455件中 61 - 70件表示
  • テレビ東京

    テレビ東京から見たテレビせとうち

    1983年(昭和58年)にテレビ大阪及びテレビ愛知による「メガTONネットワーク」を形成して、1985年(昭和60年)にはテレビせとうち (TSC) が開局した。その後、1989年にテレビ北海道 (TVh) が開局することが決定していたため、「北海道」の「H」や「札幌」の「S」では合わないために名称をテレビ東京のコールサイン「JOTX-TV」から取ってTXNに改めた。そして、1991年(平成3年)にTXN九州(後のTVQ九州放送)が開局することにより、現在では全国6局の系列局とネットワークを形成している。6局で日本の総世帯数の約7割(13都道府県とその周辺地域)をカバーしている。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たTXN

    1983年(昭和58年)にテレビ大阪及びテレビ愛知による「メガTONネットワーク」を形成して、1985年(昭和60年)にはテレビせとうち (TSC) が開局した。その後、1989年にテレビ北海道 (TVh) が開局することが決定していたため、「北海道」の「H」や「札幌」の「S」では合わないために名称をテレビ東京のコールサイン「JOTX-TV」から取ってTXNに改めた。そして、1991年(平成3年)にTXN九州(後のTVQ九州放送)が開局することにより、現在では全国6局の系列局とネットワークを形成している。6局で日本の総世帯数の約7割(13都道府県とその周辺地域)をカバーしている。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たテレビ北海道

    1983年(昭和58年)にテレビ大阪及びテレビ愛知による「メガTONネットワーク」を形成して、1985年(昭和60年)にはテレビせとうち (TSC) が開局した。その後、1989年にテレビ北海道 (TVh) が開局することが決定していたため、「北海道」の「H」や「札幌」の「S」では合わないために名称をテレビ東京のコールサイン「JOTX-TV」から取ってTXNに改めた。そして、1991年(平成3年)にTXN九州(後のTVQ九州放送)が開局することにより、現在では全国6局の系列局とネットワークを形成している。6局で日本の総世帯数の約7割(13都道府県とその周辺地域)をカバーしている。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た児島美ゆき児島 美ゆき

    ローラーゲームに関しては、1972年(昭和47年)-1975年(昭和50年)3月には、ローラーゲーム東京ボンバーズvsアメリカのチームの試合が『日米対抗ローラーゲーム』(実況:土居まさる、解説:ドクター宮本、ゲスト:児島みゆき〈現:児島美ゆき〉)にて毎週放送され、局内で表彰されるほど高視聴率をとっていた。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た土居まさる

    ローラーゲームに関しては、1972年(昭和47年)-1975年(昭和50年)3月には、ローラーゲーム東京ボンバーズvsアメリカのチームの試合が『日米対抗ローラーゲーム』(実況:土居まさる、解説:ドクター宮本、ゲスト:児島みゆき〈現:児島美ゆき〉)にて毎週放送され、局内で表彰されるほど高視聴率をとっていた。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たナゴヤドーム

    2003年(平成15年)第7試合・2005年(平成17年)(第2戦目・千葉マリンスタジアムでの阪神タイガース×千葉ロッテマリーンズ)・2007年(平成19年)(第5戦目・ナゴヤドームでの中日ドラゴンズ×北海道日本ハムファイターズ)はテレビ東京が中継したが、何れも同時間帯民放視聴率トップとなっている(2005年(平成17年)以外は日本一決定試合でもある。ダイエーが阪神を破った試合では視聴率30%台を突破している。また、2007年(平成19年)の大会は1970年(昭和45年)以来・全国ネット構築後初の2試合放送となっている)。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たTBSテレビ

    2010年(平成22年)10月1日には放送持株会社としてはフジ・メディア・ホールディングス(フジテレビジョン・ニッポン放送など)や東京放送ホールディングス(TBSテレビ・TBSラジオ&コミュニケーションズなど)に次いで史上3番目となるテレビ東京ホールディングスが設立され、テレビ東京は同社の完全子会社(連結子会社)となった。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た三重テレビ放送

    その後、独立UHF局が東名阪の3大都市近郊に続々開局していくとフジテレビとの提携が解消される代わりに(東京12チャンネル末期は『戦国ナイター』というタイトルで放送された)、サンテレビの『サンテレビボックス席』、KBS京都の『KBS京都エキサイトナイター』、三重テレビの『三重テレビナイター』、岐阜放送の『ダイナミックナイター』を同時ネットワークして読売ジャイアンツ以外の関東の球団が絡んだ試合も放送するようになる。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た日本放送協会

    この時、水面下では「財団のテレビ部門をNHKに譲渡する」、「毎日放送(MBS)が東京12チャンネルプロダクションを買収する」といった話が進められていたと言われていたが、共に頓挫した。結局1969年(昭和44年)12月、再三にわたる財界からの要請を受ける形で日本経済新聞社(日経)が東京12チャンネルプロダクションの経営に乗り出した。それまで東京12チャンネルは朝日新聞社と報道提携を結んでおり、同局の報道一切は朝日新聞社が制作していて、また同社は日本科学技術振興財団の財団債も保有していた。一方当時日経は朝日新聞社が経営に乗り出していた日本教育テレビにも出資していたが、この後1974年(昭和49年)2月にこの出資分を朝日新聞社と旺文社が折半して買い取って両局の新聞資本が整理された。なお、テレビ東京とその系列局はその後も『ホロニックパス』『テクノピア』『パソコンサンデー』などの科学技術番組を輩出している。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たJ SPORTS

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

455件中 61 - 70件表示

「テレビ東京」のニューストピックワード