361件中 21 - 30件表示
  • 第60回NHK紅白歌合戦

    第60回NHK紅白歌合戦から見たテリー伊藤テリー伊藤

    紅白応援隊は前回に引き続き関根麻里とテリー伊藤第60回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • 第63回NHK紅白歌合戦

    第63回NHK紅白歌合戦から見たテリー伊藤テリー伊藤

    同じ記者会見において、今回の「紅白応援隊」も発表された。メンバーは前回同様、テリー伊藤とAKB48であり、テリーは5年連続、AKB48は2年連続での担当となった。今回を最後に第58回(2007年)から設けられていた「紅白応援隊」は撤廃された。第63回NHK紅白歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • RIKACO

    RIKACOから見たテリー伊藤テリー伊藤

    短気でキレやすい一面もあり、「ここがヘンだよ日本人」で二宮清純が激高して物を投げつけた際、「何で投げつけるのよ!!」と同席していたテリー伊藤とともに二宮を激しく罵倒したことがある。また、2002年の正月、ホノルル国際空港で待ち構えていた日本の報道陣に「何で撮るのよ!子供が写っちゃうじゃない!!」と激怒していたが、数年後に息子たちをテレビ番組に出している。RIKACO フレッシュアイペディアより)

  • 金正日

    金正日から見たテリー伊藤テリー伊藤

    伊藤輝夫『お笑い北朝鮮―金日成・金正日親子長期政権の解明』(コスモの本 1993年9月 ISBN 4906380506)金正日 フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのお笑いウルトラクイズ

    ビートたけしのお笑いウルトラクイズから見たテリー伊藤テリー伊藤

    プロレス字読みクイズの冒頭、解説者としてテリー伊藤の物真似で実況席に座っていたホリの目の前に当の伊藤本人が乱入し、伊藤は激高するあまり実況席を蹴り飛ばすなど、暴虐の限りを尽くした(もちろん演出である)。なお、第1回からスタッフとして番組に関わってきた伊藤が、ちゃんとした形で番組に登場したのはこれが初めてである。ビートたけしのお笑いウルトラクイズ フレッシュアイペディアより)

  • ねるとん紅鯨団

    ねるとん紅鯨団から見たテリー伊藤テリー伊藤

    『ねるとん紅鯨団』(ねるとんべにくじらだん)は、フジテレビ系列で放送されていたバラエティ番組である。関西テレビとIVSテレビ制作の共同製作。関西テレビやフジテレビでは1987年10月3日から1994年12月24日まで、毎週土曜日 23:00 - 23:30 (JST)に放送されていた。司会はとんねるず。構成・ゼネラルディレクターは伊藤輝夫(現・テリー伊藤)。ねるとん紅鯨団 フレッシュアイペディアより)

  • 落合博満

    落合博満から見たテリー伊藤テリー伊藤

    『なぜ日本人は落合博満が嫌いか?』(テリー伊藤著、角川oneテーマ21、2010年5月、ISBN 9784047102439)落合博満 フレッシュアイペディアより)

  • とんねるず

    とんねるずから見たテリー伊藤テリー伊藤

    1987年10月『上海紅鯨団が行く』を引き継ぐ形でスタートした『ねるとん紅鯨団』(関西テレビ制作、フジテレビ系)がヒット。初年度から深夜枠ながらバラエティ年間平均視聴率ランキング3位にランクインした。当時IVSテレビ制作で番組の企画・総合演出などをしていた伊藤輝夫(現:テリー伊藤)や後藤喜男と出会ったのがこの時期。一般参加者による集団お見合い形式の企画が好評を得る。今では集団お見合いパーティーそのものが『ねるとんパーティー』と呼ばれることもある。また1986年から火曜ワイドスペシャルで数回特番を行い、1988年10月からは、『とんねるずのみなさんのおかげです』がレギュラー放送を開始。番組内では、『仮面ノリダー』『保毛尾田保毛男』などのコントやパロディを披露した。1989年3月のスペシャル時には番組シリーズで過去最高29.5%の視聴率を記録した。更にこの頃には、13本のCM契約もしていた。1991年10月には、『闘牛』『カートグランプリ』『PK対決』などロケ主体のコーナーが人気を得た『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』(日本テレビ)が開始。1995年には、一時期疎遠状態になっていたTBSでの初のレギュラー番組『ねる様の踏み絵』が開始。1997年3月には『とんねるずのみなさんのおかげです』が完全終了し、同年6月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』と改題し、リニューアルした。この頃、出演する番組が軒並み高視聴率を記録しギャラが爆発的に跳ね上がり現代まで芸人としてのギャラは20年以上1位だと言われている。とんねるず フレッシュアイペディアより)

  • とんねるずの生でダラダラいかせて!!

    とんねるずの生でダラダラいかせて!!から見たテリー伊藤テリー伊藤

    麻原彰晃が若者の悩みを解決するという企画。しかし実際は「風変わりな風貌で、ちょっと珍しい事をしているおかしなおじさん」である麻原に対して興味本位な質問をぶつけ、その反応を皆で笑っている感じのものであった。一回きりの企画で、初期生ダラの演出を担当していたテリー伊藤が当時麻原を面白がっており、自身が演出する番組にたびたび出演させていた。とんねるずの生でダラダラいかせて!! フレッシュアイペディアより)

  • 土屋敏男

    土屋敏男から見たテリー伊藤テリー伊藤

    ハンドルネームはドラゴン、愛称は苗字のツッチー、苗字のイニシャルを取ってT。萩本欽一とテリー伊藤を演出の師匠と呼んでいる。土屋敏男 フレッシュアイペディアより)

361件中 21 - 30件表示

「テリー伊藤」のニューストピックワード