4110件中 91 - 100件表示
  • ソビエト連邦

    ソビエト連邦から見たテレビテレビ

    上記のように外国の放送の傍受が禁止されていた上、テレビやラジオ、新聞などのマスコミによる報道は共産党の管制下に置かれ、国家や党にとってマイナスとなる報道は、1980年代にグラスノスチが始まるまで流れることはなかった。ソビエト連邦 フレッシュアイペディアより)

  • 藤子不二雄

    藤子不二雄から見たテレビテレビ

    漫画を描くかたわらで、当時珍しかったテレビを秋葉原で購入したり、8ミリカメラで映画を製作したりする。テレビの導入は週刊誌での連載が増えて〆切日も短くなったため、時間や話題を知るために役に立ったといい、仕事中はつけっぱなしにしていたという。藤子不二雄 フレッシュアイペディアより)

  • 書評

    書評から見たテレビテレビ

    起源的には18世紀中葉から勃興してきた新聞という大衆向けメディアにおける新刊・新作紹介をその淵源とするが、現在では新聞のみに限らず、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットなどさまざまな媒体(メディア)を通してもまた書評が行われている。書評 フレッシュアイペディアより)

  • ゴールデンウィーク

    ゴールデンウィークから見たテレビテレビ

    ゴールデンウィークとの名称が用いられ始めた時代は、戦後テレビ普及前の日本映画の黄金期で映画館も多数存在しており、映画鑑賞、近場の百貨店での買い物、近郊の遊園地への行楽、周辺の行楽地へのハイキングといった日帰り旅行などが、この時期の一般的な過ごし方だった。しかし、その後の振替休日制度の導入や土曜休みの普及に伴って、次第にこの時期全体を利用した泊まり掛けの旅行や帰省が増え、ついには海外旅行さえ一般的になった。ゴールデンウィーク フレッシュアイペディアより)

  • トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜

    トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜から見たテレビテレビ

    テレビで見せる程の「トリビア」では無い為、一部だけを紹介し、後は当番組専用ホームページにて24時間限定で紹介された。トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 フレッシュアイペディアより)

  • 山本華世

    山本華世から見たテレビテレビ

    山本 華世(やまもと かよ、本名:山本 佳代(読み同じ)、1964年9月2日 - )は、福岡県出身で同地を拠点に活動するローカルタレント、テレビ司会者、コメンテーター。愛称華世姐(かよねぇ)。「カヨ・システム」の代表を務める。2007年6月、bjリーグ「ライジング福岡」の球団代表に就任。 山本華世 フレッシュアイペディアより)

  • 傘

    から見たテレビテレビ

    また、視認性の高さも長所である。透明なビニールを傘布に使っているため、強風時の歩行などに際して傘を前に傾けても視界が遮られず、前から接近する人や物を視認できる。この視認性から、安全面を重視して児童に持たせたり、TVの屋外中継の際にレポーターやタレントが使うこともある。 フレッシュアイペディアより)

  • ケーブルテレビ

    ケーブルテレビから見たテレビテレビ

    同軸ケーブルや光ケーブルなどを用いテレビジョン放送やインターネット接続、電話などのサービスを提供している。ケーブルテレビ信号の配信元や会社そのものが、無線による放送・配信の「放送局」と同様の意味で「ケーブルテレビ局」と呼ばれる。ケーブルテレビ フレッシュアイペディアより)

  • コミュニティ放送

    コミュニティ放送から見たテレビ放送テレビ

    コミュニティ放送にはテレビ放送とラジオ放送がある。ラジオ放送は受信エリアを限るため基本的に超短波放送のFMラジオ帯が使用されており、コミュニティFM(コミュニティエフエム)と呼ばれる。これを略してcFMやCFMと呼ぶこともあるが公式な略称として採用されてはいない。また、まれに、県域局と比較してその規模から放送免許なしで開局できる微弱電波放送とともにミニFMと呼ばれることがあるが、公の場での放送免許を有する小規模局については、免許上の正式名称であるコミュニティ放送局またはコミュニティFMと呼ばれている。コミュニティ放送 フレッシュアイペディアより)

  • 日本の経済

    日本の経済から見たテレビテレビ

    テレビ業界では近年、これまでの地上波放送だけでなくBS放送・CS放送などの衛星放送・ケーブルテレビの普及によってテレビの多チャンネル化が進んでいる。地上波ではNHKと民放のキー局5社(フジテレビジョン・日本テレビ放送網・TBSテレビ・テレビ朝日・テレビ東京)が大きな力を持っており、地方の系列局を通して全国にテレビ放送を行っている。1980年代後半以降、テレビの視聴時間は増加に転じており長時間テレビが見られる傾向が続いている。しかし、インターネットの普及などによって若年層を中心にテレビ離れが加速しており、テレビの視聴率低迷や景気低迷でテレビ局の経営環境は厳しくテレビ局の主要な収入であるテレビ広告費は年々減少傾向にある。近年は、キー局を中心にネットととの融合を進めており、番組のネットの配信やネットを活用した番組作りなどが進められている。日本の経済 フレッシュアイペディアより)

4110件中 91 - 100件表示

「テレビ」のニューストピックワード