138件中 81 - 90件表示
  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たBSジャパン

    地上波民放系のドラマ番組で、唯一BSデジタルでの先行放送が行われていた「女と愛とミステリー」(テレビ東京系)は、2001年1月の番組発足以来、一貫して16:9のハイビジョン放送を実施していたBSジャパンと技術的な制約で、デジタル放送開始後も4:3の標準画質で収録されたテープをアップコンバートせざるを得なかったテレビ東京(とその系列局)では、テロップ(サブタイトル・エンドロールなど)の挿入位置及びレイアウトが異なっていた。しかし、後継番組である「水曜ミステリー9(BSミステリー)」に関しては、2005年4月の開始時点でハイビジョン放送(デジタル帯)とサイドカット処理(アナログ帯)を同時進行させるために必要な送出マスターの更新が完了していたこともあり、テープの「作り分け」は行われていない。差し替えタイトル(→「BSミステリー」)が入るBSジャパンのサイマル放送(ハイビジョン画質)でも、地上波と同じ仕様で収録されたテープが基本的には使われているが、他系列向けに納品されているテープはその限りではなく、前番組同様複数の収録方式(ハイビジョン・SDサイドカット・SDレターボックスなど)が混在している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た学校放送

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝9時から10時までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。これは「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり「高速戦隊ターボレンジャー」に至るまでの土曜夕刻放送枠を移動させたもの。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た芸術祭 (文化庁)

    ビデオは、1956年にアメリカ合衆国で2インチVTRが開発され、2年後の1958年には、日本に初輸入され、国産のビデオも開発された。同年6月、大阪テレビ放送(OTV、現・ABC)の『ちんどん屋の天使』において、日本で初めてテレビドラマにビデオテープが使用された。そして同年10月、ラジオ東京テレビ(KRT、現・TBS)の『私は貝になりたい』(主演:フランキー堺)では、本格的にビデオ録画が実用化され、技術的な先駈けとなった。また、その年の芸術祭賞を受賞し、それまで「電気紙芝居」と酷評されたテレビドラマが初めて人を感動させたとして、テレビドラマ史上に残る重要作品と位置付けられている。当初はビデオ機材もビデオテープも高価だったが、やがて普及していき、ドラマも生放送から収録する形態へと変わっていった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た走れ!ケー100

    C.A.L - 時代劇を主とする。代表作は『水戸黄門』と『大岡越前』、『木枯し紋次郎』。また、『走れ!ケー100』など現代劇の製作も手掛けた。東映京都撮影所に孫受けさせる例が多い。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た秘密戦隊ゴレンジャー

    子供番組としての30分程度のドラマ(児童向けドラマ)も、1980年代までは比較的多く製作されていた。現在では、NHK教育テレビにおいて、道徳教育ドラマを就学年齢の児童、生徒向けの学校放送として放送している。またテレビ朝日では、日曜朝9時から10時までの1時間枠を「SUPERヒーロータイム」と称し、未就学児童をコア・ターゲットとしたいわゆる「特撮」ドラマを放送している。これは「秘密戦隊ゴレンジャー」に始まり「高速戦隊ターボレンジャー」に至るまでの土曜夕刻放送枠を移動させたもの。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た16mmフィルム

    1970年代までにビデオテープで収録されたテレビドラマの中には、原盤ビデオテープが別の番組撮影に使われて上書きされたことにより、映像が失われたものも少なくない。また、当初は撮影機材の大きさと、カメラの感度の低さから、照明を煌々と照らしたスタジオ内で演技するより他なく、屋外の情景はスタジオ内でのセットで再現していた。どうしても屋外でのロケが必要な場合は、ビデオでの撮影を諦めて、16mmフィルムで撮影することもあった。そのため本編中にビデオ映像とフィルム映像が混在し画調や画質、場合によっては音質においても不連続が発生することがかつては多く見られた。いわゆるホームドラマはこうした技術的制約の苦肉の産物でもあった。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たジェスチャー

    米国のテレビドラマでは、ひとつの定番は、米国では「sitcom(シットコム)」などと呼ばれているコメディドラマ(シチュエーションコメディ)で、内容としては、毎回、いかにも米国にありそうな「家庭」(のセット)が舞台になっていて、おきまりの家族の面々が登場し、日常生活を送るなかで、間の抜けた失敗をしたり、間の抜けた(視聴者が思わず笑ってしまうような)会話をし、(しばしば米国人流の大きなジェスチャーとともに)おかしな台詞が言われるたびに、テレビ音声としても(画面内の「家庭」にいるはずのない、架空の多数の観客の)「アハハハ..」といった笑い声(の合唱)が聞こえる、というタイプのドラマである。登場人物の中に、やたらと「おませ」な子供がひとりいて、その子が言う台詞によって、(普段、大人自身実はうすうす気付いているのだが、気付かないフリをしているような)大人の愚かさが浮き彫りにされ 笑いを誘う、というのはしばしば使われるパターンである。舞台が家庭ではなく学校になっていて同級生たちが登場するもの、また舞台が職場になっていて職場の同僚同士が馬鹿馬鹿しく笑えてしまうような会話をする、というタイプもある。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た赤いシリーズ

    大映テレビ - 元々は映画会社大映のテレビ部として設立され、『ザ・ガードマン』や『おくさまは18歳』などの制作に関ったが、1971年に大映本社から分離・再設立された。1970年代にTBS系列で放送した「赤いシリーズ」や、1980年代にTBS系列、フジテレビ系列で放送した「少女シリーズ」(『スチュワーデス物語』、『不良少女とよばれて』、『少女に何が起ったか』、『ヤヌスの鏡』など)といった代表作を生み出した。現在は専ら、フジテレビとテレビ朝日の2時間ドラマなどで製作に関わっている。1990年頃までフィルム撮影の手法にこだわっていた(ドラマによってはVTRで撮影していたが、ほとんどはフィルム作品であった)。現在はVTRを経てハイビジョンに移行している。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見た連続ドラマ

    大きな人気や高い評価を受けた作品の場合、新たに劇場公開用の映画作品として製作されることがある。テレビ放送初期は『三匹の侍』、『若者たち』のようなテレビ局のディレクターが映画版でも監督を務めるなどの一部スタッフの関わりを除けばテレビ局が関与しないことがほとんどであったが(テレビドラマ作品を「原作」として扱った)、1969年に映画『御用金』でフジテレビがテレビ局として初めて映画製作を手がけたことを皮切りに、テレビ局は映画事業に本格的に進出。現在ではテレビ局が主体となってテレビドラマ作品(特に連続ドラマ)の世界観を継承した新たなエピソードを、映画作品として製作するケースが多くみられる。その一方で近年では、テレビドラマ作品そのものが、再編集を経るか、またはそのままの形で劇場公開されるケースもある(単発ドラマにみられる)。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

  • テレビドラマ

    テレビドラマから見たシチュエーションコメディ

    米国のテレビドラマでは、ひとつの定番は、米国では「sitcom(シットコム)」などと呼ばれているコメディドラマ(シチュエーションコメディ)で、内容としては、毎回、いかにも米国にありそうな「家庭」(のセット)が舞台になっていて、おきまりの家族の面々が登場し、日常生活を送るなかで、間の抜けた失敗をしたり、間の抜けた(視聴者が思わず笑ってしまうような)会話をし、(しばしば米国人流の大きなジェスチャーとともに)おかしな台詞が言われるたびに、テレビ音声としても(画面内の「家庭」にいるはずのない、架空の多数の観客の)「アハハハ..」といった笑い声(の合唱)が聞こえる、というタイプのドラマである。登場人物の中に、やたらと「おませ」な子供がひとりいて、その子が言う台詞によって、(普段、大人自身実はうすうす気付いているのだが、気付かないフリをしているような)大人の愚かさが浮き彫りにされ 笑いを誘う、というのはしばしば使われるパターンである。舞台が家庭ではなく学校になっていて同級生たちが登場するもの、また舞台が職場になっていて職場の同僚同士が馬鹿馬鹿しく笑えてしまうような会話をする、というタイプもある。テレビドラマ フレッシュアイペディアより)

138件中 81 - 90件表示

「テレビドラマ」のニューストピックワード