前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
294件中 1 - 10件表示
  • IVSテレビ制作

    IVSテレビ制作から見たテリー伊藤テリー伊藤

    1973年、後にIVSを支えるディレクターとなるテリー伊藤が入社。わずか2年余りでディレクターに昇格し、その後「ねるとん紅鯨団」「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」などのヒット作を手掛ける。IVSテレビ制作 フレッシュアイペディアより)

  • 第61回NHK紅白歌合戦

    第61回NHK紅白歌合戦から見たテリー伊藤テリー伊藤

    国内向け放送は例年通り、テレビが総合(デジタル・アナログ)・BS2(デジタル・アナログ)・BShiの3波、ラジオが第1の計4媒体。国外向けにはNHKワールド・プレミアム とNHKワールド・ラジオ日本(短波は東南アジアとアジア大陸向け。衛星ラジオは全世界向け)でいずれも生放送された。双方向対応番組。デジタル総合(ワンセグは非実施)並びにデジタルBS2ではステレオ第2音声にて紅白応援隊のテリー伊藤と関根麻里、そして松本和也による「紅白・ウラ トークチャンネル」を放送。第61回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン放送 THEラジオパーク in 日比谷

    ニッポン放送 THEラジオパーク in 日比谷から見たテリー伊藤テリー伊藤

    「テリー伊藤のってけラジオ」 - テリー伊藤、垣花正、上田郁代ニッポン放送 THEラジオパーク in 日比谷 フレッシュアイペディアより)

  • ワッチミー!TV

    ワッチミー!TVから見たテリー伊藤テリー伊藤

    かつてのメインキャスターはマリエ、テリー伊藤など。2010年3月までは、若者たちの流行やファッションを徹底リサーチし、今後ブレイクするかもしれない人物や商品を先取りするエンタメ系情報番組。webの『ワッチミー!TV』と連動して番組を展開していた。ワッチミー!TV フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン放送

    ニッポン放送から見たテリー伊藤テリー伊藤

    2010年11月:映画を観よう(キャンペーンパーソナリティ テリー伊藤ニッポン放送 フレッシュアイペディアより)

  • テレ遊びパフォー!

    テレ遊びパフォー!から見たテリー伊藤テリー伊藤

    番組進行形態は公開スタジオでのパフォーマンス披露部分と、それを別室で見るキング・テリー(テリー伊藤)の部屋の部分とに分かれている。テレ遊びパフォー! フレッシュアイペディアより)

  • オールスターキャノンボール大会

    オールスターキャノンボール大会から見たテリー伊藤テリー伊藤

    なお、プロデューサーであったテリー伊藤はこの番組が元で警察に出頭させられることになった(旅先の志賀高原で見たスポーツ新聞で事態を知り、思わずエスプレッソをこぼしたとのこと)。その際「あれはVTRの早回しです。」と言い訳したが、上空から空撮シーンではあきらかに関係車両が他の車両に比べ速度が違い過ぎ、言い訳がままならなかったとも伝えられている。オールスターキャノンボール大会 フレッシュアイペディアより)

  • センチュリーベストナイン

    センチュリーベストナインから見たテリー伊藤テリー伊藤

    選考委員には、浅利慶太、水谷八重子、テリー伊藤、中居正広、西田ひかるなど、普通のプロ野球ファンにすぎず野球関係者とはいえない人物も含まれていた(特に、テリー伊藤、中居正広、西田ひかるは、大の巨人ファンを公言している)。センチュリーベストナイン フレッシュアイペディアより)

  • あゝ!一軒家プロレス

    あゝ!一軒家プロレスから見たテリー伊藤テリー伊藤

    テリー伊藤の思いつきで冒頭の一軒家を間違った火薬量で爆発させてしまい、主演の橋本は腕に火傷を負うケガもあった。あゝ!一軒家プロレス フレッシュアイペディアより)

  • 出動!ミニスカポリス

    出動!ミニスカポリスから見たテリー伊藤テリー伊藤

    ミニスカートでアメリカンポリス風の婦人警官の制服に身を包んだミニスカポリスたちが、「時にはパンチ!時にはキック!タイホしちゃうぞ!」を決めゼリフに、「任務」と呼ばれる様々なゲーム等に挑戦するという主旨で放送されていた。当初は自動車情報の伝達が中心だったが、後にお色気路線を打ち出すようになり、自動車情報番組の要素は無くなっていった。演出はテリー伊藤が担当、プロデュースは高橋紀成が行った。出動!ミニスカポリス フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
294件中 1 - 10件表示

「テリー伊藤」のニューストピックワード