294件中 41 - 50件表示
  • wao!

    wao!から見たテリー伊藤テリー伊藤

    『wao!』の題で放送されていた当時の進行形式は、各国派遣のスタッフが現地で収録してきた取材VTRと、リポーターの間寛平と山崎邦正が名古屋で収録してきた取材VTRを交互に流すというものだった。その当時は全てVTRのみで進行していたが、番組は2002年9月24日放送分をもって同タイトルでの放送を終了。その翌週からスタートした『wao! SEASON 2』では、新たにレギュラーに参入したMEGUMIやテリー伊藤らが6畳1間のアパートの一室に集まり、各国派遣のスタッフが収録してきた取材VTRを元にトークをするという形式に改められた。wao! フレッシュアイペディアより)

  • 肉力強女

    肉力強女から見たテリー伊藤テリー伊藤

    女子格闘技(ジョシカク)にスポットライトを当てた深夜のスポーツ番組で、プロデューサーのテリー伊藤とソフト・オン・デマンドが共同で立ち上げた1000万円争奪デスマッチを主軸とする番組として企画された。テレビ東京がこの種の番組を放送したのは、『激突!女子格闘技大戦争』以来24年ぶりのことである。肉力強女 フレッシュアイペディアより)

  • 元木宏

    元木宏から見たテリー伊藤テリー伊藤

    テリー伊藤をはじめ、業界では絶大な信頼を得ているカメラマンであり、彼のカメラワークは、スウィッシュパン、フォーカスの的確さ、演者の表情を撮るのが特徴である。通常、レンズ胴鏡を上方から指を添えて操作するカメラマンが多い中、下から支えるような形で操作を行うという独特なカメラ操作スタイルである。これはレンズを下から支えることにより、自然と脇が締まるようになり、アップ時のブレを予防しているものと思われる。元木宏 フレッシュアイペディアより)

  • 中谷 彰宏

    中谷彰宏から見たテリー伊藤テリー伊藤

    人生の答え テリー伊藤との共著(メディアワークス)中谷彰宏 フレッシュアイペディアより)

  • 四元都華咲

    四元都華咲から見たテリー伊藤テリー伊藤

    ウィークエンドミッドナイト☆パーティー終了後は旅フェアに案内役で登場した以外は、大田プロライブの司会だけだったが、1997年春に大田プロを退社、その後はフリーとなり、5月にニッポン放送の番組リポーターオーディションに受け合格、早速同局の昼ワイド番組「のってけテリー!渚の青春花吹雪」(現在のテリー伊藤のってけラジオ)のリポーターに抜擢され、芸名を牧都華咲(まきつかさ)に改名した。ちょうどその頃当時進め!電波少年(日本テレビ系)の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」で一躍有名になったお笑いコンビ猿岩石の森脇和成との恋愛が発覚し、一部の週刊誌で話題になった。"牧都華咲"でリポーターした頃はパーソナリティーであるテリー伊藤らから無茶な指令が下されるもとでリポートし、当時大ブレイクしたSHAZNAのIZAMになりすまして通りがかりの女性をだましたこともあった。四元都華咲 フレッシュアイペディアより)

  • アンラッキー後藤

    アンラッキー後藤から見たテリー伊藤テリー伊藤

    テリー伊藤の渚の青春花吹雪』アンラッキー後藤 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・ネイキッド

    ダイハツ・ネイキッドから見たテリー伊藤テリー伊藤

    2000年12月25日:軽自動車初となるディスチャージヘッドランプ(ロー・ハイビーム)、専用センターグリル、メッキパーツ、専用撥水シート生地、2トーン革巻ステアリングホイール等を装備したドレスアップグレード「ターボX」と同仕様をベースにゼブラパターンの内外装と専用装備を追加したテリー伊藤プロデュースの特別仕様車「ネイキッド-@1.(アットワン)」を発売。ダイハツ・ネイキッド フレッシュアイペディアより)

  • 日本ビデオ販売

    日本ビデオ販売から見たテリー伊藤テリー伊藤

    ソフト・オン・デマンドは、当初は日本ビデオ販売の下請けの弱小メーカーにすぎなかったが、テリー伊藤が企画に加わった「全裸シリーズ」が大ヒットし勢いを得た。このときの販売価格は1480円で、卸は70%掛けであったため、ソフト・オン・デマンド、販売店ともに利益は低かった。日本ビデオ販売の倒産後、それまでの小型のPパッケージからソフトケースに変え2980円程度に値上げしたが、それでも売れ行きは好調であった。その後、ソフト・オン・デマンドは次々にヒット作を飛ばし、アダルトビデオのトップメーカーへと成長していく。日本ビデオ販売 フレッシュアイペディアより)

  • W's

    W'sから見たテリー伊藤テリー伊藤

    Boys Check 一人なんてしぼれない 作詞:テリー伊藤、作曲:藤原いくろうW's フレッシュアイペディアより)

  • 高橋紀成

    高橋紀成から見たテリー伊藤テリー伊藤

    1995年に独立し、株式会社シーアイエーを設立。1996年テレビ東京系列でテレビ番組『出動!ミニスカポリス』をテリー伊藤と立ち上げ、自らも番組に出演して一つのブームをつくる。その後、様々なCM、テレビ番組を作り、1997年には本宮ひろ志原作『新・男樹』を映画化し、これを機に映画プロデューサーの道を歩む。高橋紀成 フレッシュアイペディアより)

294件中 41 - 50件表示

「テリー伊藤」のニューストピックワード