138件中 71 - 80件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たヤヌスの鏡

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た家族

    2000年以降には様々な公的捜査機関のチームが殺人事件の捜査を行う、といった筋書きのドラマが増えた。従来のような「警察の殺人課」所属の警官(いわゆる「刑事」)に限らず、(日本とは違い、さまざまな公的捜査機関が並立(乱立)しているアメリカ事情を反映させて)さまざまな公的な捜査機関のエージェント(捜査官)を描くものが登場したのである。結果、「犯罪ドラマ」「crime(犯罪)もの」という、新たなくくりでとらえられることになったわけだが、これは(アメリカの治安の悪さ、犯罪の多さ、などといった世相を反映して)視聴率が比較的高いので、結果として多数作られている。事件だけでなく、捜査官の側の人生模様、家族にまつわる物語なども並行的に描くものが多い。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た新劇

    ラジオ放送を行なっていたNHKと民放テレビ局は、ラジオドラマを制作するために自前の放送劇団を組織して専属の俳優を持っていた。テレビの草創期は芸能プロダクションが未発達だったこともあり、その初期はラジオ時代と同様にNHKが自前でタレントを養成して、ドラマやバラエティに出演させた。また、五社協定により映画会社所属の俳優のテレビ出演に制限があったため、新劇の俳優を多く使ってきた。その後は、芸能プロダクションが隆盛。養成機関で演技の訓練を受けていないタレントがドラマに出演したり、人気俳優を抱えるプロダクションが、配役に影響力を及ぼすことも多い。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た宣伝

    放送されるテレビ局では、新たなドラマに関して、初回放送まで様々な宣伝(PR)活動をしている。主に出演者のインタビューや、撮影風景の密着取材を放送する事前特番(特別番組)が放送される。しかし、2000年代頃からはそれらに加え、放送日の1週間くらい前から主演級俳優らがバラエティー番組に立て続けにゲスト出演し、PRを行なう。また放送当日の朝の情報ワイドショー番組から夕方の報道番組まで立て続けにゲスト生出演(「はしご」)している(土日に放送されるドラマの場合、特に日曜日は生放送番組が少ないため金曜日に生出演している)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た子供番組

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝9時から10時までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。これは「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり「高速戦隊ターボレンジャー」に至るまでの土曜夕刻放送枠を移動させたもの。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たL.A.ロー 七人の弁護士

    L\.A\.ロー 七人の弁護士』(1986-1994)テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た木下恵介・人間の歌シリーズ

    ドリマックス・テレビジョン - 松竹の映画監督木下恵介とTBSなどが、1964年に「木下恵介プロダクション」として創立。設立当初からTBSと密接的な関係を持ち、『木下恵介アワー』や『木下恵介・人間の歌シリーズ』といった放送枠を設けていた。その後「木下プロダクション」に社名を変更してからも『金曜日の妻たちへシリーズ』や『サラリーマン金太郎』などのヒット作を生み出した。2002年にTBSの連結子会社となったのを機に、現在の「ドリマックス・テレビジョン」という社名に変更した。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たユーモア

    よって、放送作家のユーモアのセンス、また俳優たちの(アドリブも含めた)掛けあいの妙技に依っているテレビ番組である。撮影は、テレビ局内のスタジオに設けられたセットで行われるが、しばしば、セットを斜め上から見下ろせる階段状の観客席が設置してあり、そこに多数の観客が座って見ている中で行われる。このように撮影することで、俳優の演技に対する観客の反応がリアルタイムに俳優にも現場監督にも把握できるという利点がある。笑いをとる目的で書かれた台詞に対する観客の反応が良くない場合は、現場の監督が撮り直しを命じる。俳優は観客が笑えるように台詞の抑揚やジェスチャーや表情の修正を何度も繰り返す。どうしても笑いを取れない場合はその部分を削除する場合もある。こうした撮影の観客はしばしば、観光地の前などで集められたボランティアである。観客の側にとっては無料で俳優の生の演技を楽しむことができ、テレビ局の側にとっては数百名もの人を「テスト視聴者」として利用して番組の質向上を図れる。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た演技

    アメリカ人プロデューサーであるデーブ・スペクターは、日本のテレビドラマについて「(今のドラマは)演技も良くないし、物語に工夫がない」とし、その理由として「力のある芸能プロダクションが売り込む俳優・女優・タレントを使わざるを得ない業界構造がある」と述べた。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た放送作家

    よって、放送作家のユーモアのセンス、また俳優たちの(アドリブも含めた)掛けあいの妙技に依っているテレビ番組である。撮影は、テレビ局内のスタジオに設けられたセットで行われるが、しばしば、セットを斜め上から見下ろせる階段状の観客席が設置してあり、そこに多数の観客が座って見ている中で行われる。このように撮影することで、俳優の演技に対する観客の反応がリアルタイムに俳優にも現場監督にも把握できるという利点がある。笑いをとる目的で書かれた台詞に対する観客の反応が良くない場合は、現場の監督が撮り直しを命じる。俳優は観客が笑えるように台詞の抑揚やジェスチャーや表情の修正を何度も繰り返す。どうしても笑いを取れない場合はその部分を削除する場合もある。こうした撮影の観客はしばしば、観光地の前などで集められたボランティアである。観客の側にとっては無料で俳優の生の演技を楽しむことができ、テレビ局の側にとっては数百名もの人を「テスト視聴者」として利用して番組の質向上を図れる。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

138件中 71 - 80件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード