前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示
  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    「すぽると!」MONDAY FOOTBALLの選手紹介 ディエゴ・フォルラン博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • ビジャレアルCF

    ビジャレアルCFから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2004年夏には3年連続でUEFAインタートトカップに出場し、決勝ではアトレティコ・マドリードをPK戦の末に破って優勝し、UEFAカップ出場権を得た。UEFAカップでは準々決勝でAZ(オランダ)に2試合合計2-3で敗れた。同シーズンのリーグ戦は3位で終え、UEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフ出場権を獲得。25得点を積み上げた新戦力のディエゴ・フォルランが得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得した。2005年夏にはリケルメの完全移籍での加入が決まり、UEFAチャンピオンズリーグで初出場にしてベスト4まで勝ち上がる大旋風を巻き起こした。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・プレーオフで、エヴァートンFC(イングランド)を破って本選グループリーグ出場を決めると、同大会常連クラブの居並ぶグループリーグで、マンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)相手には2分、LOSCリール・メトロポール(フランス)とSLベンフィカ(ポルトガル)相手には1勝1分ずつの成績を残し、グループリーグを6戦無敗で終えた。アウェーでのベンフィカ戦勝利によって、ビジャレアルが首位、ベンフィカが2位で決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメント1回戦ではレンジャーズFC(スコットランド)と対戦し、2試合合計3-3であったが、アウェーのアイブロックス・スタジアムで2-2と引き分けていたことから、アウェーゴールルールで勝ち上がりを決めた。準々決勝ではインテル(イタリア)に2試合合計2-2で引き分け、やはりアウェーゴールルールで勝ち上がりを決めた。準決勝ではアーセナルFC(イングランド)と対戦したが、ディフェンス陣に怪我人が続出しており、主審による疑惑の判定などもあって、ハイバリーで行われたファーストレグを0-1で落とした。ホームで行われたセカンドレグでは試合終了間際にPKを得たが、リケルメのキックがイェンス・レーマンに止められ、0-0の引き分け(2試合合計0-1)で敗退が決まった。アーセナルはパリで行われた決勝でFCバルセロナに敗れている。ビジャレアルはリーグ戦では7位に終わり、UEFAインタートトカップの出場権を得るにとどまった。ビジャレアルCF フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・レジェス

    ホセ・アントニオ・レジェスから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2009年夏にアトレティコ・マドリードに復帰し、2010年1月9日のバリャドリード戦ではロングレンジからミドルシュートを決めた。1月18日のUEFAヨーロッパリーグ・ガラタサライ戦1stレグでは22分にフリーキックを直接決め、2ndレグではディエゴ・フォルランの決勝点をアシストして勝ち上がりに貢献した。3月28日のレアル・マドリードとのマドリードダービーではペナルティエリア右側から左足で巻くようなゴールを決めた。ホセ・アントニオ・レジェス フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・モレノ (サッカー選手)

    ホセ・モレノ (サッカー選手)から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2002年夏、15位でセグンダ・ディビシオン降格を逃れたビジャレアルCFに移籍した。2004年4月14日、UEFAカップ・準々決勝セルティックFC戦ファーストレグでは貴重なアウェーゴールを奪い、同大会での準決勝進出に貢献した。2004-05シーズンはフアン・ロマン・リケルメやディエゴ・フォルランなどの強力な攻撃陣を背後から支え、3位に躍進してクラブ初のUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2005-06シーズンの同大会予選3回戦のエヴァートンFC戦ではアウェーゴールを挙げて本選出場に貢献し、本選グループリーグではマンチェスター・ユナイテッドFCなどと同組になりながら首位で決勝トーナメント進出を決めた。決勝トーナメントではインテルなどを下し、準決勝でアーセナルFCに敗れるまで快進撃は続いた。ホセ・モレノ (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • エンリケ・セレソ

    エンリケ・セレソから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    アトレティコ・マドリード会長ヘスス・ヒルの下でクラブはセグンダ・ディビシオン降格を味わうなど苦境に陥り、2002年にセレソはヒルからクラブ会長職を継承した。セレソは精力的な補強を行いクラブ強化を図ったが、カルロス・ビアンチの招聘も低迷を招くなど、苦しい状況が続いた。2006-07シーズン、ハビエル・アギーレを監督に招聘。2007-08シーズンにはリーガ4位と復活を印象付け、セルヒオ・アグエロ、ディエゴ・フォルランの2トップが得点を量産することで、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。2009-10シーズンはシーズン途中より就任したキケ・フローレス監督の下で、UEFAヨーロッパリーグ優勝を果たしている。エンリケ・セレソ フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップの統計

    2010 FIFAワールドカップの統計から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    最多得点選手: 5得点 — ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、トーマス・ミュラー、ディエゴ・フォルラン2010 FIFAワールドカップの統計 フレッシュアイペディアより)

  • ヨーロッパ・ゴールデンシュー

    ヨーロッパ・ゴールデンシューから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    1967-68シーズンに表彰が始まり、1991年に一時中断。1996-97シーズンから各国リーグ間のレベル差を考慮したポイント制となり再開した。最多受賞回数は旧方式・現行ともにエウゼビオ、ゲルト・ミュラー、ドゥドゥ・ゲオルゲスク、フェルナンド・ゴメス(以上旧方式)、マリオ・ジャルデウ、ティエリ・アンリ、ディエゴ・フォルラン、クリスティアーノ・ロナウド、リオネル・メッシ(以上現行)の2回。ヨーロッパ・ゴールデンシュー フレッシュアイペディアより)

  • ダヌービオFC

    ダヌービオFCから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルラン 1998(ユース時代)ダヌービオFC フレッシュアイペディアより)

  • 平畠啓史

    平畠啓史から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    『アメトーーク!』の「ワールドカップ2010応援芸人」(2010年6月10日放送)では、他の出演者がアルゼンチン代表のリオネル・メッシや、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドなどを注目選手とする中、平畠はウルグアイ代表のディエゴ・フォルランを注目選手とした。周りから「渋い」などと言われたが、そのフォルランがMVPを獲得した。これについて共演していた矢部浩之は「日本で一番最初にフォルランに注目していたのは平ちゃん」と語っている。平畠啓史 フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・ゴンタン

    セルヒオ・ゴンタンから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2008-09シーズン、2008年10月29日、コパ・デル・レイのオリウエラCF戦でディエゴ・フォルランに代わってわずかな時間だけ出場し、アトレティコのトップチームにデビューした。2010年1月、レアル・バリャドリードにレンタル移籍し、2009-10シーズン終了と共に一度アトレティコに復帰したが、夏の移籍市場が閉まる直前にFCカルタヘナへのレンタル移籍が発表され、2010-11シーズンはカルタヘナでプレーすることが決まった。その後ジローナFCにレンタル移籍した。セルヒオ・ゴンタン フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4
33件中 1 - 10件表示

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード