4338件中 91 - 100件表示
  • 天理教の時間

    天理教の時間から見たテレビテレビ

    かつては、スカパー!ベターライフチャンネルでも同名タイトルのテレビ番組が放送されていた(後述)。天理教の時間 フレッシュアイペディアより)

  • 携帯機器

    携帯機器から見たテレビテレビ

    放送受信機 (テレビ・ラジオ)携帯機器 フレッシュアイペディアより)

  • タレント政治家

    タレント政治家から見たテレビテレビ

    タレント政治家については、明確な定義があるわけではない。タレント業を生業としている者(芸能人)だけについてそう呼ぶ場合もあれば、単にメディアを通じて高い知名度があるという理由でタレント政治家と呼ばれる場合もある。メディアを通じて高い知名度があった場合には学者・作家・芸術家といった文化人や、スポーツ選手、ジャーナリスト、特に放送局の社員であって厳密にはタレントには含まれないはずのアナウンサーや記者出身の政治家などについてもそのように表現されることもある。日本においてはテレビの普及以降高橋圭三・宮田輝・田英夫・秦豊・畑恵・黒岩祐治・丸川珠代・杉尾秀哉などアナウンサー・ニュースキャスター出身の政治家は増えている。彼らはメディアを通じて自身の諸活動が大衆に認知されている、というよりメディア自体が職場であった者であるが、いずれもメディアにおいて仕事をしてきた結果メディアを通じて高い知名度を得ている。またメディア側の変質もあり(高橋圭三や秦豊は放送局退社後もフリーアナウンサー・司会として長くメディアにおいて活動していた人物であり、芸能人や文化人的な一面も備えた存在であった)、選挙時にはアナウンサー出身者もタレント候補として扱われるようになっていった。タレント政治家 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ペンギンズ from マダガスカル

    ザ・ペンギンズ from マダガスカルから見たテレビテレビ

    ペンギンズが生活している基地。本部。動物園のペンギン居住区の地下に作られており、アリスや動物園の従業員には秘密である。中は広く、ワニが入ってもつかえないほど天井が高い。入り口は居住区の餌皿の下や、マリーンの居住区、ロジャーの住んでいる下水道など色々な場所にある。テレビ・武器・レーダー・自爆装置・エネルギー制御システムが装備されており、コワルスキーの研究室や13階分の地下室がある。だが、話によって部屋の構造がたびたび変わっており一定しない。ザ・ペンギンズ from マダガスカル フレッシュアイペディアより)

  • 光過敏性発作

    光過敏性発作から見たテレビテレビ

    この問題が顕在化したのは、映像技術や映像コンテンツの普及と発達によって、人の視覚が人工的な強い光刺激に晒されるようになってからである。特に20世紀の中頃以降、映画・テレビ・アニメ・テレビゲームなどの光刺激が、多くの症例を引き起こしている。光過敏性発作 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンウィーク

    ゴールデンウィークから見たテレビテレビ

    ゴールデンウィークとの名称が用いられ始めた時代は、戦後テレビ普及前の日本映画の黄金期で映画館も多数存在しており、映画鑑賞、近場の百貨店での買い物、近郊の遊園地への行楽、周辺の行楽地へのハイキングといった日帰り旅行などが、この時期の一般的な過ごし方で、1970年代以前は普段の日曜日・祝日の過ごし方と大きな違いはなかった。しかし、その後の振替休日制度の導入や土曜休みの普及に伴って、次第にこの時期全体を利用した泊まりがけの旅行や帰省が増え、ついには海外旅行さえ一般的になった。ゴールデンウィーク フレッシュアイペディアより)

  • NHK総合テレビジョン

    NHK総合テレビジョンから見たテレビテレビ

    東京にて1953年2月1日開局(以降の開局は参照)。本チャンネルは日本初のテレビチャンネルである。「総合テレビジョン」という通称名は、同じく地上波で放送されるNHK教育テレビジョン(2011年からの通称:Eテレ)と対比して、総合編成を実施しているということから付けられたものである。NHK総合テレビジョン フレッシュアイペディアより)

  • 陰極線

    陰極線から見たテレビテレビ

    電子が初めて発見されたのは、陰極線を構成する粒子としてであった。1897年、英国の物理学者J・J・トムソンは、陰極線の正体が負電荷を持つ未知の粒子であることを示し、この粒子が後に「電子」と呼ばれるようになった。初期のテレビに用いられていたブラウン管(CRT、すなわち「陰極線管」)は、収束させた陰極線を電場や磁場で偏向させることによって像を作っている。陰極線 フレッシュアイペディアより)

  • サイエンス・フィクション

    サイエンス・フィクションから見たテレビテレビ

    このような傾向を持ったSFの頂点に立つのが、1911年にガーンズバックによって書かれた『ラルフ124C41+』だろう。文章もプロットも今から見れば単純だが、未来予測という点では画期的であった。本作は近未来の生活を扱ったロマンス小説で、執筆当時にはまだ発明されていなかった未来の道具が100以上も描かれている。例えば、蛍光照明、飛行機による文字広告、テレビ、ラジオ、プラスチック、ナイター、3D映写機、ジュークボックス、液体肥料、自動販売機、睡眠学習、電波を利用した電力送信、ガラス繊維、ナイロンなどである。サイエンス・フィクション フレッシュアイペディアより)

  • おたく

    おたくから見たテレビテレビ

    バブル景気の頃から、プロダクション制導入に伴う大量生産期となり潤沢な資金力・労働力を背景に表現力が高度化したアニメーションに対し、尋常ならざる興味を抱く人が増加した。また同時期、バブル景気に伴う余暇時間と可分所得の増大からテレビやビデオデッキ・高価なオーディオセットを個人用に購入するケースが増え、それらに耽溺する人が増えたことも、おたく増加の要因として挙げられる。この頃、「おたく」という人間類型の呼称が確立し一部では社会現象として着目され始めたと言われる。1985年(昭和60年)にはスーパーマリオブラザーズが爆発的にヒットしファミコンおたく・ゲームおたくが登場し、ゲームに没頭し学業を疎かにする児童・学生が次第と社会問題となる。従来はサブカルチャー趣味を持つ者の間で使われる隠語に過ぎなかった「オタク」であったが、1988年(昭和63年)から1989年(平成元年)にかけて起きた東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人がオタクという一面も持っていたことから世間一般にも知られるようになり、事件ならびに犯人像の異様さも相まっておたく差別が起きるようになる。おたく フレッシュアイペディアより)

4338件中 91 - 100件表示

「テレビ」のニューストピックワード