16877件中 41 - 50件表示
  • 宮澤 佐江

    宮澤佐江から見たテレビ東京テレビ東京

    1月8日 - 3月25日、『正しい王子のつくり方』(テレビ東京)に城戸小春役でドラマ初出演。宮澤佐江 フレッシュアイペディアより)

  • 上野まな

    上野まなから見たテレビ東京テレビ東京

    7月、アルバム『Fairies』収録曲の『Skyward』が関西テレビ『キキミミ!』エンディングテーマ、アルバム『Fairies』収録曲の『私になる明日』がテレビ東京『Summer Night Music』 、関西テレビ『音エモン』7月のPOWER PUSH曲にそれぞれ選ばれる。上野まな フレッシュアイペディアより)

  • 菜々緒

    菜々緒から見たテレビ東京テレビ東京

    20歳だった2009年初め頃に格闘技のラウンドガールやレースクイーンとして芸能活動を本格始動し、ファッション雑誌『PINKY』からのレギュラーモデル起用が転機となり、続く東京ガールズコレクション「第7回ミス東京ガールズコレクション」のグランプリ受賞や2010年度「三愛水着イメージガール」への抜擢、さらに『non-no』のレギュラーモデル起用などを経て、ファッションモデルとしての地位を確立。2011年から雑誌『GINGER〔ジンジャー〕』の専属モデルを務める。2011年には『ウレロ未確認少女』(テレビ東京系)で女優デビュー。タレント活動からも著名。各種ファッション誌、テレビコマーシャル、テレビドラマ、ならびにバラエティテレビ番組などを舞台に幅広く活動している。菜々緒 フレッシュアイペディアより)

  • タモリ

    タモリから見たテレビ東京テレビ東京

    1976年4月、東京12チャンネルの深夜番組『空飛ぶモンティ・パイソン』で正式に芸能界デビューを果たす。その後、バラエティ番組『金曜10時!うわさのチャンネル!!』(日本テレビ系列)にもレギュラー出演が決まるが、この時期は「タモリ専用のコーナー」で密室芸をするという形が取られていた。30歳で芸能界デビューを果たしたため、ビートたけし、笑福亭鶴瓶、明石家さんまなどは年齢が下だが先輩になる。タモリ フレッシュアイペディアより)

  • 山里亮太

    山里亮太から見たテレビ東京テレビ東京

    baseよしもとに所属していた同期のネゴシックスや中山功太やとろサーモンの久保田、ダイアンの津田、先輩では千鳥の大悟と大変仲が良い。特に先輩である大悟にはとてもよく可愛がられていてこのメンバーと共に「大悟組」に所属している。また、ネゴシックス、オオカミ少年の片岡、R藤本といったメンバーの「山里軍団」も存在しており、テレビ東京『ゴッドタン』やTBSラジオ『山里亮太の不毛な議論』等の番組に出演している。山里亮太 フレッシュアイペディアより)

  • 福士 秀樹

    福士秀樹から見たテレビ東京テレビ東京

    悪魔のいけにえ(レザーフェイス〈ガンナー・ハンセン〉) ※東京12チャンネル版(現テレビ東京福士秀樹 フレッシュアイペディアより)

  • フジライティング・アンド・テクノロジイ

    フジライティング・アンド・テクノロジイから見たテレビ東京テレビ東京

    おはスタ645(テレビ東京、ShoPro、吉本興業 2000年7月-2008年3月)フジライティング・アンド・テクノロジイ フレッシュアイペディアより)

  • パワーパフガールズ

    パワーパフガールズから見たテレビ東京テレビ東京

    マクラッケンがアニメーターとなり、1994年に制作開始されて1995年5月28日にカートゥーンネットワークでショートアニメとして初めて放映。1996年1月には2回目が放送され、同年にはシリーズ化決定し、制作続行して1997年から30分番組の単独作品として製作が開始された。1998年11月18日から放送開始し、アメリカのカートゥーンネットワーク最高視聴率をとった。元はハンナ・バーベラ作品であったが、ハンナ・バーベラの吸収合併によりカートゥーン ネットワーク作品となった。大胆にデフォルメされたキャラクターを始め、ポップでレトロ・モダンなデザインが目を引き、ストーリーも単なる勧善懲悪でなく、一見可愛らしい絵柄と裏腹なややグロテスクな描写や、既存のスーパーヒーローや名作映画等のパロディ、話によっては正義の味方のはずのガールズが図らずも破壊活動や悪事をしてしまうオチや、それらの行為により犯罪者となってしまったガールズや「色がなくなっちゃった!」のレインボウなど悪人ではない者が逮捕されてしまうオチ、逆に悪党が事件を解決してしまうオチなど、不条理やブラックユーモアをも含む内容が作品独自の持ち味となっている。日本では2001年1月10日にから同年12月23日にかけてテレビ東京にて初放映(51話まで・総集編含む)。2001年10月5日よりカートゥーン ネットワークで放送を開始した。地上波放送が終了した後も同じキャストで放送継続されている。ラインナップを一定期間ごとに変更していくカートゥーンネットワークにおいて長らくは放送が中断されていなかったが、2015年8月5日に中断。2016年1月4日よりリマスター版(テレビ東京版)の放送が再開するも同年3月31日で終了し、4月9日からは新シリーズがスタートした。第1〜49話までの制作はカートゥーン ネットワーク スタジオではなく、ハンナ・バーベラが担当している。2002年8月3日には「パワーパフガールズ・ムービー」が劇場で公開された。当初の日本初放送はカートゥーン ネットワークの予定で、独自の翻訳・キャストによる吹き替え収録が26話分まで進められていたが、諸事情により地上波放映時に新たに吹き替えを行うことになったためお蔵入りとなった。2003年9月13日・9月14日の2日間にかけ、カートゥーン ネットワークにて当時収録されたバージョンが『パワーパフ ガールズ アンダーグラウンド』として放送された。1994年から10年制作したが、2004年に制作終了、2005年に放送が終了した。カートゥーンネットワークは東映アニメーションに「出ましたっ!パワパフガールズZ」を制作、2006年から放送開始したが、1話から最終回まで低視聴率だったため、わずか1年で終了する。漫画もアニメ終了と同時に2007年7月号で終了した。その後、同年2007年から2008年の間でに10thエピソードでもあり、シリーズファイナルエピソード制作し、2008年11月にヨーロッパ、アジア、南米でされ、翌年2009年1月19日に制作国であるアメリカで放送された。日本では2009年2月14日にスペシャルとして放送された。2009年2月にコンプリートDVDを発売。2010年、原作者であるクレイグ・マクラッケンが、カートゥーン ネットワークを退職。後に2014年12月1日に、J:COMオンデマンド内のカートゥーン ネットワーク オンデマンドで日本語吹き替え版と英語版が配信することになった。パワーパフガールズ フレッシュアイペディアより)

  • ats-

    ats-から見たテレビ東京テレビ東京

    LolitA☆Strawberry in summer(編曲) テレビ東京系アニメ『アソボット戦記五九』エンディングテーマ。テレビ東京系『プラチナチケット』エンディングテーマats- フレッシュアイペディアより)

  • 2009年のテレビ (日本)

    2009年のテレビ (日本)から見たテレビ東京テレビ東京

    26日 - テレビ東京で41年間放送された『木曜洋画劇場』が終了(後継は、『水曜ミステリー9』と統合した『水曜シアター9』)。2009年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

16877件中 41 - 50件表示

「テレビ東京」のニューストピックワード