4338件中 31 - 40件表示
  • 地上基幹放送局

    地上基幹放送局から見たテレビジョンテレビ

    原則として第二級陸上無線技術士以上の、空中線電力2kWを超えるテレビジョン基幹放送局は第一級陸上無線技術士の無線従事者による管理(常駐するという意味ではない。)を要する。地上基幹放送局 フレッシュアイペディアより)

  • ラスタースキャン

    ラスタースキャンから見たテレビテレビ

    ラスタースキャン (Raster scan) とは、2次元の画像を、まず点で1次元的にスキャン(日本語では走査と言う)して線(走査線 (scan line) と言う)を得て、次いでその直角方向にその線でスキャンして、2次元の面で画像を得る方法である。テレビにおける撮像と受像、ファクシミリ、多くのコンピュータシステムでのイメージスキャナやプリンターやディスプレイなどなどで使われている。イメージスキャナなどでは一列に並んだセンサによりいっぺんにスキャンがおこなわれるがラスタースキャンの一種である。アナログ複写機はスキャンはしているが写真的な処理でありラスタースキャンではない。Raster とはラテン語で熊手を意味するrastumに由来する言葉で、熊手のようなもので面を線上になぞることを示す。すなわち、ラスタースキャンにおける走査線の動きを指している。ラスタースキャン フレッシュアイペディアより)

  • ロバート・F・マークス

    ロバート・F・マークスから見たテレビテレビ

    多数のハリウッド映画やテレビのドキュメンタリーでコンサルタントを努めた。最近のものとしては、Arts & Entertainment NetworkのLearning Channel、History Channel、Ultimate 10、NOVA、Forty-Eight Hours、Andrew Solt Productions、Greystone Productions、BBC2、Dateline NBCなどに携わっている。100を超える数のドキュメンタリーフィルムに参画し、全米で数多く放映されており、また海外のTVでも放映された。ロバート・F・マークス フレッシュアイペディアより)

  • マスコミュニケーション

    マスコミュニケーションから見たテレビテレビ

    マスコミュニケーション()あるいは大衆伝達(たいしゅうでんたつ)とは、マスメディア(具体的にはテレビ、ラジオ、インターネット、新聞、雑誌、書籍など)を用いて、不特定多数の大衆(マス)に大量の情報を伝達すること。マスコミュニケーション フレッシュアイペディアより)

  • アレクサンドル・パナヨートフ

    アレクサンドル・パナヨートフから見たテレビテレビ

    テレビのオーディション「スターニ・ズヴェズドィ(「スターになれ」という意味)」に出場して自分の力を試す為、2002年にモスクワ移住を決意した。このオーディションで決勝戦まで勝ち進んだが、この決勝戦参加者でユニット「ドゥルギーエ・プラーヴィラ」を結成する話が持ち込まれこれに乗らなかったため、決勝戦を辞退した。アレクサンドル・パナヨートフ フレッシュアイペディアより)

  • アナログ信号処理

    アナログ信号処理から見たテレビテレビ

    アナログ信号処理の例として、スピーカーのクロスオーバーフィルタによる音高の分解、ステレオでの音量調節、テレビでの色調調節がある。典型的なアナログ信号処理部品として、コンデンサ、抵抗器、コイル、トランジスタなどがある。アナログ信号処理 フレッシュアイペディアより)

  • 相原茂

    相原茂から見たテレビテレビ

    福島県立会津高等学校卒業、東京教育大学修士課程修了。中国語学専攻。明治大学助教授、お茶の水女子大学教授を経て、現在は、中国語コミュニケーション能力判定テスト(TECC)を実施している中国語コミュニケーション協会の代表。日本における中国語教育の分野で精力的に活動し、語学書や中国語に関するエッセー等を多数執筆している。NHKのラジオ・テレビの中国語講座にも講師として出演した。2001年度のNHKテレビ中国語講座では、「古畑您三郎」と称して毎回田村正和演じる古畑任三郎の物真似を披露した。相原茂 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のニュース・メディア

    アメリカ合衆国のニュース・メディアから見たテレビテレビ

    大衆に情報を提供するマス・メディアの中で、新聞、テレビ、ラジオ、インターネット等のメディアにおいてニュースを専門的に扱うものはアメリカ合衆国においてニュース・メディア(news media)と呼ばれる。アメリカ合衆国のニュース・メディア フレッシュアイペディアより)

  • アメリカ合衆国のボクシング中継

    アメリカ合衆国のボクシング中継から見たテレビテレビ

    アメリカ合衆国のボクシング中継(アメリカがっしゅうこくのボクシングちゅうけい)は19世紀末の実写映画を端緒とし、ラジオ中継を通して確立された。ボクシングのテレビ中継は1939年に始まったが、受像機を持つ家庭は1950年の時点でも1割に満たず、この頃まではニュース映画の上映権料やCCTV(クローズド・サーキット・テレビジョン)の放映権料が、興行収入の大半を占める入場料を脇から支えていた。1959年にかけて8割を超える家庭が受像機を持つようになり、これにともなってテレビでのボクシング中継が盛んになると、会場は規模の大小に関わらず活気を失った。入場料に代わってテレビの放映権料がボクシングの主な収入源となり、テレビ中継のある興行でメインイベントに登場する選手たちのファイトマネーは上昇傾向にあったが、1950年代の終わりからネットワークの地上波の視聴率はすでに下がり始めていた。ラジオ、地上波、CCTVに続いて、衛星放送、ケーブルテレビ、さらにはストリーミングによる中継が行われるようになるが、力量差のある退屈なマッチメイクや選手自身のリスクを冒さない無難な戦い方に加え、不当判定の頻発などにより信頼を失ったボクシングは、広告主を他競技に奪われると収入を確保することができなくなった。アメリカ合衆国のボクシング中継 フレッシュアイペディアより)

  • ポーランドの経済

    ポーランドの経済から見たテレビテレビ

    ポーランドの主な工業部門は鉄鋼、機械部品、電機、電気部品、家電、石油化学、自動車、兵器、航空機、造船、繊維、食品加工である。特にパーソナルコンピュータやテレビなどの情報家電の生産は盛んで、ヨーロッパのテレビ生産の3割をポーランドが占めている。このほか化粧品や洗面用具、医療器具、医薬品など比較的盛んに生産されている。ポーランドの経済 フレッシュアイペディアより)

4338件中 31 - 40件表示

「テレビ」のニューストピックワード