テニス ニュース&Wiki etc.

テニス()は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。漢字名の庭球(ていきゅう)とも呼ばれることがある。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「テニス」のつながり調べ

  • ネリー・アダムソン・ランドリー

    ネリー・アダムソン・ランドリーから見たテニス

    ネリー・ジャンヌ・アダムソン・ランドリー(Nelly Jeanne Adamson Landry, 1916年12月28日 - 2010年2月22日)は、フランスの女子テニス選手。1948年の全仏選手権女子シングルス優勝者である。彼女はイングランドのティルベリーでベルギー人の両親の間に生まれ、最初はベルギー国籍の選手としてプレーした。旧姓「ネリー・アダムソン」というが、1937年にフランスの男子テニス選手であるピエール・ランドリーと結婚し、これによりフランス市民となった。 左利きの選手で、身長は160cmほどの小柄な体格だったが、攻撃的なボレーと低く弾むフォアハンド・ストロークを得意にした。(ネリー・アダムソン・ランドリー フレッシュアイペディアより)

  • モーラ・マロリー

    モーラ・マロリーから見たテニス

    モーラ・ビュルステット・マロリー(Molla Bjurstedt Mallory, 1884年3月6日 - 1959年11月22日)は、ノルウェー・オスロ出身の女子テニス選手。1910年代から1920年代にかけて活躍し、全米選手権の女子シングルス大会最多優勝記録「8勝」を樹立した選手である。右利きのベースライン・プレーヤーで、攻撃的なフォアハンド・ストロークとライジング・ショット(球の上がり端を打ち返す技術)を駆使し、ボールのコースを散らせて対戦相手を疲れさせるスタイルのテニスを得意とした。本名は Anna Margrethe Bjurstedt (アンナ・マルグレーテ・ビュルステット)といい、「モーラ」は彼女の愛称である。選手時代の1920年にフランクリン・マロリー(Franklin Mallory)と結婚した。(モーラ・マロリー フレッシュアイペディアより)

「テニス」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「テニス」のニューストピックワード