113件中 71 - 80件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た東映京都撮影所

    C.A.L - 時代劇を主とする。代表作は『水戸黄門』と『大岡越前』、『木枯し紋次郎』。また、『走れ!ケー100』など現代劇の製作も手掛けた。東映京都撮影所に孫受けさせる例が多い。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た私は貝になりたい

    ビデオは、1956年にアメリカ合衆国で2インチVTRが開発され、2年後の1958年には、日本に初輸入され、国産のビデオも開発された。同年6月、大阪テレビ放送(OTV、現・ABC)の『ちんどん屋の天使』において、日本で初めてテレビドラマにビデオテープが使用された。そして同年10月、ラジオ東京テレビ(KRT、現・TBS)の『私は貝になりたい』(主演:フランキー堺)では、本格的にビデオ録画が実用化され、技術的な先駈けとなった。また、その年の芸術祭賞を受賞し、それまで「電気紙芝居」と酷評されたテレビドラマが初めて人を感動させたとして、テレビドラマ史上に残る名作と位置付けられている。当初はビデオ機材もビデオテープも高価だったが、やがて普及していき、ドラマも生放送から収録する形態へと変わっていった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た日本

    ビデオは、1956年にアメリカ合衆国で2インチVTRが開発され、2年後の1958年には、日本に初輸入され、国産のビデオも開発された。同年6月、大阪テレビ放送(OTV、現・ABC)の『ちんどん屋の天使』において、日本で初めてテレビドラマにビデオテープが使用された。そして同年10月、ラジオ東京テレビ(KRT、現・TBS)の『私は貝になりたい』(主演:フランキー堺)では、本格的にビデオ録画が実用化され、技術的な先駈けとなった。また、その年の芸術祭賞を受賞し、それまで「電気紙芝居」と酷評されたテレビドラマが初めて人を感動させたとして、テレビドラマ史上に残る名作と位置付けられている。当初はビデオ機材もビデオテープも高価だったが、やがて普及していき、ドラマも生放送から収録する形態へと変わっていった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たザ・ガードマン

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た木下恵介アワー

    ドリマックス・テレビジョン - 松竹の映画監督木下恵介とTBSなどが、1964年に「木下恵介プロダクション」として創立。設立当初からTBSと密接的な関係を持ち、『木下恵介アワー』や『木下恵介・人間の歌シリーズ』といった放送枠を設けていた。その後「木下プロダクション」に社名を変更してからも『金曜日の妻たちへシリーズ』や『サラリーマン金太郎』などのヒット作を生み出した。2002年にTBSの連結子会社となったのを機に、現在の「ドリマックス・テレビジョン」という社名に変更した。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たNTSC

    2005年現在、地上デジタル放送への移行期を迎えて、ビデオでの撮影もNTSCからハイビジョンで収録するものが増えつつある。そのため、最近ではアナログ放送で放送する場合、NHKのドラマ全般(2005年4月 - )やテレビ朝日の木曜9時のドラマと「金曜ナイトドラマ」は、上下に少し黒帯の付く13:9のワイド画面で放送したりする。また、日本テレビ(2005年7月 - )とTBS(2004年10月 - )やフジテレビ(2004年1月 - )などでは、上下に若干黒帯が付く(ブラウン管テレビでは見えない)。テレビ朝日の木曜9時ドラマと「金曜ナイトドラマ」以外については、両端をカットして放送しているため、アナログ放送の画角4:3画面いっぱいで放送される。またフジテレビでは、アナログ向けとデジタル向けで別の収録テープに分けて放送している(画角に合わせてエンドロール等のテロップの位置を変えてある)ため、地方局での再放送や他系列放送の場合、機材の都合上アナログ向けとデジタル向けの2択を迫られることになる。前者の場合、デジタル放送でも標準画質でしか放送できないが、後者の場合、デジタル放送ではフルサイズ、アナログ放送ではレターボックスでの放送となる。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たケンちゃんシリーズ

    国際放映 - 前身は映画会社新東宝。現在は東宝の傍系。同じく世田谷区に東京メディアシティというスタジオを構える。代表作は『ケンちゃんシリーズ』、『渥美清の泣いてたまるか』など。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たヤヌスの鏡

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たフィクション

    なお、ラストに「このドラマはフィクションです」の字幕が出ることも多い。完全な実録以外の作品では、何らかの形でこの種の字幕が表示される。ただし、その対象は現代もしくは近過去(高度成長期以降)を扱った作品が主となり、時代劇でこの字幕が出ることは少ない。また、NHKの場合、ストーリーがフィクションである場合を含め、この字幕は表示されない傾向にある。なお、1970年頃までは表示されなかったドラマがほとんどであった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た特命係長・只野仁

    メディアミックス・ジャパン - 略称MMJ。1990年代から多くの作品を制作している。ホリプロやケイダッシュとの関係が強い。テレビ朝日と密接的な関係を持っており、同局や関西テレビの連続ドラマ製作を主軸とする。主な代表作は『君の手がささやいている』や『特命係長・只野仁』『チーム・バチスタの栄光』など。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

113件中 71 - 80件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード