ディエゴ・フォルラン ニュース&Wiki etc.

ディエゴ・フォルラン・コラソ(, 1979年5月19日 - )は、ウルグアイの首都モンテビデオ出身のサッカー選手。元ウルグアイ代表。ポジションはフォワード。バスク系ウルグアイ人。 (出典:Wikipedia)

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ディエゴ・フォルラン」のつながり調べ

  • エディンソン・カバーニ

    エディンソン・カバーニから見たディエゴ・フォルラン

    FIFAワールドカップ・南アフリカ大会ではディエゴ・フォルラン、ルイス・スアレスに次ぐFWとして出場。3位決定戦のドイツ戦では同点ゴールを挙げた。2010年7月27日、親善試合のアンゴラ戦で途中出場で83分にチームの先制ゴールを記録した。(エディンソン・カバーニ フレッシュアイペディアより)

  • フェルナンド・トーレス

    フェルナンド・トーレスから見たディエゴ・フォルラン

    2006-07シーズンはPKを外すことが多かったが、リーグ戦で14得点を決め、プリメーラ・ディビシオン昇格後の5シーズン全てで2桁得点を記録した。イギリスのメディアは彼がリヴァプールFCのメインターゲットとなっていると報道したが、セレソ会長は「リヴァプールFCを含むどのクラブや選手からもオファーは受け取っていない」と述べた。しかし、その数日後、アトレティコがトーレスをリヴァプールに移籍させる契約に同意したという新たな報道が伝えられた。その契約によると、移籍金の額は2500万ポンドと噂されており、その金額とは関係なしにルイス・ガルシアがアトレティコに移籍するというものだった。6月30日、アトレティコはビジャレアルからディエゴ・フォルランを獲得し、それはトーレスの放出を公にする前に実質的な代替要員を獲得したことを暗に示していた。7月2日、トーレスはリヴァプールとの契約を成立させるためにバカンスを途中で切り上げてマドリードに戻った。その翌日、トーレスはリヴァプールのメルウッド練習場で行われたメディカルチェックをパスした。リヴァプールとの6年契約を交わす前にアトレティコのファンに別れの挨拶をすることを希望し、7月4日にマドリードで記者会見を開いた。移籍金額はリヴァプール史上最高額だった。2008年3月、ラファエル・ベニテス監督はタイムズ紙のインタビューにおいて「ルイス・ガルシアの移籍を考慮に入れると、リヴァプールFCはトーレスを約2000万ポンドで獲得した」と述べた。(フェルナンド・トーレス フレッシュアイペディアより)

「ディエゴ・フォルラン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード