前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    「すぽると!」MONDAY FOOTBALLの選手紹介 ディエゴ・フォルラン博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • ビジャレアルCF

    ビジャレアルCFから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2004年夏には3年連続でUEFAインタートトカップに出場し、決勝ではアトレティコ・マドリードをPK戦の末に破って優勝し、UEFAカップ出場権を得た。UEFAカップでは準々決勝でAZ(オランダ)に2試合合計2-3で敗れた。同シーズンのリーグ戦は3位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフ出場権を獲得。25得点を積み上げた新戦力のディエゴ・フォルランが得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得した。2005年夏にはリケルメの完全移籍での加入が決まり、UEFAチャンピオンズリーグで初出場にしてベスト4まで勝ち上がる大旋風を巻き起こした。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフで、エヴァートンFC(イングランド)を破って本選グループリーグ出場を決めると、同大会常連クラブの居並ぶグループリーグで、マンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)相手には2分、LOSCリール・メトロポール(フランス)とSLベンフィカ(ポルトガル)相手には1勝1分ずつの成績を残し、グループリーグを6戦無敗で終えた。アウェーでのベンフィカ戦勝利によって、ビジャレアルが首位、ベンフィカが2位で決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント1回戦ではレンジャーズFC(スコットランド)と対戦し、2試合合計3-3であったが、アウェーのアイブロックス・スタジアムで2-2と引き分けていたことから、アウェーゴールルールで勝ち上がりを決めた。準々決勝ではインテル(イタリア)に2試合合計2-2で引き分け、やはりアウェーゴールルールで勝ち上がりを決めた。準決勝ではアーセナルFC(イングランド)と対戦したが、ディフェンス陣に怪我人が続出しており、主審による疑惑の判定などもあって、ハイベリーで行われたファーストレグを0-1で落とした。ホームで行われたセカンドレグでは試合終了間際にPKを得たが、リケルメのキックが当時10戦連続無失点記録というチャンピオンズリーグ史上最長記録を更新したチームの最後の砦でドイツ代表の守護神に君臨するイェンス・レーマンに止められ、0-0の引き分け(2試合合計0-1)で敗退が決まった。アーセナルはパリで行われた決勝でFCバルセロナに敗れている。ビジャレアルはリーグ戦では7位に終わり、UEFAインタートトカップの出場権を得るにとどまった。ビジャレアルCF フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップの統計

    2010 FIFAワールドカップの統計から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    最多得点選手: 5得点 — ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、トーマス・ミュラー、ディエゴ・フォルラン2010 FIFAワールドカップの統計 フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・セレソ

    エンリケ・セレソから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    アトレティコ・マドリード会長ヘスス・ヒルの下でクラブはセグンダ・ディビシオン降格を味わうなど苦境に陥り、2002年にセレソはヒルからクラブ会長職を継承した。セレソは精力的な補強を行いクラブ強化を図ったが、カルロス・ビアンチの招聘も低迷を招くなど、苦しい状況が続いた。2006-07シーズン、ハビエル・アギーレを監督に招聘。2007-08シーズンにはリーガ4位と復活を印象付け、セルヒオ・アグエロ、ディエゴ・フォルランの2トップが得点を量産することで、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2009-10シーズンはシーズン途中より就任したキケ・フローレス監督の下で、UEFAヨーロッパリーグ優勝を果たしている。エンリケ・セレソ フレッシュアイペディアより)

  • エヴェラルド・デ・ヘスス・ペレイラ

    エヴェラルド・デ・ヘスス・ペレイラから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2015年6月、セレッソ大阪の練習に参加。同月をもって退団するフォルランとカカウに代わるFWとして加入間近であったが、マグノ・クルスとエジミウソンの加入に伴い見送られた。エヴェラルド・デ・ヘスス・ペレイラ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・フォルラン

    パブロ・フォルランから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    息子であるディエゴ・フォルランもウルグアイ代表のサッカー選手で、パブロと同じくディエゴもペニャロールで2015年からプレーしている。ディエゴがJリーグ・セレッソ大阪でプレーしていた際には、来日している。パブロ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ

    ディエゴから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルラン - ウルグアイ出身のサッカー選手。ディエゴ フレッシュアイペディアより)

  • エクトル・スカローネ

    エクトル・スカローネから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    現役時代の得点数は、代表では52試合出場31得点、所属クラブでの成績は369試合出場301得点と特筆した成績を残し、初期のウルグアイのサッカー界に多大な貢献をした。1939年に引退後は、1950年からレアル・マドリードの監督を2シーズン務め、1シーズン目には9位、2シーズン目には3位と言う結果だが、ウルグアイ代表監督も経験している。代表での31得点は、21世紀に入ってディエゴ・フォルランに更新されるまで80年以上にわたり、ウルグアイ代表の最多得点記録となっていた。エクトル・スカローネ フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・モレノ (サッカー選手)

    ホセ・モレノ (サッカー選手)から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2002年夏、15位でセグンダ・ディビシオン降格を逃れたビジャレアルCFに移籍した。2004年4月14日、UEFAカップ・準々決勝セルティックFC戦ファーストレグでは貴重なアウェーゴールを奪い、同大会での準決勝進出に貢献した。2004-05シーズンはフアン・ロマン・リケルメやディエゴ・フォルランなどの強力な攻撃陣を背後から支え、3位に躍進してクラブ初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2005-06シーズンの同大会予選3回戦のエヴァートンFC戦ではアウェーゴールを挙げて本選出場に貢献し、本選グループリーグではマンチェスター・ユナイテッドFCなどと同組になりながら首位で決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントではインテルなどを下し、準決勝でアーセナルFCに敗れるまで快進撃は続いた。ホセ・モレノ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ゴンタン

    セルヒオ・ゴンタンから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2008-09シーズン、2008年10月29日、コパ・デル・レイのオリウエラCF戦でディエゴ・フォルランに代わってわずかな時間だけ出場し、アトレティコのトップチームにデビューした。2010年1月、レアル・バリャドリードにレンタル移籍し、2009-10シーズン終了と共に一度アトレティコに復帰したが、夏の移籍市場が閉まる直前にFCカルタヘナへのレンタル移籍が発表され、2010-11シーズンはカルタヘナでプレーすることが決まった。その後ジローナFCにレンタル移籍した。セルヒオ・ゴンタン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
42件中 1 - 10件表示

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード