118件中 61 - 70件表示
  • テニス

    テニスから見た

    テニス(英語: tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たアンツーカ

    サーフェスはグラス(天然芝)、クレイ(真砂土・荒木田土・粘土砂混合土)、アンツーカ(焼成土)、ハード(コンクリートに塗装)、ウレタン(ウレタン樹脂またはゴム)、グラスサンド(砂入り人工芝)など。大きさは、縦23.77メートル(78フィート)、シングルスでは横8.23メートル(27フィート)、ダブルスでは横10.97メートル(36フィート)である。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たバドミントン

    バドミントンなどとともに、レクリエーションやレジャーとしても広く行われる競技である。公園や高原のリゾート地などには、しばしばテニスコートが見られる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た球技

    テニス(英語: tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たスポーツ

    現代の多くのスポーツとは異なり、ローンテニスの歴史はごく浅い。1873年12月、ウォルター・クロプトン・ウィングフィールド少佐が考案した「スフェリスティキ(sphairistike 、 、「球戯術」の意。略してスティッキ1)」がその原型。現在の社会体育、生涯スポーツの概念の先駆けとなる発想で、ラケット、ネット等をセットで商品化し、芝生の上なら何処でも楽しめる「持ち運びのできるテニス」などともいわれた。ボールは中空のゴムボール(軟式テニスボールと同様なもの)を採用し、当初は現在のように硬質のフェルトで覆われていなかった。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た軟式テニス

    現代の多くのスポーツとは異なり、ローンテニスの歴史はごく浅い。1873年12月、ウォルター・クロプトン・ウィングフィールド少佐が考案した「スフェリスティキ(sphairistike 、 、「球戯術」の意。略してスティッキ1)」がその原型。現在の社会体育、生涯スポーツの概念の先駆けとなる発想で、ラケット、ネット等をセットで商品化し、芝生の上なら何処でも楽しめる「持ち運びのできるテニス」などともいわれた。ボールは中空のゴムボール(軟式テニスボールと同様なもの)を採用し、当初は現在のように硬質のフェルトで覆われていなかった。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たアメリカ合衆国

    昔のテニスのコートは僧院にあり、四方を壁と傾斜した天井に囲まれていて、現代のローンテニスのコートより大きかった。18世紀から19世紀にかけてヨーロッパの貴族の間で大流行し、多くのコートが建造されたが、現存するものは少ない。イギリスでは復元されたコートがクリフトン大学にある。近代における貴族階級の遊戯としてのテニスは、イギリスでは ロイヤル・テニス (Royal Tennis 、「王家のテニス」の意)、アメリカではコート・テニス (Court Tennis 、「宮廷のテニス」の意) とも呼んでいる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たインチ

    中央の高さが91.4センチメートル(3フィート、あるいは1ヤード)、またシングルス、ダブルスのコートそれぞれで、ネットポストでの高さが1.07メートル(3フィート6インチ)である。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たヤード

    中央の高さが91.4センチメートル(3フィート、あるいは1ヤード)、またシングルス、ダブルスのコートそれぞれで、ネットポストでの高さが1.07メートル(3フィート6インチ)である。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た準優勝

    1918年、熊谷一弥が全米選手権において、日本人テニス選手として史上初のベスト4進出を果たし、1920年には清水善造のウィンブルドン選手権「チャレンジ・ラウンド」で決勝(現在では準決勝に相当)に進出し、世界1位に君臨していたビル・チルデンに肉薄した。また、その年に開催された第7回オリンピックにおいて熊谷がシングルスで銀メダルを獲得し、ダブルスでも熊谷と柏尾誠一郎のペアが銀メダルを獲得し、オリンピックで初めての日本のメダルとなった。翌1921年、男子テニス国別対抗戦・デビスカップの日本チームの活躍は目覚ましく、準優勝に輝いている。テニス フレッシュアイペディアより)

118件中 61 - 70件表示

「テニス」のニューストピックワード