138件中 61 - 70件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た男女7人夏物語

    テレパック - TBSや渡辺プロダクションなどの出資によって設立。1970年代は『肝っ玉かあさん』や『ありがとう』などホームドラマの制作を得意分野としていたが、『男女7人夏物語』や『男女7人秋物語』など恋愛ものの作品も手掛けた。近年は2時間ドラマの制作を主軸とする。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た物語

    アメリカ人プロデューサーであるデーブ・スペクターは、日本のテレビドラマについて「(今のドラマは)演技も良くないし、物語に工夫がない」とし、その理由として「力のある芸能プロダクションが売り込む俳優・女優・タレントを使わざるを得ない業界構造がある」と述べた。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たCSI:科学捜査班

    CSI:科学捜査班』(2000- ) テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た少女に何が起ったか

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た若者たち

    大きな人気や高い評価を受けた作品の場合、新たに劇場公開用の映画作品として製作されることがある。テレビ放送初期は『三匹の侍』、『若者たち』のようなテレビ局のディレクターが映画版でも監督を務めるなどの一部スタッフの関わりを除けばテレビ局が関与しないことがほとんどであったが(テレビドラマ作品を「原作」として扱った)、1969年に映画『御用金』でフジテレビがテレビ局として初めて映画製作を手がけたことを皮切りに、テレビ局は映画事業に本格的に進出。現在ではテレビ局が主体となってテレビドラマ作品(特に連続ドラマ)の世界観を継承した新たなエピソードを、映画作品として製作するケースが多くみられる。その一方で近年では、テレビドラマ作品そのものが、再編集を経るか、またはそのままの形で劇場公開されるケースもある(単発ドラマにみられる)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たスチュワーデス物語

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た時代劇

    1970年代も半ばを過ぎると、これまでのビデオカメラのコストと技術的制約もなくなり、フィルムからビデオでの撮影に徐々に移行することとなった。フィルムが必要とする現像の手間以外だけでなく、ビデオ編集用の機材の発達と何よりもコストの問題で、映画会社系の制作会社もビデオ撮影を採用し始め、1990年代後半からフィルムで撮影されたドラマは激減。2000年代初頭には、刑事ドラマや時代劇もビデオ撮影に移行して、フィルム撮影はほぼ姿を消した(日本と違ってフィルムへのこだわりが強い欧米では大型テレビドラマの場合35ミリ映画用カメラを使ったフィルム撮影の方が主流である)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た家庭

    米国のテレビドラマでは、ひとつの定番は、米国では「sitcom(シットコム)」などと呼ばれているコメディドラマ(シチュエーションコメディ)で、内容としては、毎回、いかにも米国にありそうな「家庭」(のセット)が舞台になっていて、おきまりの家族の面々が登場し、日常生活を送るなかで、間の抜けた失敗をしたり、間の抜けた(視聴者が思わず笑ってしまうような)会話をし、(しばしば米国人流の大きなジェスチャーとともに)おかしな台詞が言われるたびに、テレビ音声としても(画面内の「家庭」にいるはずのない、架空の多数の観客の)「アハハハ..」といった笑い声(の合唱)が聞こえる、というタイプのドラマである。登場人物の中に、やたらと「おませ」な子供がひとりいて、その子が言う台詞によって、(普段、大人自身実はうすうす気付いているのだが、気付かないフリをしているような)大人の愚かさが浮き彫りにされ 笑いを誘う、というのはしばしば使われるパターンである。舞台が家庭ではなく学校になっていて同級生たちが登場するもの、また舞台が職場になっていて職場の同僚同士が馬鹿馬鹿しく笑えてしまうような会話をする、というタイプもある。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た私は貝になりたい

    ビデオは、1956年にアメリカ合衆国で2インチVTRが開発され、2年後の1958年には、日本に初輸入され、国産のビデオも開発された。同年6月、大阪テレビ放送(OTV、現・ABC)の『ちんどん屋の天使』において、日本で初めてテレビドラマにビデオテープが使用された。そして同年10月、ラジオ東京テレビ(KRT、現・TBS)の『私は貝になりたい』(主演:フランキー堺)では、本格的にビデオ録画が実用化され、技術的な先駈けとなった。また、その年の芸術祭賞を受賞し、それまで「電気紙芝居」と酷評されたテレビドラマが初めて人を感動させたとして、テレビドラマ史上に残る重要作品と位置付けられている。当初はビデオ機材もビデオテープも高価だったが、やがて普及していき、ドラマも生放送から収録する形態へと変わっていった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た不可思議

    アメリカのテレビドラマで根強い人気を持っているジャンルのひとつに、「怪奇現象もの」(超常現象もの)、「ミステリー」や「ホラーサスペンス」などと呼ばれるものがある。物語中で常識では理解できないようなこと(超常現象、怪奇現象、不可思議)が起き、視聴者はその謎の深さや恐怖を感じることを楽しむ、というものである。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

138件中 61 - 70件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード