4338件中 101 - 110件表示
  • 英国放送協会

    英国放送協会から見たテレビテレビ

    英国放送協会(えいこくほうそうきょうかい、)は、イギリスのラジオ・テレビを一括運営する公共放送局。英国放送協会 フレッシュアイペディアより)

  • 予想 (競馬)

    予想 (競馬)から見たテレビテレビ

    かつて日本における予想はラジオ・テレビにおける競馬番組、競馬新聞、スポーツ新聞の競馬欄などで競馬評論家やトラックマン、競馬好きで知られる一部著名人などの限られた人間によって行われていたが、現在ではインターネットの普及により一般の競馬ファンがウェブページやブログなどにおいて予想を行うことも盛んとなっている。予想 (競馬) フレッシュアイペディアより)

  • スタジオ・システム

    スタジオ・システムから見たテレビテレビ

    それと共に、戦後の急激な観客動員数の低下や家庭へのテレビの台頭は、より一層のスタジオ製作を困難にさせた。もはやB級映画を製作できる余裕もなくなった。巨大な敷地を持っていた映画スタジオは、その広大な敷地を売却して不動産として現金化していった。また、ある撮影スタジオではテレビ番組のロケーション撮影用に外部へ貸し出すようになった。そして、急速な収益の低下は、スタジオで従事していた多くの従業員をもはや雇えなくなった。また、トップ・スターの契約をスタジオ側が引き留めることは困難であった。例えば1944年オリヴィア・デ・ハヴィランドのワーナー・ブラザースへの法廷での異議申し立ては認められ判例となったのである。これは、スターのギャラの高騰につながった。また皮肉にもパラマウント判決は、ロケ主体の低予算でスタジオにあまり頼らないインディペンデント(独立)系の小さな規模のプロダクション作品を奨励することとなった。外国やインディペンデント(インディーズ)系のプロデューサーが急速に米国映画市場に参入することになった。その流れとは逆に米国内のプロデューサーをより安上がりの製作費で挙げるために海外へと求め始めた。画面の大型化や豪華な超大作も逆にスタジオの一層の収益の圧迫をまねいた。こうして、1950年代後半スタジオ・システムはゆっくりと確実に終焉を迎えることになったのである。スタジオ・システム フレッシュアイペディアより)

  • スラムドッグ$ミリオネア

    スラムドッグ$ミリオネアから見たテレビテレビ

    インドの大都市ムンバイの中にあるスラム、ダーラーヴィー地区(Dharavi)で生まれ育った少年ジャマールは、テレビの人気クイズ番組『コウン・バネーガー・カロールパティ』("Kaun Banega Crorepati"、原題は『フー・ウォンツ・トゥ・ビー・ア・ミリオネア』、日本版は『クイズ$ミリオネア』)に出演する。スラムドッグ$ミリオネア フレッシュアイペディアより)

  • 山本華世

    山本華世から見たテレビテレビ

    山本 華世(やまもと かよ、本名:山本 佳代(読み同じ)、1964年9月2日 - )は、福岡県出身で同地を拠点に活動するローカルタレント、テレビ司会者、コメンテーター。愛称は華世姐(かよねぇ)、ターミ姉ちゃん(たーみねえちゃん)。「カヨ・システム」の代表と、ニコニコ生放送公式チャンネル「KAYO channel」の主宰を務める。 山本華世 フレッシュアイペディアより)

  • 電機メーカー

    電機メーカーから見たテレビテレビ

    電機メーカー(でんきメーカー)とは、家電と呼ばれる軽電製品(テレビ、洗濯機、電気調理器具、空調機器、照明、デジカメなど)や重電製品(発電機、変圧器、電池などの電力設備)、コンピュータ製品・オフィス機器(スマートフォン、パーソナルコンピュータ、サーバ、プリンター、コピー機)、医療機器(MRIやCTなど)、電子部品(LSIなどの半導体、モーターなど)、産業用電気製品(産業用電動機、産業用ロボットなど)、電動輸送機器(電車、昇降機など)、自動車や船舶用の電子機器、航空宇宙機(民間用航空機、人工衛星、宇宙探査機、ロケットなど)用の電子機器、兵器(軍用機、ミサイルなど)用の電子機器等、これらの電気製品をどれか一つでも手掛けているメーカーのことである。電機とは電気機械の略である。電機メーカー フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・アニメーションの黄金時代

    アメリカン・アニメーションの黄金時代から見たテレビテレビ

    その一方でワーナー・ブラザースは活気を取り戻し、次の15年間から20年間に高い人気を獲得した。1944年に、レオン・シュレジンガープロダクションは、ワーナーに買収されたが、勢いは衰えることがなかった。これらの期間にフリッツ・フレラングとボブ・クランペットは、その最高の仕事を成し遂げたと見なされている。特にクランペットが監督した『ポーキーのヘンテコランド』(原題:Porky in Wackyland)『カメがウサギを超えた日』(原題:Tortoise Wins By A Hare)『ビッグ・スヌーズ』(原題:The Big Snooze)『石炭姫とひちにんのこびと』(原題:Coal Black and de Sebben Dwarfs)『未来のバニー』(原題:The Old Grey Hare)などの傑作短編によって、6分間物のアニメーション映画はシュルレアリスムに匹敵する水準にまで押し上げられた。1946年に、クランペットはスタジオとの諍いが原因でワーナー・ブラザースを退社し、自身のスタジオ経営に乗り出した。クランペットは新たに誕生したテレビ分野における子供番組の開拓者として活動し、人気番組『Time for Beany』を制作した。アメリカン・アニメーションの黄金時代 フレッシュアイペディアより)

  • ギャラクシー賞

    ギャラクシー賞から見たテレビテレビ

    放送批評懇談会設立の1963年に創設された賞で、放送批評懇談会会員から選ばれた選奨事業委員会が、応募のあった作品および選奨事業委員会が推奨した作品(CM部門を除く)の中から、「テレビ部門」「ラジオ部門」「CM部門」「報道活動部門」の4部門について以下の各賞を表彰する。ギャラクシー賞 フレッシュアイペディアより)

  • 逆電

    逆電から見たテレビテレビ

    逆電(ぎゃくでん)とは、テレビ、ラジオの番組放送中に番組出演者が視聴者、聴取者に電話をかけること。逆電 フレッシュアイペディアより)

  • Xacti

    Xactiから見たテレビテレビ

    DMX-C40(2005年11月発売) - 60fps(1秒あたり60コマ)でのテレビ再生機能を初めて搭載。Xacti フレッシュアイペディアより)

4338件中 101 - 110件表示

「テレビ」のニューストピックワード