477件中 31 - 40件表示
  • テレビ東京

    テレビ東京から見た住友不動産

    新規事業の拡大、及びマスター(主調整室)機器更新を理由に、2012年に同局としては30年ぶりとなる本社機能の移転を発表した。虎ノ門にある旧本社から300mほど離れた「港区六本木3丁目東地区第1種市街地再開発事業」(六本木プリンスホテル・日本IBM旧本社跡地)の一環として、住友不動産が同地区内に建設した『住友不動産六本木グランドタワー』内に新スタジオ・マスター設備(地上波・BSの放送設備を一体化した統合マスター)を構築した新本社に移転した。また、本社周辺に分散している関連会社も含めたオフィス機能を集約し、業務の効率化を図る。当初は2015年秋の移転を予定していたが、着工の遅れにより2016年秋に順延された。移転に伴う費用は総額180億円程度を見込んでいた。なお、虎ノ門にある旧本社には、一部の機能を残すことにしている。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た中部日本放送

    これにより地上デジタルテレビジョン放送もハイビジョンで放送される様になった(それ以前はほぼ全ての時間帯が4:3標準画面のアップコンバートによる放送で、ハイビジョン映像はBSジャパンでしか視聴出来なかった)。また、提供クレジットの文字フォントは平成ゴシックを主体としたもの(BSジャパン並びに中部日本放送(現・CBCテレビ)(2010年7月5日 - )と同じ)へ変更。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た旺文社

    この時、水面下では「財団のテレビ部門をNHKに譲渡する」、「毎日放送(MBS)が東京12チャンネルプロダクションを買収する」といった話が進められていたと言われていた。実際、毎日放送社長(当時)の高橋信三は東京12チャンネルプロダクションを買収してTXの放送免許を日本科学技術振興財団から譲り受け、東京12チャンネルを首都圏第5の民放局「東京毎日放送」(MBS系列の準キー局という位置付け)に衣替えしてMBSをキー局とする新たなネットワークの実現に向け奔走していた(同時に、もう1つの系列だったNET(現・テレビ朝日)からのネットワーク離脱も画策していた)。しかし、田中角栄を中心とした郵政族議員や毎日新聞社と懇意にしていたTBSなどが猛反発したため、これらの買収計画はいずれも頓挫した。結局、1969年12月に再三にわたる財界からの要請を受ける形で日本経済新聞社(日経新聞)が東京12チャンネルプロダクションの経営に乗り出した。それまで東京12チャンネルは朝日新聞社と報道提携を結んでおり、同局の報道一切は朝日新聞社が制作していて、また同社は日本科学技術振興財団の財団債も保有していた。一方当時日経は朝日新聞社が経営に乗り出していた日本教育テレビにも出資していたが、この後1974年2月にこの出資分を朝日新聞社と旺文社が折半して買い取って両局の新聞資本が整理された。なお、テレビ東京とその系列局はその後も『ホロニックパス』『テクノピア』『パソコンサンデー』などの科学技術番組を送り出している。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た日本生命保険

    株式会社日本経済新聞社6億円、日本生命グループ4億円。なお日本生命グループは翌1970年7月に資本を引き上げる。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た東京急行電鉄

    東武鉄道のグループ施設である「東京スカイツリー」に同局のデジタル親局送信所があったり、同局が主催する大晦日恒例の企画である「東急ジルベスターコンサート」に東急グループ(東京急行電鉄)が協賛したり、同局の番組である「日経スペシャル カンブリア宮殿」にて小田急電鉄の事業戦略を取り上げたり、京王電鉄の車内液晶ディスプレイにて同局のニュース映像の配信を行ったりしている他、大手私鉄各社にて夏休み期間中などに同局のアニメ番組のキャラクターを使ってスタンプラリーを行ったり、大手私鉄系列の遊園地にて同局のアニメ番組とタイアップしたイベントを行ったり、一部のTXN系列局に大手私鉄各社が出資するなど、幅広く関係している。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た東武鉄道

    東武鉄道のグループ施設である「東京スカイツリー」に同局のデジタル親局送信所があったり、同局が主催する大晦日恒例の企画である「東急ジルベスターコンサート」に東急グループ(東京急行電鉄)が協賛したり、同局の番組である「日経スペシャル カンブリア宮殿」にて小田急電鉄の事業戦略を取り上げたり、京王電鉄の車内液晶ディスプレイにて同局のニュース映像の配信を行ったりしている他、大手私鉄各社にて夏休み期間中などに同局のアニメ番組のキャラクターを使ってスタンプラリーを行ったり、大手私鉄系列の遊園地にて同局のアニメ番組とタイアップしたイベントを行ったり、一部のTXN系列局に大手私鉄各社が出資するなど、幅広く関係している。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た京王電鉄

    東武鉄道のグループ施設である「東京スカイツリー」に同局のデジタル親局送信所があったり、同局が主催する大晦日恒例の企画である「東急ジルベスターコンサート」に東急グループ(東京急行電鉄)が協賛したり、同局の番組である「日経スペシャル カンブリア宮殿」にて小田急電鉄の事業戦略を取り上げたり、京王電鉄の車内液晶ディスプレイにて同局のニュース映像の配信を行ったりしている他、大手私鉄各社にて夏休み期間中などに同局のアニメ番組のキャラクターを使ってスタンプラリーを行ったり、大手私鉄系列の遊園地にて同局のアニメ番組とタイアップしたイベントを行ったり、一部のTXN系列局に大手私鉄各社が出資するなど、幅広く関係している。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た日本経済新聞社

    この時、水面下では「財団のテレビ部門をNHKに譲渡する」、「毎日放送(MBS)が東京12チャンネルプロダクションを買収する」といった話が進められていたと言われていた。実際、毎日放送社長(当時)の高橋信三は東京12チャンネルプロダクションを買収してTXの放送免許を日本科学技術振興財団から譲り受け、東京12チャンネルを首都圏第5の民放局「東京毎日放送」(MBS系列の準キー局という位置付け)に衣替えしてMBSをキー局とする新たなネットワークの実現に向け奔走していた(同時に、もう1つの系列だったNET(現・テレビ朝日)からのネットワーク離脱も画策していた)。しかし、田中角栄を中心とした郵政族議員や毎日新聞社と懇意にしていたTBSなどが猛反発したため、これらの買収計画はいずれも頓挫した。結局、1969年12月に再三にわたる財界からの要請を受ける形で日本経済新聞社(日経新聞)が東京12チャンネルプロダクションの経営に乗り出した。それまで東京12チャンネルは朝日新聞社と報道提携を結んでおり、同局の報道一切は朝日新聞社が制作していて、また同社は日本科学技術振興財団の財団債も保有していた。一方当時日経は朝日新聞社が経営に乗り出していた日本教育テレビにも出資していたが、この後1974年2月にこの出資分を朝日新聞社と旺文社が折半して買い取って両局の新聞資本が整理された。なお、テレビ東京とその系列局はその後も『ホロニックパス』『テクノピア』『パソコンサンデー』などの科学技術番組を送り出している。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たパイオニア

    2か国語放送第1号は「音声多重放送開始の案内」。ステレオ放送第1号は同日からスタートした『パイオニア・ステレオ音楽館』(番組開始当初からCMもステレオ音声)。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た大正製薬

    サッカーとの縁は、三菱グループ提供の『三菱ダイヤモンド・サッカー』の放送開始が嚆矢である。まだマイナースポーツだったサッカーの魅力を紹介したこの番組の企画は、スポンサーサイドの三菱グループの篠島秀雄(当時三菱化成社長、日本サッカー協会副会長、東京12チャンネル番組審議委員)が提案したものだったといわれる。この提案を受けて、三菱商事の諸橋晋六(当時同社ロンドン支店長、後に同社社長・会長)が試合のフィルムを買い付け、放送に利用した。なお、当時の東京12チャンネルは財界を中心とした再建途上にあり、番組の企画などは財界幹部などの意見が罷り通っていた。同じような経緯でスタートした番組に『大江戸捜査網』(日産自動車)や『演歌の花道』(大正製薬)などがある。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

477件中 31 - 40件表示

「テレビ東京」のニューストピックワード

  • AIデマンドバス運行

  • デマンドバス運行システム

  • 一定程度の効率性を確保するため、終電を繰り上げることが正しいのではないか