4110件中 81 - 90件表示
  • ポーランドの経済

    ポーランドの経済から見たテレビテレビ

    ポーランドの主な工業部門は鉄鋼、機械部品、電機、電気部品、家電、石油化学、自動車、兵器、航空機、造船、繊維、食品加工である。特にパーソナルコンピュータやテレビなどの情報家電の生産は盛んで、ヨーロッパのテレビ生産の3割をポーランドが占めている。このほか化粧品や洗面用具、医療器具、医薬品なども比較的盛んに生産されている。ポーランドの経済 フレッシュアイペディアより)

  • 華氏451度

    華氏451度から見たテレビテレビ

    ブラッドベリ自身は『この作品で描いたのは国家の検閲ではなく、テレビによる文化の破壊』と2007年のインタビューで述べている。華氏451度 フレッシュアイペディアより)

  • FM-7

    FM-7から見たテレビテレビ

    従来の640ドット×200ライン8色が2画面持てるようになったほか、320ドット×200ライン4096色という当時では画期的な色数の同時発色を可能とし、キャッチコピーではカラー化した映画などで使われた語である「総天然色」にかけて「総、天、然、ショック。」とうたった。セットの専用モニターはテレビチューナー内蔵で、単体でもテレビ放送が受信可能でビデオ入力端子も装備(スピーカーはモノラル)。FM-7 フレッシュアイペディアより)

  • 天気予報

    天気予報から見たテレビテレビ

    予報的要素を含まない過去の気象状況の発表や実況は、厳密には天気予報には含めない。ただし、テレビ等で「気象情報(主にNHK<日本放送協会>の天気関連番組などで使用される。)」と言う場合があり、これは厳密には気象実況情報に天気予報を加味したものであるが、天気予報とほぼ同義に用いられることが多い。天気予報 フレッシュアイペディアより)

  • G. M. ナイル

    G. M. ナイルから見たテレビテレビ

    1968年、東京農業大学畜産学科を卒業。父ナイルが銀座に開いた日本初のインド料理専門店「ナイルレストラン」の後継者になることを決心し、店で働きはじめる(ただしそれ以前からも店を手伝っていた)。一方、その独特のキャラクターが買われて、テレビタレントとしても活躍。浅井企画に所属し、「日本語がペラペラのインド人(ハーフ)」として人気となり、テレビやラジオ、雑誌などにさかんに出演。「ナイルさん」と親しまれ、「インド人、嘘つかない」というセリフは常套句として知られている。G. M. ナイル フレッシュアイペディアより)

  • 日本レコード大賞

    日本レコード大賞から見たテレビテレビ

    放送上の番組名は『輝く!日本レコード大賞』(かがやく! にほんレコードたいしょう)。民放では数少ないテレビ・ラジオの同時放送番組でもある。日本レコード大賞 フレッシュアイペディアより)

  • S-VHS

    S-VHSから見たテレビ放送テレビ

    過去には、シャープからコンポーネント映像入出力端子を搭載した製品も発売されていた(アナログBSチューナーを搭載した「VC-ES20B」と地上アナログチューナーのみの「VC-ES2」の2機種)。他にも、シャープからはD1映像出力端子を搭載した製品も発売されていた(地上アナログチューナーのみの「VC-VS1」の1機種のみ)。S-VHS フレッシュアイペディアより)

  • サンプリング周波数

    サンプリング周波数から見たテレビテレビ

    また、フィルム映画やテレビジョン信号も、本来時間的に連続した画像を離散的な時刻で撮影した「コマ」を記録・再生するので、フレームレートも広い意味でのサンプリング周波数ととらえ、三次元ビデオ信号処理として扱われる。これは特にフレームレート変換を伴う方式変換技術や、インターレース/プログレッシブ走査変換、フレーム間圧縮を伴う高効率符号化技術などでは重要な概念である。サンプリング周波数 フレッシュアイペディアより)

  • 電気通信

    電気通信から見たテレビテレビ

    英語ではテレコミュニケーション (telecommunication) と呼ぶが、この場合は電気に限らず、通信の目的で遠隔地に信号を伝送すること全般を指す。かつては、狼煙、トーキングドラム、腕木通信、手旗信号、回光通信機などが使われた。現代においては電気通信が主流であり、電話機、テレビ、ラジオ、コンピュータといった機器を使用する。電気通信分野の初期の発明者としては、アレクサンダー・グラハム・ベル、グリエルモ・マルコーニ、ジョン・ロジー・ベアードらが挙げられる。電気通信は世界経済の重要な部分となっており、2006年の全世界の電気通信業界の収入は1兆2千億ドルと見積もられている。電気通信 フレッシュアイペディアより)

  • 電気工学

    電気工学から見たテレビテレビ

    ラジオの開発においては、多数の科学者や発明家が無線技術や電子工学に貢献している。1881年、ハインリヒ・ヘルツは電磁波の発生と検出を行う電気装置を製作して極超短波の実験を行った。1895年、ニコラ・テスラはニューヨーク市内の自身の実験室から発信した電波をウェストポイントで受信する実験に成功した(距離は80.4km)。1897年、フェルディナント・ブラウンはオシロスコープの一部としてブラウン管を発明し、これが後のテレビを生むことになる。ジョン・フレミングは1904年、最初の真空管(二極管)を発明した。2年後、Robert von Lieben とリー・ド・フォレストがそれぞれ独自に増幅効果のある三極管を発明した。電気工学 フレッシュアイペディアより)

4110件中 81 - 90件表示

「テレビ」のニューストピックワード