2341件中 41 - 50件表示
  • タケダアワー

    タケダアワーから見たテレビ番組テレビ番組

    1974年4月7日から、「進め!フィンガー5」、「学校そば屋テレビ局」のバラエティー番組に切り替わった。タケダが降板して複数の企業が提供するようになり、「タケダアワー」の枠は廃止されたが、1982年4月からABC製作・テレビ朝日系列向けに、やはり毎週日曜日19時からの枠でタケダの一社提供テレビ番組「三角ゲーム・ピタゴラス」が登場(タケダの歌=オープニングキャッチがTBS当時とは違うもので、歌や画像をリニューアルしたバージョン=が復活する)。タケダアワー フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題カーボーイ

    爆笑問題カーボーイから見たテレビ番組テレビ番組

    2001年4月24日開始。テレビ番組で見た田中の悪い面が現れた行動を報告する。「今週の良い田中」「今週の普通の田中」が派生し、後に「今週の田中」に統合される。爆笑問題カーボーイ フレッシュアイペディアより)

  • フリッパーズ・ギター

    フリッパーズ・ギターから見たテレビ番組テレビ番組

    テレビ番組「イカすバンド天国」に見られるバンドブームの影響下にあった当時の日本に、詞・曲・ファッション・メディアとの関係等の点から、その潮流に一石を投じ、さらには日本の軽音楽の流れに多大なる影響を与えた存在であると認識されている。この観点から、日本の軽音楽の流れにおいて「フリッパーズ・ギター以前/以後」という区切りが用いられている事も多く、フリッパーズ・ギターの登場により多種多様な音楽が大衆に受け入れられるという土壌の形成と同時に、彼らに強い影響を受けた多くのバンドが登場した。フリッパーズ・ギター解散後、小沢・小山田が活動再開を始めた91年後半に(本人たちの意思とは無関係に)、オリジナル・ラヴやピチカート・ファイヴなどと共に、それまでの邦楽シーンに見られなかった強い洋楽志向を指す「渋谷系」というムーブメントが巻き起こった。フリッパーズ・ギター フレッシュアイペディアより)

  • ピンポン!

    ピンポン!から見たテレビ番組テレビ番組

    これにより、福澤のTBSでのレギュラー番組は土曜日の『人間!これでいいのだ』(2007年2月24日終了)に次いで2本になる上、みのもんたや小倉智昭(土曜日の『ハッケン!!』は一部地域のみで、日曜日に放送されていた『いまどき!ごはん』は2007年3月25日に終了)、加藤浩次と同様に全曜日のテレビ番組に出演した。ピンポン! フレッシュアイペディアより)

  • ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日

    ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日から見たテレビ番組テレビ番組

    横山光輝原作の特撮テレビ番組『ジャイアントロボ』を原案とし、主人公、主役機体もそちらから選ばれている。本作はロボットアニメに分類されるものの、超人格闘シーンも大きな魅力である。また、父と子の絆という点にドラマ性を持たせている。サブタイトルの「地球が静止する日」は、1951年に公開されたアメリカのSF映画、『THE DAY THE EARTH STOOD STILL』の邦題である『地球の静止する日』から採られている。ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日 フレッシュアイペディアより)

  • シーピーシー

    シーピーシーから見たテレビ番組テレビ番組

    株式会社シーピーシー(英文社名;CPC Co., Ltd.)は、東京都港区に本社を置く日本の音楽出版社、レコード会社、テレビ番組製作会社、映画製作会社。シーピーシー フレッシュアイペディアより)

  • ユニバーサル・ピクチャーズ

    ユニバーサル・ピクチャーズから見たテレビ番組テレビ番組

    1950年代末にはアメリカの映画産業は崩壊寸前の危機にあった。スタジオから劇場網までを独占するシステムは壊れ、維持費の高いスタジオ・システムは持ちこたえられなくなった一方、テレビの普及で劇場離れが起こり、観客数は激減した。大手俳優事務所であったミュージック・コーポレーション・オブ・アメリカ(MCA)はテレビ番組製作へと進出して大成功を収めており、B級映画会社からテレビ製作会社へと変わりつつあったリパブリック・スタジオ(Republic Studios)からスタジオ施設を借りてテレビ製作子会社レヴュー・プロダクションズ(Revue Productions)へと又貸ししていた。倒産寸前のユニバーサルは1958年、閉鎖していた自社の360エーカー(約1.5平方km)もの広さのスタジオをMCAに1,100万ドルで売却し、MCAはこれを「レヴュー・スタジオ」と改名した。MCAは施設を買収したもののユニバーサル本体は買収しなかったが、ユニバーサルに対するMCAの影響は拡大し続けた。MCAのもとで製作スタジオは現代化され、MCAが契約していたドリス・デイ、ラナ・ターナー、ケーリー・グラントといったスターたちがユニバーサルと契約し映画に出演していた。ユニバーサル・ピクチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • 田代まさし

    田代まさしから見たテレビ番組テレビ番組

    その後、ザ・ドリフターズの志村けんにそのお笑いセンスを見出され、1986年頃からお笑いタレントとして芸能界に進出。その独自のお笑いセンスから「ダジャレの帝王」、「ギャグの王様」、「小道具の天才」と呼ばれ、レギュラー番組を何本も持ち、大企業のテレビCMに何本も出演するなど人気を博した。さらには自伝やダジャレ語録などの著作本の出版や、自らの名を冠したファミコン用ゲームソフト『田代まさしのプリンセスがいっぱい』の発売、原宿竹下通りの「マーシーズ」や清里へのタレントショップの開店、また映画監督として映画の撮影を行うなど、多彩な活躍を見せていた。田代まさし フレッシュアイペディアより)

  • ビッグ3 (日本のお笑いタレント)

    ビッグ3 (日本のお笑いタレント)から見たテレビ番組テレビ番組

    日本のお笑い界で最もテレビ関係者や視聴者から人気と実力のあるお笑い第二世代のトップクラスお笑い芸人であるタモリ・ビートたけし・明石家さんまのTOP3人を“ビッグスリー”になぞらえて表すものであり、漫才ブームなどによってバラエティ番組でのお笑い芸人のテレビ番組・ラジオ番組・CMでの露出が飛躍的に増えた1980年代(昭和50年代中頃)から使われるようになった。ビッグ3 (日本のお笑いタレント) フレッシュアイペディアより)

  • YouTube

    YouTubeから見たテレビ番組テレビ番組

    アメリカでは2005年12月頃にNBCの人気テレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』がアップロードされていたことからブログなどで話題になり、2006年上旬にはYouTubeの映像をブログなどに貼り付け簡単に見られるAPIも公開され爆発的に普及した。日本ではこの頃からブログなどで紹介され人気が上昇、2006年3月頃からニュースサイトで取り上げられるようになった。それに応じてネットの一部でYouTubeをローマ字読みにした「ようつべ」という呼称が用いられるようになり、ネットスラングとして定着する。また、YouTubeAPIを利用したサイトなどのアグリゲーターサービスが数多く開始された。YouTube フレッシュアイペディアより)

2341件中 41 - 50件表示

「テレビ番組」のニューストピックワード