42件中 21 - 30件表示
  • キケ・サンチェス・フローレス

    キケ・サンチェス・フローレスから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    翌2010-11シーズンは、8月に行われたUEFAスーパーカップでインテルを破り優勝。幸先のよいスタートを切ったものの、エースFWのディエゴ・フォルランとの確執が度々報じられ、チーム状態が悪化。リーグ戦は7位に終わり、ヨーロッパリーグでもグループステージで敗退。シーズン終了と同時に辞任した。キケ・サンチェス・フローレス フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ペレグリーニ

    マヌエル・ペレグリーニから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2004年7月1日、スペイン・リーガ・エスパニョーラのビジャレアルCF監督に就任した。指揮を執った最初のシーズンにはフアン・ロマン・リケルメやディエゴ・フォルランの活躍で3位に躍進し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。同シーズンのUEFAカップでは準々決勝に進出した。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではインテルなどを破って準決勝に進出したが、準決勝でアーセナルFCに敗れた。リーグ戦では7位に終わり、欧州カップ戦出場権を逃した。2006-07シーズンのリーグ戦は5位であったが、シーズン途中には主力選手であるリケルメと対立し、2007年に入ってからはリケルメをベンチからも外したことが論争を呼んだ。2007年末にはクラブとの契約を2011年まで延長した。2007-08シーズンはロベール・ピレスやサンティ・カソルラをチームの中心に据え、FCバルセロナを上回る2位でシーズンを終えた。2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではグループリーグを勝ち抜き、決勝トーナメント1回戦でパナシナイコスFCを破って準々決勝に進出した。準々決勝では再びアーセナルと対戦し、2試合合計1-4で敗れて敗退した。ビジャレアル在任期間中には56.67%の勝ち点を獲得し、ペジェグリーニはヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ(レアル・マドリード、勝ち点獲得率69.52%)に次いで過去25年のプリメーラ・ディビシオンで2番目に成功を収めた南米出身監督である。マヌエル・ペレグリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ダビド・ビジャ

    ダビド・ビジャから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    リーグ戦では順調に得点を重ねたが、左膝関節部分に炎症を起こし、2週間の間離脱した。4月5日、復帰戦のヘタフェ戦では2得点を決めて4-1で快勝した。4月12日はプロデビューしたスポルティング・ヒホンとの対戦であり、チームの2得点目を決めたが、プレシーズンから約束していた通り、ゴールセレブレーションは行わなかった。2008-09シーズンは33試合で28得点を決め、32得点のディエゴ・フォルラン、30得点のサミュエル・エトオに次いで得点ランク3位に入った。28得点は1978年のマリオ・ケンペス(34試合28得点)、1996年のプレドラグ・ミヤトヴィッチ(40試合28得点)と並ぶクラブ記録となった。バレンシアに移籍してから公式戦通算180試合で101得点となった。ダビド・ビジャ フレッシュアイペディアより)

  • 平畠啓史

    平畠啓史から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    『アメトーーク!』の「ワールドカップ2010応援芸人」(2010年6月10日放送)では、他の出演者がアルゼンチン代表のリオネル・メッシや、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウドなどを注目選手とする中、平畠はウルグアイ代表のディエゴ・フォルランを注目選手とした。実際にフォルランは同大会において得点王・大会MVPなどの活躍を見せた。平畠啓史 フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ゴディン

    ディエゴ・ゴディンから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010年8月4日、アトレティコ・マドリードに移籍して5年契約を結んだ。基本となる移籍金は800万ユーロ(約660万ポンド)と報じられており、3年前にゴディンと同じようにビジャレアルからアトレティコに移籍したディエゴ・フォルランとチームメイトになった。8月27日、UEFAスーパーカップのインテル(イタリア)戦 (2-0) でデビューしてフル出場し、ヨーロッパ到着後初のタイトルを獲得した。9月26日のレアル・サラゴサ戦で左膝靭帯を痛めて3週間離脱し、10月30日には虫垂炎の手術を受けて1ヶ月離脱したものの、2010-11シーズンは25試合に出場した。2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦・SSラツィオ戦セカンドレグ (1-0) ではヘディングで決勝点を挙げた。ディエゴ・ゴディン フレッシュアイペディアより)

  • 千葉和彦

    千葉和彦から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    英語も堪能で、2014年4月1日のリーグ開幕戦アウェイセレッソ大阪戦のプレー中、当初1年契約と報道されていたフォルランの契約期間が実は1年半であることを聞き出した。千葉和彦 フレッシュアイペディアより)

  • エディンソン・カバーニ

    エディンソン・カバーニから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    FIFAワールドカップ・南アフリカ大会ではディエゴ・フォルラン、ルイス・スアレスに次ぐFWとして出場。3位決定戦のドイツ戦では同点ゴールを挙げた。2010年7月27日、親善試合のアンゴラ戦で途中出場で83分にチームの先制ゴールを記録した。エディンソン・カバーニ フレッシュアイペディアより)

  • 2010 FIFAワールドカップ

    2010 FIFAワールドカップから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010 FIFAワールドカップ()は、2010年6月11日から7月11日にかけて、南アフリカで開催された第19回目のFIFAワールドカップである。決勝戦はスペイン代表とオランダ代表の顔合わせとなったが、スペイン代表がアンドレス・イニエスタの決勝点でオランダ代表を1-0と下し初優勝を果たした。大会最優秀選手はウルグアイ代表のディエゴ・フォルランが、得点王はドイツ代表のトーマス・ミュラーが受賞した。2010 FIFAワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • 岡野雅夫

    岡野雅夫から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    当初はアトレチコ・ミネイロ所属のロナウジーニョやレアル・マドリード所属のカカなど複数の選手と交渉したが断念。13年8月、日本対ウルグアイの親善試合を観戦した岡野はヴィラ=レアル所属時代からファンであったフォルランが2ゴールする活躍を目の当たりにし、日本のトップDFである吉田麻也と今野泰幸を相手に圧倒したフォルランなら、1人で簡単に点を取れる。また、当時セレッソに所属していた柿谷をスアレスに見立てて、パートナーはフォルランが最高と判断。こうして交渉相手をフォルラン一本に定める。岡野雅夫 フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ

    ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010年6月、買戻しオプションを行使されて、移籍金100万ユーロでアトレティコ・マドリードに復帰した。2010年8月30日、スポルティング・ヒホン戦 (4-0) でプリメーラ・ディビシオンデビューし、当初はセルヒオ・アグエロとディエゴ・フォルランの控えだったが、9月26日のレアル・サラゴサ戦 (1-0) ではアグエロの負傷欠場のために先発出場の機会を得ると、ホームの観客の前で決勝点となる移籍後初得点を挙げ、その試合からリーグ戦3試合連続得点を記録した。キケ・サンチェス・フローレス監督は調子の上がらないフォルランを控えに降格させ、ジエゴ・コスタの出場機会が増加した。2011年4月3日、CAオサスナ戦 (3-2) ではチームの全得点となるハットトリックを達成した。2011年7月下旬、プレシーズン中に膝に重傷を負い、2011-12シーズンの大半を欠場することになった。ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ フレッシュアイペディアより)

42件中 21 - 30件表示

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード