42件中 11 - 20件表示
  • ダヌービオFC

    ダヌービオFCから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    ダヌービオの下部組織は優れた選手を多く輩出している。アルバロ・レコバは1994年にトップチームデビューし、ナシオナル・モンテビデオを経由して1997年にインテルナツィオナーレ・ミラノ(イタリア)に移籍した。ウルグアイ代表としては69試合に出場し、2010年にダヌービオに復帰した。ファビアン・カリーニは1996年にデビューし、2000年にユヴェントスFC(イタリア)に引き抜かれた。ウルグアイ代表としては70試合以上に出場している。ディエゴ・フォルランは1991年から1994年までダヌービオの下部組織に在籍したが、1994年にCAインデペンディエンテ(アルゼンチン)の下部組織に移り、インデペンディエンテからデビューした。その後は2001年にマンチェスター・ユナイテッドFC(イングランド)に移籍し、ビジャレアルCF(スペイン)やインテル(イタリア)でもプレーした。ウルグアイ代表としては100試合以上に出場し、2010 FIFAワールドカップではゴールデンボール(最優秀選手)に輝いた。エディンソン・カバーニは10代前半からダヌービオの下部組織に所属し、南米ユース選手権での活躍でUSチッタ・ディ・パレルモ(イタリア)に引き抜かれた。SSCナポリ(イタリア)ではセリエA得点王に輝き、2013年にパリ・サンジェルマンFCに移籍した。このほかにも、ルベン・ソサ、マルセロ・サラジェタ、ルベン・オリベーラ、アドリアン・デアン、ルベン・ダ・シルバ(ポリジータ)、ハビエル・チェバントン、リチャルド・ヌニェス、ワルテル・ガルガノ、カルロス・グロスミュラー、イグナシオ・マリア・ゴンサーレス、クリスティアン・ストゥアニ、ネリー・カスティージョ、リカルド・ゲーロ・ロドリゲスなどがダヌービオの下部組織出身であり、後にウルグアイ国外のクラブに羽ばたいていった。ダヌービオFC フレッシュアイペディアより)

  • ホセ・アントニオ・レジェス

    ホセ・アントニオ・レジェスから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2009年夏にアトレティコ・マドリードに復帰し、2010年1月9日のバリャドリード戦ではロングレンジからミドルシュートを決めた。1月18日のUEFAヨーロッパリーグ・ガラタサライ戦1stレグでは22分にフリーキックを直接決め、2ndレグではディエゴ・フォルランの決勝点をアシストして勝ち上がりに貢献した。3月28日のレアル・マドリードとのマドリードダービーではペナルティエリア右側から左足で巻くようなゴールを決めた。ホセ・アントニオ・レジェス フレッシュアイペディアより)

  • アーセナルFC対マンチェスター・ユナイテッドFC

    アーセナルFC対マンチェスター・ユナイテッドFCから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2003-04シーズンのプレミアリーグではアーセナルが無敗優勝を遂げ、「無敵」(The Invincibles)の称号を獲得。オールド・トラッフォードでマンチェスター・Uと0-0で引き分けた試合はバトル・オブ・オールド・トラッフォードと呼ばれて語り継がれている。この試合でアーセナルのキャプテンであるパトリック・ヴィエラは、80分に2枚目のイエローカードを提示されて退場処分を受け、後半ロスタイムには、アーセナルのディフェンダーであるマーティン・キーオンが、自陣ペナルティエリアでマンチェスター・Uのディエゴ・フォルランを押し倒してPKの判定を受けた。マンチェスター・Uのルート・ファン・ニステルローイがボールをセットしたが、ファン・ニステルローイのキックはクロスバーに当たって跳ね返った。アーセナルの選手は歓声を挙げ、特にキーオンはファン・ニステルローイに近寄ってシュートミスを喜んだ。両者は乱闘となり、試合終了の笛が吹かれた後には他の選手たちも騒動に加わった。結局、両クラブの計4選手にイエローカードが提示されている。両者の次の対戦はハイベリーで行なわれたが、1-1の引き分けに終わり、このシーズンの対戦は2引き分けとなった。無敗優勝を果たしたこのシーズン、アーセナルは勝ち点90を獲得し、勝ち点75のマンチェスター・Uは3位に終わった。マンチェスター・Uの存在感が覆い隠されたため、両者の真なる憎悪の歴史が始まり、ヴィエラとロイ・キーンなどのように、両クラブの選手間で口論や取っ組み合いの喧嘩すら起こった。アーセナルはイングランド史上最長の無敗記録を49試合まで伸ばしたが、記録を止めたのはマンチェスター・Uだった。アーセナルが敗れた試合は両者のライバル意識を増長させる大きなきっかけとなり、後にバトル・オブ・ザ・ビュッフェ(Battle of the Buffet)と呼ばれることになる。2004-05シーズンのFAカップ決勝では、スコアレスドローの末に決着がPK戦に持ち込まれたが、アーセナルがPK戦を5-4で制して優勝を決めた。アーセナルFC対マンチェスター・ユナイテッドFC フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2003年8月、同じプリメーラ・ディビシオン(1部)のビジャレアルCFにレンタル移籍した。ボカ時代にチームメイトだったセバスティアン・バタグリアとルシアーノ・フィゲロアと再会し、さらにビジャレアルにはロドルフォ・アルアバレーナやフアン・パブロ・ソリンなどのアルゼンチン人選手も在籍していた。ベニート・フローロ監督がシーズン途中に退任し、チリ人のマヌエル・ペレグリーニ監督が就任すると、チームのキープレーヤーとして輝きを取り戻した。2003-04シーズンには33試合に出場して8得点し、UEFAカップではクラブ最高位のベスト4となった。2004年夏には本人の希望により、ユニフォームのネームを「RIQUELME」からボカ時代に慣れ親しんだ「ROMAN」に変更。2004-05シーズンはUEFAカップでベスト8となったほか、リーグ戦では35試合に出場して15得点し、25得点を挙げたディエゴ・フォルランが得点王に輝いた。ビジャレアルはクラブ史上最高位の3位となり、UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦の出場権を獲得した。マルカ紙は「もっとも芸術的な選手」にリケルメを選出し、またFIFA最優秀選手賞にノミネートされた。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • LOVE ME DO (芸人)

    LOVE ME DO (芸人)から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2011年7月24日コパ・アメリカ2011 アルゼンチン大会の決勝のウルグアイ代表対パラグアイ代表の試合前にTwitterでつぶやいた占いで、ディエゴ・フォルラン選手のゴールを予言し的中させていた。LOVE ME DO (芸人) フレッシュアイペディアより)

  • クリント・デンプシー

    クリント・デンプシーから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    5月12日、UEFAヨーロッパリーグ決勝のアトレティコ・マドリード戦で55分にボビー・ザモラと交代し、欧州の主要大会の決勝に出場した最初の米国人選手となった。試合はアトレティコ・マドリードのFWディエゴ・フォルランが延長116分に決勝ゴールを決め、2-1で敗れ優勝を逃した。クリント・デンプシー フレッシュアイペディアより)

  • 2018年 FIFAワールドカップ

    2018年 FIFAワールドカップから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    抽選会の司会進行は元イングランド代表FWであるゲーリー・リネカーとロシアの女性サッカージャーナリストであるマリア・コマンドナヤが務めた。ドロワーは開催国のロシアと歴代優勝国の元代表選手の中から選ばれ、ローラン・ブラン、ゴードン・バンクス、カフー、ファビオ・カンナヴァーロ、ディエゴ・フォルラン、ディエゴ・マラドーナ、カルレス・プジョル、ニキータ・シモニャンの8名が務めた。このうちフォルランとシモニャンを除く6名は、実際に優勝した代表チームの一員である。なお、優勝国から唯一ドロワーに選ばれていないドイツからは、ミロスラフ・クローゼがワールドカップトロフィーを持ってステージに壇上した。2018年 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • バスク人のディアスポラ

    バスク人のディアスポラから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルラン ? サッカー選手。バスク人のディアスポラ フレッシュアイペディアより)

  • スポーツに関する都市伝説

    スポーツに関する都市伝説から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2006年FIFAワールドカップドイツ大会ではメインスポンサーがドイツ企業のアディダスだったことから様々な都市伝説が生まれている。優勝したイタリア、準優勝のフランスともにユニフォームはドイツの企業(イタリアはプーマ、フランスはアディダス)であったことから地元企業のユニフォームを着たチームに有利に働いた試合があったとされている。なお2010年の南アフリカ大会でもアディダスが賞のスポンサーを務めたが、MVPはプーマのユニフォームを着用したウルグアイのディエゴ・フォルランが選ばれた。スポーツに関する都市伝説 フレッシュアイペディアより)

  • テオフィロ・グティエレス

    テオフィロ・グティエレスから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2009前期リーグでは傑出した活躍を見せ、16得点を挙げて得点王に輝いた。プレーオフではククタ・デポルティーボFC戦でプロ初のハットトリックを達成し、戦でもハットトリックを達成した。2009後期リーグでも好調さは続き、前期リーグ王者のオンセ・カルダス相手にハットトリックを決め、8日のボヤカ・チコFC戦で再びハットトリックを達成と計14得点を挙げ、18得点のジャクソン・マルティネスに次ぐ得点ランキング2位となった。2009年シーズンは前後期合わせて30得点を挙げ、IFFHSによってマルク・ヤンコ(レッドブル・ザルツブルク)、ディエゴ・フォルラン(アトレティコ・マドリード)、サミュエル・エトオ(FCバルセロナ / インテル)に次ぐ世界第4位の得点数と認められた。アトレティコ・ジュニオールではリーグ戦計79試合に出場して42得点を挙げた。テオフィロ・グティエレス フレッシュアイペディアより)

42件中 11 - 20件表示

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード