455件中 91 - 100件表示
  • テレビ東京

    テレビ東京から見た福田康夫

    この編成が原因で、実際は(事前の日本民間放送連盟での取り決めに基づき)報道特番を組んだ昭和天皇崩御の際に「昭和天皇崩御時にテレビ東京は通常通りの放送をした」(『楽しいムーミン一家』を放送していた(正しくは湾岸戦争開戦時、『楽しいムーミン一家』は1990年4月12日?)という具体的な例が挙げられる場合もある)というデマが流布したり、歴代の内閣総理大臣である安倍晋三(第1期)、福田康夫の辞意表明時に組まれたテレビ東京の報道特番について、テレビ東京で報道特番が組まれたということ自体が「異例」としてメディアに取り上げられたことがある(先述のテレビ東京が報道特番を放送する基準についての局側の見解は、安倍の辞意表明時に実施した報道特番に関してマスコミの取材を受けた際にテレビ東京広報部が回答したものである)。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た諸橋晋六

    サッカーとの縁は、三菱グループ提供の『三菱ダイヤモンド・サッカー』の放送開始が嚆矢である。まだマイナースポーツだったサッカーの魅力を紹介したこの番組の企画は、スポンサーサイドの三菱グループの篠島秀雄(当時三菱化成社長、日本サッカー協会副会長、東京12チャンネル番組審議委員)が提案したものだったといわれる。この提案を受けて、三菱商事の諸橋晋六(当時同社ロンドン支店長、後に同社社長・会長)が試合のフィルムを買い付け、放送に利用した。なお、当時の東京12チャンネルは財界を中心とした再建途上にあり、番組の企画などは財界幹部などの意見が罷り通っていた。同じような経緯でスタートした番組に『大江戸捜査網』(日産自動車)や『演歌の花道』(大正製薬)などがある。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た篠島秀雄

    サッカーとの縁は、三菱グループ提供の『三菱ダイヤモンド・サッカー』の放送開始が嚆矢である。まだマイナースポーツだったサッカーの魅力を紹介したこの番組の企画は、スポンサーサイドの三菱グループの篠島秀雄(当時三菱化成社長、日本サッカー協会副会長、東京12チャンネル番組審議委員)が提案したものだったといわれる。この提案を受けて、三菱商事の諸橋晋六(当時同社ロンドン支店長、後に同社社長・会長)が試合のフィルムを買い付け、放送に利用した。なお、当時の東京12チャンネルは財界を中心とした再建途上にあり、番組の企画などは財界幹部などの意見が罷り通っていた。同じような経緯でスタートした番組に『大江戸捜査網』(日産自動車)や『演歌の花道』(大正製薬)などがある。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たルーベン・オリバレス

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た安倍晋三

    この編成が原因で、実際は(事前の日本民間放送連盟での取り決めに基づき)報道特番を組んだ昭和天皇崩御の際に「昭和天皇崩御時にテレビ東京は通常通りの放送をした」(『楽しいムーミン一家』を放送していた(正しくは湾岸戦争開戦時、『楽しいムーミン一家』は1990年4月12日?)という具体的な例が挙げられる場合もある)というデマが流布したり、歴代の内閣総理大臣である安倍晋三(第1期)、福田康夫の辞意表明時に組まれたテレビ東京の報道特番について、テレビ東京で報道特番が組まれたということ自体が「異例」としてメディアに取り上げられたことがある(先述のテレビ東京が報道特番を放送する基準についての局側の見解は、安倍の辞意表明時に実施した報道特番に関してマスコミの取材を受けた際にテレビ東京広報部が回答したものである)。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た前田有花

    前田有花(報道局。実妹はテレビ朝日の前田有紀アナウンサー)テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た在日米軍

    テレビ東京の親局チャンネルである12ch(映像周波数217.25MHz、音声周波数221.75MHz)はかつて在日米軍が使用していたチャンネルであり、在日米軍より返還されたのを受けて新規テレビ局チャンネルとして開局したと言われている。地上アナログ放送では12chを親局チャンネルとする民放テレビ局が他にもNNN/NNS系列の広島テレビ放送(HTV)とFNN/FNS系列の仙台放送(OX)があったが、その他の地域では12chがNHK教育テレビジョンに使われる地域が全国的に多かった。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たロンドン

    海外支局:ニューヨーク・ワシントン・ロンドン・モスクワ・ソウル・北京・上海テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たフレッシュオールスターゲーム

    しかし当初の日程発表がなされた段階から東京12ch→TXが予めオールスターを放送する日程は、2010年(平成22年)まで一度も組まれていない。なお、2軍の大会フレッシュオールスターゲーム(旧・ジュニアオールスター)は1978年(昭和53年)から1998年(平成10年)(途中の中断はあったが)に放映されたことがある。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た総務省

    完全デジタル化後の放送エリア拡大はそのほかにもテレビ北海道の道東・道北地域にもあるが、こちらは上記のネットワーク拡大構想とは事情が大きく異なり、もともと放送対象地域とされていながら諸事情でアナログ放送での開局ができなかったため、2010年(平成22年)度補正予算案に盛り込まれた総務省が所管する「地デジ移行に伴う中継局整備支援策」を活用することに伴い、開局費用の半額補助の交付が決定されたことから、完全デジタル化後に道東4地域(帯広・釧路・網走・北見各市と周辺地域)での開局・エリア拡大が2011年(平成23年)8月から11月にかけて実現した。2012年度は道北の上川地方の大半の地域(北部の和寒町・剣淵町・士別市・名寄市・美深町・下川町の大半の地域と音威子府村のごく一部地域および南部の上富良野町・富良野市・中富良野町・南富良野町・占冠村)と道東の一部の地域(陸別町・本別町の一部地域を除く十勝地方の大半の地域、釧路地区のごく一部、網走地区の網走市・北見市・訓子府町の一部)でエリア拡大が予定されており、開局時期が未定となっている残りのアナログ未開局地域でも前述の中継局整備支援策があることから、上記のネットワーク拡大構想とは異なり、放送エリア拡大が実現する可能性は高くなっている。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

455件中 91 - 100件表示