118件中 71 - 80件表示
  • テニス

    テニスから見たレクリエーション

    バドミントンなどとともに、レクリエーションやレジャーとしても広く行われる競技である。公園や高原のリゾート地などには、しばしばテニスコートが見られる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たフィート

    サーフェスはグラス(天然芝)、クレイ(真砂土・荒木田土・粘土砂混合土)、アンツーカ(焼成土)、ハード(コンクリートに塗装)、ウレタン(ウレタン樹脂またはゴム)、グラスサンド(砂入り人工芝)など。大きさは、縦23.77メートル(78フィート)、シングルスでは横8.23メートル(27フィート)、ダブルスでは横10.97メートル(36フィート)である。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た青が散る

    青が散る(1983年、日本)テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た60進法

    「0」「15」「30」「40」というスコアの数え方は、当初は60進法で0、15、30、45であったものの45の5が省略されるようになったものだという説が有力である。なお、フランス語では「0」、「15」、「30」、「40」、「アドバンテージ」は、「zéro」、「quinze」、「trente」、「quarante」、「avantage」(アヴァンタージュ、アヴォンタージュ)であり、全仏オープン等で聞くことができる。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たニューポート (ロードアイランド州)

    1877年、イギリスのロンドンでアマチュアの大会として第1回目のウィンブルドン選手権が開催された。アメリカでは1881年に設立されたアメリカ国立ローンテニス協会(現在のアメリカ・テニス協会)が、ルールを標準化し、かつ競技を組織化した。同年、「全米シングルス選手権」(最初の名称:U.S. National Singles Championship)の第1回大会がアメリカ・ロードアイランド州ニューポートで開催され、1887年には「全米女子シングルス選手権」 (U.S. Women's National Singles Championship) が始まった。これらのアメリカでの大会群は現在の全米オープンの原型である。1900年には男子国別対抗戦であるデビスカップがナショナルチームの間で始まった。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たボール

    テニス(英語: tennis)は二人または二組のプレイヤーがネット越しにラケットでボールを打ち合う球技である。オリンピックやパラリンピックで採用されている競技であり、年齢性別、身体的個性を問わず広く親しまれている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たエジプト

    複数の人間が1つの球を互いに打ち合うという形態の球技の起源は、紀元前にまで遡ることが出来る。エジプトでは宗教的な行為のひとつとしてこのような球技が行われていた。紀元前15世紀の壁画で球を打ち合う球技を行う人々の姿が描かれたものが発見されている。テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たコートにかける青春

    コートにかける青春(1971年、日本)テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見たリトル・モー (映画)

    リトル・モー(1978年、米国)テニス フレッシュアイペディアより)

  • テニス

    テニスから見た文部省

    日本へのローンテニスの伝播については諸説あり、1878年にアメリカのリーランドが文部省の体操伝習所で紹介したという説がある。ソフトテニスの発祥については、明治期の日本で調達が困難であったローンテニス用具を安価な代用品で賄ったのが起源とされている。これがやがて軟式テニスと呼ばれる様になり、今日に至るまで独自の発展を遂げた。この軟式テニスで育った熊谷一弥、清水善造、原田武一、佐藤次郎、山岸二郎ら多数の名選手がテニスに転向し、欧州、米国に転戦し始める。彼らはその独特のテニス(軟式テニスで培われたドライブ)で活躍し、1920年代前半から1930年代後半まで続いた日本テニス黄金時代を築き上げることとなる。テニス フレッシュアイペディアより)

118件中 71 - 80件表示

「テニス」のニューストピックワード