイ、カブスの新人選手としてはのケリー・ウッド(13勝)以来となった。ナリーグの新人選手として27先発はリーグ最多、12勝・165.1イニングはリーグ2位を記録し、新人王の投票では6位に入った。ランディ・ウェルズ フレッシュアイペディアより)

  • 2013年のメジャーリーグベースボール

    2013年のメジャーリーグベースボールから見たテッド・リリーテッド・リリー

    11月27日 - メジャーリーグ通算130勝のロサンゼルス・ドジャースのテッド・リリーが現役引退を表明2013年のメジャーリーグベースボール フレッシュアイペディアより)

  • ヒラム・ボカチカ

    ヒラム・ボカチカから見たテッド・リリーテッド・リリー

    1998年7月31日のロサンゼルス・ドジャースとの大型トレードにより、ドジャースへと移籍する事になった。このトレードの交換要員には、ブラディミール・ゲレーロの兄であるウィルトン・ゲレーロと、カブスで先発投手として活躍するテッド・リリーが含まれていた。しかし、いきなりメジャーリーグデビューのチャンスが訪れたわけではなく、移籍後はアルバカーキ・デュークス(AAA級)で試合に出場していた。ちなみに、実際に外野守備に就き始めたのはこの年からであり、この年は全ての試合で外野を守り、内野守備には就かなかった。ヒラム・ボカチカ フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・キールティ

    ボビー・キールティから見たテッド・リリーテッド・リリー

    2003年11月18日にテッド・リリーとのトレードでオークランド・アスレチックスへ移籍。ボビー・キールティ フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ギボンズ

    ジョン・ギボンズから見たテッド・リリーテッド・リリー

    テッド・リリーとは投手交代のタイミングでマウンド上で口論。ベンチ裏でも口論を始め、選手全員が仲裁をしにベンチ裏に消えダッグアウトに誰もいなくなるという異常事態に発展した。試合後は両者共に謝罪したが、リリーはシーズン終了後、FAでシカゴ・カブスへ移籍した。ジョン・ギボンズ フレッシュアイペディアより)

  • アーロン・ハラング

    アーロン・ハラングから見たテッド・リリーテッド・リリー

    はAA級ミッドランドで開幕を迎えたが、5月25日にアスレチックスとメジャー契約を結び、同日のタンパベイ・デビルレイズ戦でメジャーデビュー。7回を無失点10奪三振に抑え、ティム・ハドソンに次ぐオークランド移転後の球団史上2人目となる二桁奪三振を奪った投手となった。メジャー2試合目の6月3日の登板では4回まで無失点に抑え、メジャーデビューから11回連続無失点を記録し、にジョン・ジョンソンが記録したデビューから10回連続無失点のオークランド移転後の球団記録を更新。7月23日にAAA級サクラメント・リバーキャッツへ降格したが、翌日の24日にテッド・リリーが故障者リスト入りしたため、メジャーへ再昇格した。その後は6試合に登板したが、8月26日にAAA級サクラメントへ降格。9月4日に再昇格した。この年は16試合に登板し、5勝4敗・防御率4.83だった。アーロン・ハラング フレッシュアイペディアより)

  • ブレイク・デウィット

    ブレイク・デウィットから見たテッド・リリーテッド・リリー

    7月31日に、テッド・リリーとライアン・テリオとのトレードでマイナーリーガー2人と共にシカゴ・カブスへ移籍した。ブレイク・デウィット フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
12件中 1 - 10件表示