361件中 61 - 70件表示
  • 10億円稼ぐ

    10億円稼ぐから見たテリー伊藤テリー伊藤

    演出家・テリー伊藤の第1回監督作品。軍資金300万円を元手にして「キャラクタービジネスで10億円稼ぎ出そう」というプロジェクトを立ち上げ、2年半に渡るその活動を描いた作品である。10億円稼ぐ フレッシュアイペディアより)

  • 池田一之

    池田一之から見たテリー伊藤テリー伊藤

    1985年「天才!たけしの元気が出るテレビ」の企画「放送作家予備校」でテリー伊藤にみとめられ同番組の構成作家となる。同期の作家にはそーたにや田中直人などがいる。中学時代の同級生に映画監督犬童一心がいるため、たまに映画関係の仕事も手がける。池田一之 フレッシュアイペディアより)

  • 上田耕一郎

    上田耕一郎から見たテリー伊藤テリー伊藤

    ちなみに、バラエティ番組「浅草橋ヤング洋品店」で日本共産党が取り上げられたときにはメインゲストとして出演し、この出演がきっかけでテリー伊藤との交流が始まり、後にテリーの著書「お笑い革命・日本共産党」が刊行されるきっかけとなった。上田耕一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ニッポン放送 HAPPY FM93 『開局特別番組〜ワイドFMはじめます!』

    ニッポン放送 HAPPY FM93 『開局特別番組〜ワイドFMはじめます!』から見たテリー伊藤テリー伊藤

    パーソナリティ:垣花正アナウンサー、那須恵理子アナウンサー/ゲスト:テリー伊藤ニッポン放送 HAPPY FM93 『開局特別番組〜ワイドFMはじめます!』 フレッシュアイペディアより)

  • 田代更生

    田代更生から見たテリー伊藤テリー伊藤

    耳が大きいのが特徴で、テリー伊藤によくネタにされている。田代更生 フレッシュアイペディアより)

  • ドキュメントバラエティ

    ドキュメントバラエティから見たテリー伊藤テリー伊藤

    ドキュメントバラエティの先駆けとなったのが、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」である。ダンス甲子園、ボクシング予備校、勇気を出して初めての告白、寝込みのタレントをバズーカ砲で襲うなどの過激なロケ企画は大きな基礎となっていった。なお、この番組を演出したテリー伊藤はこの番組のヒットでテレビ業界の地位を確立していった。ドキュメントバラエティ フレッシュアイペディアより)

  • 四元都華咲

    四元都華咲から見たテリー伊藤テリー伊藤

    ウィークエンドミッドナイト☆パーティー終了後は旅フェアに案内役で登場した以外は、大田プロライブの司会だけだったが、1997年春に大田プロを退社、その後はフリーとなり、5月にニッポン放送の番組リポーターオーディションに受け合格、早速同局の昼ワイド番組「のってけテリー!渚の青春花吹雪」(現在のテリー伊藤のってけラジオ)のリポーターに抜擢され、芸名を牧都華咲(まきつかさ)に改名した。ちょうどその頃当時進め!電波少年(日本テレビ系)の「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」で一躍有名になったお笑いコンビ猿岩石の森脇和成との恋愛が発覚し、一部の週刊誌で話題になった。"牧都華咲"でリポーターした頃はパーソナリティーであるテリー伊藤らから無茶な指令が下されるもとでリポートし、当時大ブレイクしたSHAZNAのIZAMになりすまして通りがかりの女性をだましたこともあった。四元都華咲 フレッシュアイペディアより)

  • 清水草一

    清水草一から見たテリー伊藤テリー伊藤

    近年は2005年11月に自らが興した編集プロダクション、有限会社フォッケウルフの代表取締役社長を務める他、テリー伊藤との共著「間違えっぱなしのクルマ選び」シリーズ(ロコモーション・パブリッシング刊)で、それぞれ独自の視点からクルマを評価している。清水草一 フレッシュアイペディアより)

  • バリューナイトフィーバー

    バリューナイトフィーバーから見たテリー伊藤テリー伊藤

    2002年4月 - 10月放送の『マスクマン!』(テリー伊藤演出)の企画「プラトニックラブ」の流用。バリューナイトフィーバー フレッシュアイペディアより)

  • 名門パープリン大学日本校

    名門パープリン大学日本校から見たテリー伊藤テリー伊藤

    演出は、『浅草橋ヤング洋品店』を手掛けたテリー伊藤で、『浅ヤン』の兄弟番組とも呼べる。リポーターには、当時、選挙での落選が話題となった日本社会党の上田哲から芸人の坂田利夫まで幅広い人選がなされた。『浅ヤン』と違い、ファッションなどの決まったコンセプトがほとんど無く、テリー伊藤が担当していた他の番組で過激すぎて不採用になった企画などを寄せ集めて作られていた。その結果、『浅ヤン』どころか、『お笑いウルトラクイズ』に勝るとも劣らない過激で破天荒な、アナーキーさ満載の、現在では深夜番組でも放送不可能であろう「伝説の番組」である。テリー本人は、やりたい事が思うように出来た、と自らが関わった番組の中でも最も好きだった番組と公言している。しかし、放送作家の喰始は、「タイトルを聞いただけで打ち切りが判るような番組で、案の定1クールで終わった」と『デキビジ』で語っていた。名門パープリン大学日本校 フレッシュアイペディアより)

361件中 61 - 70件表示

「テリー伊藤」のニューストピックワード