138件中 91 - 100件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たハイビジョン

    2005年現在、地上デジタル放送への移行期を迎えて、ビデオでの撮影もNTSCからハイビジョンで収録するものが増えつつある。そのため、最近ではアナログ放送で放送する場合、NHKのドラマ全般(2005年4月 - )やテレビ朝日の木曜9時のドラマと「金曜ナイトドラマ」は、上下に少し黒帯の付く13:9のワイド画面で放送したりする。また、日本テレビ(2005年7月 - )とTBS(2004年10月 - )やフジテレビ(2004年1月 - )などでは、上下に若干黒帯が付く(ブラウン管テレビでは見えない)。テレビ朝日の木曜9時ドラマと「金曜ナイトドラマ」以外については、両端をカットして放送しているため、アナログ放送の画角4:3画面いっぱいで放送される。またフジテレビでは、アナログ向けとデジタル向けで別の収録テープに分けて放送している(画角に合わせてエンドロール等のテロップの位置を変えてある)ため、地方局での再放送や他系列放送の場合、機材の都合上アナログ向けとデジタル向けの2択を迫られることになる。前者の場合、デジタル放送でも標準画質でしか放送できないが、後者の場合、デジタル放送ではフルサイズ、アナログ放送ではレターボックスでの放送となる。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た出汁

    モノクロ時代は消え物(料理)はそれらしく見えればいいということで、すき焼きを食べているシーンなのに食べているのは出汁の味しかしない物だった、本物が出てきたのはカラーになってからだった、と黒柳徹子は語っている。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た在籍者 (学習者)

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝9時から10時までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。これは「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり「高速戦隊ターボレンジャー」に至るまでの土曜夕刻放送枠を移動させたもの。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た刑事ドラマ

    1970年代も半ばを過ぎると、これまでのビデオカメラのコストと技術的制約もなくなり、フィルムからビデオでの撮影に徐々に移行することとなった。フィルムが必要とする現像の手間以外だけでなく、ビデオ編集用の機材の発達と何よりもコストの問題で、映画会社系の制作会社もビデオ撮影を採用し始め、1990年代後半からフィルムで撮影されたドラマは激減。2000年代初頭には、刑事ドラマや時代劇もビデオ撮影に移行して、フィルム撮影はほぼ姿を消した(日本と違ってフィルムへのこだわりが強い欧米では大型テレビドラマの場合35ミリ映画用カメラを使ったフィルム撮影の方が主流である)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たインタビュー

    放送されるテレビ局では、新たなドラマに関して、初回放送まで様々な宣伝(PR)活動をしている。主に出演者のインタビューや、撮影風景の密着取材を放送する事前特番(特別番組)が放送される。しかし、2000年代頃からはそれらに加え、放送日の1週間くらい前から主演級俳優らがバラエティー番組に立て続けにゲスト出演し、PRを行なう。また放送当日の朝の情報ワイドショー番組から夕方の報道番組まで立て続けにゲスト生出演(「はしご」)している(土日に放送されるドラマの場合、特に日曜日は生放送番組が少ないため金曜日に生出演している)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た女と愛とミステリー

    地上波民放系のドラマ番組で、唯一BSデジタルでの先行放送が行われていた「女と愛とミステリー」(テレビ東京系)は、2001年1月の番組発足以来、一貫して16:9のハイビジョン放送を実施していたBSジャパンと技術的な制約で、デジタル放送開始後も4:3の標準画質で収録されたテープをアップコンバートせざるを得なかったテレビ東京(とその系列局)では、テロップ(サブタイトル・エンドロールなど)の挿入位置及びレイアウトが異なっていた。しかし、後継番組である「水曜ミステリー9(BSミステリー)」に関しては、2005年4月の開始時点でハイビジョン放送(デジタル帯)とサイドカット処理(アナログ帯)を同時進行させるために必要な送出マスターの更新が完了していたこともあり、テープの「作り分け」は行われていない。差し替えタイトル(→「BSミステリー」)が入るBSジャパンのサイマル放送(ハイビジョン画質)でも、地上波と同じ仕様で収録されたテープが基本的には使われているが、他系列向けに納品されているテープはその限りではなく、前番組同様複数の収録方式(ハイビジョン・SDサイドカット・SDレターボックスなど)が混在している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たスタジオ

    よって、放送作家のユーモアのセンス、また俳優たちの(アドリブも含めた)掛けあいの妙技に依っているテレビ番組である。撮影は、テレビ局内のスタジオに設けられたセットで行われるが、しばしば、セットを斜め上から見下ろせる階段状の観客席が設置してあり、そこに多数の観客が座って見ている中で行われる。このように撮影することで、俳優の演技に対する観客の反応がリアルタイムに俳優にも現場監督にも把握できるという利点がある。笑いをとる目的で書かれた台詞に対する観客の反応が良くない場合は、現場の監督が撮り直しを命じる。俳優は観客が笑えるように台詞の抑揚やジェスチャーや表情の修正を何度も繰り返す。どうしても笑いを取れない場合はその部分を削除する場合もある。こうした撮影の観客はしばしば、観光地の前などで集められたボランティアである。観客の側にとっては無料で俳優の生の演技を楽しむことができ、テレビ局の側にとっては数百名もの人を「テスト視聴者」として利用して番組の質向上を図れる。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た木枯し紋次郎

    C.A.L - 時代劇を主とする。代表作は『水戸黄門』と『大岡越前』、『木枯し紋次郎』。また、『走れ!ケー100』など現代劇の製作も手掛けた。東映京都撮影所に孫受けさせる例が多い。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た児童向けドラマ

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝9時から10時までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。これは「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり「高速戦隊ターボレンジャー」に至るまでの土曜夕刻放送枠を移動させたもの。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たテレビ番組

    テレビドラマとは、テレビ番組の一種で、ドラマ形式のもののこと。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

138件中 91 - 100件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード