113件中 61 - 70件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た不良少女とよばれて

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た五社協定

    ラジオ放送を行なっていたNHKと民放テレビ局は、ラジオドラマを制作するために自前の放送劇団を組織して専属の俳優を持っていた。テレビの草創期は芸能プロダクションが未発達だったこともあり、その初期はラジオ時代と同様にNHKが自前でタレントを養成して、ドラマやバラエティに出演させた。また、五社協定により映画会社所属の俳優のテレビ出演に制限があったため、新劇の俳優を多く使ってきた。その後は、芸能プロダクションが隆盛。養成機関で演技の訓練を受けていないタレントがドラマに出演したり、人気俳優を抱えるプロダクションが、配役に影響力を及ぼすことも多い。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たSUPERヒーロータイム

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送や、『中学生日記』の時間枠として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝7時半から8時半までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た東宝スタジオ

    東宝 - 映画会社であるが、『太陽にほえろ!』や『傷だらけの天使』といった連続ドラマの制作会社としても知られる。日本テレビの土曜ドラマの製作を行っている(『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』など)。世田谷区に日本最大の撮影所である東宝スタジオを持ち、1970年代まではたとえ閑古鳥が鳴いても原則ここを映画にしか使わせなかった(テレビ映画を東宝で受注しても国際放映などに孫受けさせた)が、近年は一転してバラエティでさえ使用可となっている。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た少女に何が起ったか

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た若者たち

    大きな人気や高い評価を受けた作品の場合、新たに劇場公開用の映画作品として製作されることがある。テレビ放送初期は『三匹の侍』、『若者たち』のようなテレビ局のディレクターが映画版でも監督を務めるなどの一部スタッフの関わりを除けばテレビ局が関与しないことがほとんどであったが(テレビドラマ作品を「原作」として扱った)、1969年に映画『御用金』でフジテレビがテレビ局として初めて映画製作を手がけたことを皮切りに、テレビ局は映画事業に本格的に進出。現在ではテレビ局が主体となってテレビドラマ作品(特に連続ドラマ)の世界観を継承した新たなエピソードを、映画作品として製作するケースが多くみられる。その一方で近年では、テレビドラマ作品そのものが、再編集を経るか、またはそのままの形で劇場公開されるケースもある(単発ドラマにみられる)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たスチュワーデス物語

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た時代劇

    1970年代も半ばを過ぎると、これまでのビデオカメラのコストと技術的制約もなくなり、フィルムからビデオでの撮影に徐々に移行することとなった。フィルムが必要とする現像の手間以外だけでなく、ビデオ編集用の機材の発達と何よりもコストの問題で、映画会社系の制作会社もビデオ撮影を採用し始め、1990年代後半からフィルムで撮影されたドラマは激減。2000年代初頭には、刑事ドラマや時代劇もビデオ撮影に移行して、フィルム撮影はほぼ姿を消した(日本と違ってフィルムへのこだわりが強い欧米では大型テレビドラマの場合35ミリ映画用カメラを使ったフィルム撮影の方が主流である)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た三匹の侍

    大きな人気や高い評価を受けた作品の場合、新たに劇場公開用の映画作品として製作されることがある。テレビ放送初期は『三匹の侍』、『若者たち』のようなテレビ局のディレクターが映画版でも監督を務めるなどの一部スタッフの関わりを除けばテレビ局が関与しないことがほとんどであったが(テレビドラマ作品を「原作」として扱った)、1969年に映画『御用金』でフジテレビがテレビ局として初めて映画製作を手がけたことを皮切りに、テレビ局は映画事業に本格的に進出。現在ではテレビ局が主体となってテレビドラマ作品(特に連続ドラマ)の世界観を継承した新たなエピソードを、映画作品として製作するケースが多くみられる。その一方で近年では、テレビドラマ作品そのものが、再編集を経るか、またはそのままの形で劇場公開されるケースもある(単発ドラマにみられる)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たありがとう (テレビドラマ)

    テレパック - TBSや渡辺プロダクションなどの出資によって設立。1970年代は『肝っ玉かあさん』や『ありがとう』などホームドラマの制作を得意分野としていたが、『男女7人夏物語』や『男女7人秋物語』など恋愛ものの作品も手掛けた。近年は2時間ドラマの制作を主軸とする。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

113件中 61 - 70件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード