前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示
  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見た伊良部秀輝

    伊良部秀輝との交換トレードでジェイク・ウエストブルック、クリスティアン・パーカーと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たロサンゼルス・ドジャース

    のMLBドラフトで、ロサンゼルス・ドジャースから23巡目指名を受け入団。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たブレイク・デウィット

    7月31日、ブレット・ウォラック、カイル・スミット、ブレイク・デウィットとのトレードでライアン・テリオと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たジョン・ギボンズ

    8月21日のオークランド・アスレチックス戦において、ジョン・ギボンズ監督と試合中にも関わらず喧嘩をした。1回で5失点をした段階でギボンズ監督が投手交代のためにマウンドに向かうと、リリーはその場でその決断に怒りを表し、激しく口論。その後も、スタジアムから去ろうとするリリーを監督が追いかけ、喧嘩が続いた。その後何が起こったのかは明らかにされていないが、鼻から出血をした監督の写真が撮られている。試合後、両者は問題は解決したとのコメントを出し、8月27日には何事もなかったかのようにリリーは登板した。シーズン終了後にFAとなり、シカゴ・カブスと4年総額4,000万ドルで契約した。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たジェイク・ウエストブルック

    、伊良部秀輝との交換トレードでジェイク・ウエストブルック、クリスティアン・パーカーと共にニューヨーク・ヤンキースへ移籍。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たカイル・ブランクス

    は怪我の影響で開幕から故障者リスト入りし、マイナースタートとなった。4月に先発のザック・グレインキーとクリス・カプアーノが怪我で離脱したため、4月24日に故障者リストから外れた。2試合に先発したが、5月3日に胸郭周りの筋肉の痛みを訴え、再び故障者リスト入りし、5月20日に外れた。しかし6月4日のサンディエゴ・パドレス戦で、ランナーのカイル・ブランクスと交錯した際に首を痛め、再び故障者リスト入りすることとなった。その後6月中に復帰したが、7月25日にDFAとなり、8月2日に放出された。8月6日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。シーズンオフにベネズエラで行われたウィンターリーグに参加し、来季メジャー復帰を目標としていたが、慢性的な首の痛みを理由に11月27日に引退を発表した。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たクリス・カプアーノ

    は怪我の影響で開幕から故障者リスト入りし、マイナースタートとなった。4月に先発のザック・グレインキーとクリス・カプアーノが怪我で離脱したため、4月24日に故障者リストから外れた。2試合に先発したが、5月3日に胸郭周りの筋肉の痛みを訴え、再び故障者リスト入りし、5月20日に外れた。しかし6月4日のサンディエゴ・パドレス戦で、ランナーのカイル・ブランクスと交錯した際に首を痛め、再び故障者リスト入りすることとなった。その後6月中に復帰したが、7月25日にDFAとなり、8月2日に放出された。8月6日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。シーズンオフにベネズエラで行われたウィンターリーグに参加し、来季メジャー復帰を目標としていたが、慢性的な首の痛みを理由に11月27日に引退を発表した。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たザック・グレインキー

    は怪我の影響で開幕から故障者リスト入りし、マイナースタートとなった。4月に先発のザック・グレインキーとクリス・カプアーノが怪我で離脱したため、4月24日に故障者リストから外れた。2試合に先発したが、5月3日に胸郭周りの筋肉の痛みを訴え、再び故障者リスト入りし、5月20日に外れた。しかし6月4日のサンディエゴ・パドレス戦で、ランナーのカイル・ブランクスと交錯した際に首を痛め、再び故障者リスト入りすることとなった。その後6月中に復帰したが、7月25日にDFAとなり、8月2日に放出された。8月6日にサンフランシスコ・ジャイアンツとマイナー契約を結んだ。シーズンオフにベネズエラで行われたウィンターリーグに参加し、来季メジャー復帰を目標としていたが、慢性的な首の痛みを理由に11月27日に引退を発表した。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たライアン・テリオ

    7月31日、ブレット・ウォラック、カイル・スミット、ブレイク・デウィットとのトレードでライアン・テリオと共にロサンゼルス・ドジャースへ移籍。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

  • テッド・リリー

    テッド・リリーから見たフリーエージェント (プロスポーツ)

    8月21日のオークランド・アスレチックス戦において、ジョン・ギボンズ監督と試合中にも関わらず喧嘩をした。1回で5失点をした段階でギボンズ監督が投手交代のためにマウンドに向かうと、リリーはその場でその決断に怒りを表し、激しく口論。その後も、スタジアムから去ろうとするリリーを監督が追いかけ、喧嘩が続いた。その後何が起こったのかは明らかにされていないが、鼻から出血をした監督の写真が撮られている。試合後、両者は問題は解決したとのコメントを出し、8月27日には何事もなかったかのようにリリーは登板した。シーズン終了後にFAとなり、シカゴ・カブスと4年総額4,000万ドルで契約した。テッド・リリー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
21件中 1 - 10件表示