455件中 81 - 90件表示
  • テレビ東京

    テレビ東京から見た島田昌幸

    この編成には大災害などの時には発生から一週間以上、報道特別番組しか放送しないこともあるため、被災者がテレビ東京系列の通常放送を視聴して平静を取り戻せたというケースもある一方、視聴者から批判が寄せられることもある。一例として、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)発生の際には他局より数分遅れたものの、ほぼ同時に緊急放送を開始・CM全面カットの特別編成態勢へ移行したが、通常番組に戻るタイミングが早かったため(地震翌日12日23時台のアニメ『テガミバチ REVERSE』から基本的に通常編成に復帰した上でCMも再開)、視聴者から約600件の抗議があったという。抗議の内容としては「アニメ番組を流すのは不適切」というものなどで、島田昌幸社長が定例会見で「激励も90件程頂いたが、多くがおしかり。 貴重な意見として生かしたい」と謝罪する事態となった。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た徳山昌守

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たロード・ウォリアーズ

    かつてはプロレス番組にも力を入れていた。1960年代にスポーツ中継強化の一環として海外のプロレス大会のフィルムを放送した『プロレスアワー』や日本初の女子プロレスの定期中継番組となった『女子プロレス中継 世界選手権シリーズ』を開始、1970年代からは国際プロレスの定期中継として『国際プロレスアワー』、1980年代にはやはり海外のプロレスを紹介する『世界のプロレス』を放送していた。『世界のプロレス』はロード・ウォリアーズやディンゴ・ウォリアー(後のアルティメット・ウォリアー)を日本に初めて紹介したことで知られ、その一方では第1次UWFのテレビ中継を番組の枠内で行ったことでも知られる。1990年代には天龍源一郎が全日本プロレス退団後の1991年(平成3年)に設立し、天龍を旗頭とした団体「SWS」の旗揚げ戦を特番で中継し、同団体の後期には月1回の深夜枠で定期中継を行った。近年ではWWEのダイジェスト番組『LIVE WIRE』『After Burn』や全日本プロレスの中継番組『プロレスLOVE』、ZERO-ONEの中継番組『破壊王プロレスZERO-ONE』、パンクラスの中継番組『格闘Xパンクラス』なども放送していた。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たアルティメット・ウォリアー

    かつてはプロレス番組にも力を入れていた。1960年代にスポーツ中継強化の一環として海外のプロレス大会のフィルムを放送した『プロレスアワー』や日本初の女子プロレスの定期中継番組となった『女子プロレス中継 世界選手権シリーズ』を開始、1970年代からは国際プロレスの定期中継として『国際プロレスアワー』、1980年代にはやはり海外のプロレスを紹介する『世界のプロレス』を放送していた。『世界のプロレス』はロード・ウォリアーズやディンゴ・ウォリアー(後のアルティメット・ウォリアー)を日本に初めて紹介したことで知られ、その一方では第1次UWFのテレビ中継を番組の枠内で行ったことでも知られる。1990年代には天龍源一郎が全日本プロレス退団後の1991年(平成3年)に設立し、天龍を旗頭とした団体「SWS」の旗揚げ戦を特番で中継し、同団体の後期には月1回の深夜枠で定期中継を行った。近年ではWWEのダイジェスト番組『LIVE WIRE』『After Burn』や全日本プロレスの中継番組『プロレスLOVE』、ZERO-ONEの中継番組『破壊王プロレスZERO-ONE』、パンクラスの中継番組『格闘Xパンクラス』なども放送していた。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た大熊正二

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た西城正三

    1993年(平成5年)10月28日には、「ドーハの悲劇」と呼ばれるワールドカップアジア最終予選・日本vsイラク戦を放送し、当局史上最高視聴率となる48.1%の視聴率を獲得した(日本vsイラク戦の前の同局の最高視聴率番組は、東京12チャンネル時代の1971年(昭和46年)に放送されたボクシング世界フェザー級タイトルマッチ・西城正三対フランキー・クロフォード戦だった。このとき記録した48.1%は局別の最高視聴率としては長らくテレビ朝日を上回る在京民放4位だったが、2006年ワールドカップドイツ大会・日本vsクロアチア戦での52.7%に抜かれてしまった。)。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見たクリスチャン・ミハレス

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た小熊坂諭

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た金沢和良

    また、プロボクシング中継では、かつてはモハメド・アリやマイク・タイソンらのビッグマッチや、「世紀の死闘」と言われた金沢和良の世界王者ルーベン・オリバレスへの挑戦(1971年年間最高試合)、大熊正二の世界王座奪還、渡辺二郎の海外防衛戦、竹原慎二のミドル級王座挑戦など日本人の世界タイトルマッチも数多く中継して来た。海外の試合はWOWOWやJ SPORTS(旧・スポーツ・アイ ESPN)に移ったが、現在も日本タイトル戦や中小ジム所属ボクサーの世界戦を中継しているほか、帝拳・協栄両プロモーションと提携することもある。近年はテレビ朝日が手放したヨネクラジムおよびヨネクラ系の大橋ジム主催が中心となりつつある(2004年(平成16年)年間最高試合の徳山昌守VS川嶋勝重、同じ興行イーグル京和VS小熊坂諭も放映)。ボクシング判定を巡り議論が激しくなるなか、2006年(平成18年)9月18日に行われた川嶋vsクリスチャン・ミハレス戦ではガッツ石松による独自採点が好評となり、JBCの採点公開に影響を与えた。また、翌2007年に行われた「ボクシング・グランプリ2007」を始め、1月はビッグマッチの中継を行っている。2011年より大晦日に世界戦を中継しており、2012年はトリプル世界戦を放送した。テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

  • テレビ東京

    テレビ東京から見た前田有紀 (アナウンサー)

    前田有花(報道局。実妹はテレビ朝日の前田有紀アナウンサー)テレビ東京 フレッシュアイペディアより)

455件中 81 - 90件表示