138件中 11 - 20件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たフジテレビジョン

    数あるテレビドラマの中でも、特にフジテレビ系列で月曜日午後9時から放送されるテレビドラマは「月9(げつく、げっく)」、TBSで日曜日午後9時から放送されるテレビドラマ(日曜劇場)は「)」、日本テレビ系列で土曜日午後9時から放送されるテレビドラマ(日本テレビの土曜ドラマ)は「土9(ドック・ドキュウ・ツチク 等 )」と呼ばれ、高視聴率を記録した作品を数多く残している。また、午前に放映されるテレビドラマの中でも、NHK総合テレビの連続テレビ小説(朝ドラ)は人気があり、特にヒロインを演じた女性俳優(新人であることが少なくない)がその出演を期に各局でプライムタイムのドラマ等に出演するようになることが少なくないため「登竜門」と言う言われ方をすることもある。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たフジテレビ

    大きな人気や高い評価を受けた作品の場合、新たに劇場公開用の映画作品として製作されることがある。テレビ放送初期は『三匹の侍』、『若者たち』のようなテレビ局のディレクターが映画版でも監督を務めるなどの一部スタッフの関わりを除けばテレビ局が関与しないことがほとんどであったが(テレビドラマ作品を「原作」として扱った)、1969年に映画『御用金』でフジテレビがテレビ局として初めて映画製作を手がけたことを皮切りに、テレビ局は映画事業に本格的に進出。現在ではテレビ局が主体となってテレビドラマ作品(特に連続ドラマ)の世界観を継承した新たなエピソードを、映画作品として製作するケースが多くみられる。その一方で近年では、テレビドラマ作品そのものが、再編集を経るか、またはそのままの形で劇場公開されるケースもある(単発ドラマにみられる)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たフジ・メディア・ホールディングス

    共同テレビジョン - フジテレビを傘下に置くフジ・メディア・ホールディングスの子会社。元はニュース専門制作会社だったが、バラエティやドラマにも進出した。主にフジテレビのドラマ・バラエティ・情報番組などの制作・技術協力を行う。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たテレビ東京

    地上波民放系のドラマ番組で、唯一BSデジタルでの先行放送が行われていた「女と愛とミステリー」(テレビ東京系)は、2001年1月の番組発足以来、一貫して16:9のハイビジョン放送を実施していたBSジャパンと技術的な制約で、デジタル放送開始後も4:3の標準画質で収録されたテープをアップコンバートせざるを得なかったテレビ東京(とその系列局)では、テロップ(サブタイトル・エンドロールなど)の挿入位置及びレイアウトが異なっていた。しかし、後継番組である「水曜ミステリー9(BSミステリー)」に関しては、2005年4月の開始時点でハイビジョン放送(デジタル帯)とサイドカット処理(アナログ帯)を同時進行させるために必要な送出マスターの更新が完了していたこともあり、テープの「作り分け」は行われていない。差し替えタイトル(→「BSミステリー」)が入るBSジャパンのサイマル放送(ハイビジョン画質)でも、地上波と同じ仕様で収録されたテープが基本的には使われているが、他系列向けに納品されているテープはその限りではなく、前番組同様複数の収録方式(ハイビジョン・SDサイドカット・SDレターボックスなど)が混在している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たパナソニック

    近年ではハイビジョン収録の普及により、プログレッシブカメラ(30pカメラなどと呼ばれる)を用いて撮影したり、シネライクガンマ(2003年に松下電器産業(現・パナソニック)が開発)というデジタル補正技術で画質を調整したりすることによって、従来のビデオ撮影とは異なった、映画フィルムのような階調の映像で放送される作品が多くなっている。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たホリプロ

    メディアミックス・ジャパン - 略称MMJ。1990年代から多くの作品を制作している。ホリプロやケイダッシュとの関係が強い。テレビ朝日と密接的な関係を持っており、同局や関西テレビの連続ドラマ製作を主軸とする。主な代表作は『君の手がささやいている』や『特命係長 只野仁』『チーム・バチスタの栄光』など。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た怪奇現象

    アメリカのテレビドラマで根強い人気を持っているジャンルのひとつに、「怪奇現象もの」(超常現象もの)、「ミステリー」や「ホラーサスペンス」などと呼ばれるものがある。物語中で常識では理解できないようなこと(超常現象、怪奇現象、不可思議)が起き、視聴者はその謎の深さや恐怖を感じることを楽しむ、というものである。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た超常現象

    アメリカのテレビドラマで根強い人気を持っているジャンルのひとつに、「怪奇現象もの」(超常現象もの)、「ミステリー」や「ホラーサスペンス」などと呼ばれるものがある。物語中で常識では理解できないようなこと(超常現象、怪奇現象、不可思議)が起き、視聴者はその謎の深さや恐怖を感じることを楽しむ、というものである。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たフランキー堺

    ビデオは、1956年にアメリカ合衆国で2インチVTRが開発され、2年後の1958年には、日本に初輸入され、国産のビデオも開発された。同年6月、大阪テレビ放送(OTV、現・ABC)の『ちんどん屋の天使』において、日本で初めてテレビドラマにビデオテープが使用された。そして同年10月、ラジオ東京テレビ(KRT、現・TBS)の『私は貝になりたい』(主演:フランキー堺)では、本格的にビデオ録画が実用化され、技術的な先駈けとなった。また、その年の芸術祭賞を受賞し、それまで「電気紙芝居」と酷評されたテレビドラマが初めて人を感動させたとして、テレビドラマ史上に残る重要作品と位置付けられている。当初はビデオ機材もビデオテープも高価だったが、やがて普及していき、ドラマも生放送から収録する形態へと変わっていった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た大映

    NHKのドラマはNHKですべて制作していたのに対して、民放では1950年代から外部の制作会社が制作したテレビドラマを放送した。それらは当初「テレビ映画」とも称され、劇場映画を作ってきたスタッフが制作にあたり、撮影もフィルムで行なわれた。大手では、1959年に東映が出資したテレビ局NET(現・テレビ朝日)で、さらに1962年には新東宝を前身とする国際放映がTBSで、テレビ映画の制作に進出している。東宝、大映、松竹など他の大手も続いてテレビ進出したものの、たとえば東宝は1980年に至るまで自社製作のテレビ映画については、傍系の東宝ビルドを使ったり、傘下の国際放映に孫受けさせたり、本拠地の砧撮影所を極力使わない差別的な姿勢を貫くなど、東映に比べると本腰が入っていなかった。また、特撮ものは、合成などのノウハウが蓄積されているフィルムでの撮影が主となっていた。詳しくはテレビ映画を参照。これに対し、VTRによるドラマはスタジオドラマと呼び分けられた。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

138件中 11 - 20件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード