455件中 11 - 20件表示
  • テレビ東京

    テレビ東京から見たテレビ大阪

    なお、1969年(昭和44年)10月から1975年(昭和50年)3月までは大阪の毎日放送と、テレビ愛知(TVA)が開局する1983年(昭和58年)8月までは中京テレビ(CTV)とも提携関係にあった。また、関西地区ではその後もテレビ大阪(TVO)が開局する1982年(昭和57年)3月まで在阪準キー各局が番販購入の形で東京12チャンネルの番組をネットしていたこともある。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た℃-ute℃-ute

    2008年(平成20年)12月4日、『よろセン!』で、出演者だった℃-uteのメンバーの一人がアドルフ・ヒトラーを「世界の偉人」として紹介した内容が問題となり、「誤った歴史認識に基づく不適切な内容でした」として8日にウェブサイト上で謝罪。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たマイク・タイソン

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た川嶋勝重

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た昭和天皇

    この編成が原因で、実際は(事前の日本民間放送連盟での取り決めに基づき)報道特番を組んだ昭和天皇崩御の際に「昭和天皇崩御時にテレビ東京は通常通りの放送をした」(『楽しいムーミン一家』を放送していた(正しくは湾岸戦争開戦時、『楽しいムーミン一家』は1990年4月12日?)という具体的な例が挙げられる場合もある)というデマが流布したり、歴代の内閣総理大臣である安倍晋三(第1期)、福田康夫の辞意表明時に組まれたテレビ東京の報道特番について、テレビ東京で報道特番が組まれたということ自体が「異例」としてメディアに取り上げられたことがある(先述のテレビ東京が報道特番を放送する基準についての局側の見解は、安倍の辞意表明時に実施した報道特番に関してマスコミの取材を受けた際にテレビ東京広報部が回答したものである)。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た天龍源一郎

    かつてはプロレス番組にも力を入れていた。1960年代にスポーツ中継強化の一環として海外のプロレス大会のフィルムを放送した『プロレスアワー』や日本初の女子プロレスの定期中継番組となった『女子プロレス中継 世界選手権シリーズ』を開始、1970年代からは国際プロレスの定期中継として『国際プロレスアワー』、1980年代にはやはり海外のプロレスを紹介する『世界のプロレス』を放送していた。『世界のプロレス』はロード・ウォリアーズやディンゴ・ウォリアー(後のアルティメット・ウォリアー)を日本に初めて紹介したことで知られ、その一方では第1次UWFのテレビ中継を番組の枠内で行ったことでも知られる。1990年代には天龍源一郎が全日本プロレス退団後の1991年(平成3年)に設立し、天龍を旗頭とした団体「SWS」の旗揚げ戦を特番で中継し、同団体の後期には月1回の深夜枠で定期中継を行った。近年ではWWEのダイジェスト番組『LIVE WIRE』『After Burn』や全日本プロレスの中継番組『プロレスLOVE』、ZERO-ONEの中継番組『破壊王プロレスZERO-ONE』、パンクラスの中継番組『格闘Xパンクラス』なども放送していた。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た福原愛

    卓球に関しては、『世界卓球選手権』を2005年(平成17年)から福原愛戦を中心に録画中継している(これもBSジャパンでは2009年大会以外放送されず。ただ、スポーツニュースでは同局でも放送される。J SPORTSで放送)。2006年(平成18年)は30分の延長オプションが設定され、延長になった場合(平日・土曜のとき)、中継終了以降の番組は開始時刻を繰り下げた(同番組が放送されないBSジャパンも『ワールドビジネスサテライト』以降の番組は開始時刻を繰り下げ。延長した分の時間はその穴埋めとして10分間の紀行番組が数本放送された)。なお、同年には「世界卓球の延長により深夜番組の録画に失敗した」という抗議文と骨らしきものが入った小包が局に届けられるという事件が発生している(詳しくはこの項目を参照)。さらに他のスポーツ中継が加わり、本来25時台に放送される深夜アニメが28時台(早朝4時)に放送される事態が起こった。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た田臥勇太

    バスケットボールに関しては、NBAの中継権を地上波民放で唯一保持していることから、2004年(平成16年)に田臥勇太が出場した開幕戦を録画中継したこともある。他に、JBLキリンチャンピオンシップ(現・JBLファイナル)を中継していた。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た竹原慎二竹原 慎二

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たレニー・クラヴィッツ

    なお、「テレビ東京 地上デジタル7チャンネル(TV TOKYO Digital 7)」のCMは文言を一部変更した上で系列局でも使用された(テレビせとうちでは「テレビ せとうち Digital7」と表記)。BGMはレニー・クラヴィッツの『Love Revolution』。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

455件中 11 - 20件表示

「テレビ東京」のニューストピックワード