33件中 21 - 30件表示
  • エクトル・スカローネ

    エクトル・スカローネから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    現役時代の得点数は、代表では52キャップ/31得点、所属クラブでの成績は369キャップ/301ゴールと特筆した成績を残し、初期のウルグアイのサッカー界に多大な貢献をした。1939年に引退後は、1950年からレアル・マドリードの監督を2シーズン務め、1シーズン目には9位、2シーズン目には3位と言う結果だが、ウルグアイ代表監督も経験している。代表での31得点は、21世紀に入ってディエゴ・フォルランに更新されるまで80年以上にわたり、ウルグアイ代表の最多得点記録となっていた。エクトル・スカローネ フレッシュアイペディアより)

  • サッカーウルグアイ代表

    サッカーウルグアイ代表から見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010年のワールドカップ南アフリカ大会でも、予選では大陸間プレーオフでなんとか出場権を手にするなど苦戦したが、本選ではディエゴ・フォルランやルイス・アルベルト・スアレスらの活躍もあり、下馬評を覆して40年ぶりのベスト4入りを果たす。フォルランは大会得点王の1人となり、MVPにも選ばれたが、どちらの座を手にするのもウルグアイ代表にとって初のことであった(ウルグアイ全盛期にはMVPの制度がなかったことも理由ではある)。古豪の復活に対し、帰国後には凱旋パレードが行われおよそ50万人の国民が出迎えた。サッカーウルグアイ代表 フレッシュアイペディアより)

  • マヌエル・ペレグリーニ

    マヌエル・ペレグリーニから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2004年7月1日、スペイン・リーガ・エスパニョーラのビジャレアルCF監督に就任した。指揮を執った最初のシーズンにはフアン・ロマン・リケルメやディエゴ・フォルランの活躍で3位に躍進し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。同シーズンのUEFAカップでは準々決勝に進出した。2005-06シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではインテルなどを破って準決勝に進出したが、準決勝でアーセナルFCに敗れた。リーグ戦では7位に終わり、欧州カップ戦出場権を逃した。2006-07シーズンのリーグ戦は5位であったが、シーズン途中には主力選手であるリケルメと対立し、2007年に入ってからはリケルメをベンチからも外したことが論争を呼んだ。2007年末にはクラブとの契約を2011年まで延長した。2007-08シーズンはロベール・ピレスやサンティ・カソルラをチームの中心に据え、FCバルセロナを上回る2位でシーズンを終えた。2008-09シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではグループリーグを勝ち抜き、決勝トーナメント1回戦でパナシナイコスFCを破って準々決勝に進出した。準々決勝では再びアーセナルと対戦し、2試合合計1-4で敗れて敗退した。ビジャレアル在任期間中には56.67%の勝ち点を獲得し、ペジェグリーニはヴァンデルレイ・ルシェンブルゴ(レアル・マドリード、勝ち点獲得率69.52%)に次いで過去25年のプリメーラ・ディビシオンで2番目に成功を収めた南米出身監督である。マヌエル・ペレグリーニ フレッシュアイペディアより)

  • トーマス・ミュラー

    トーマス・ミュラーから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010年5月6日には2010 FIFAワールドカップに向けた代表候補27人に選ばれ、代表合宿中に自転車から落車するアクシデントなどもあったが、6月1日に発表された本大会登録メンバー23人に名を連ねた。怪我により代表を離脱したキャプテンミヒャエル・バラックや、同姓のゲルト・ミュラーが好んで着けていた背番号13を身にまとった。大会前までのA代表出場数はわずか5試合だったが、グループリーグ初戦のオーストラリア戦で代表初得点を決め、決勝トーナメント1回戦のイングランド戦では2ゴール1アシストの活躍で、大会選定のマン・オブ・ザ・マッチに選出された。準々決勝のアルゼンチン戦では開始3分で先制点を挙げた。準決勝は警告累積で出場停止となり、このミュラー不在が響いてドイツは敗れたものの、3位決定戦でも先制点を挙げ、大会を通じて攻撃陣の核としてドイツを牽引した。大会通算5得点は、スペイン代表のダビド・ビジャ、オランダ代表のヴェスレイ・スナイデル、ウルグアイ代表のディエゴ・フォルランの3人と並びトップタイだったが、アシスト数が評価されて大会得点王にあたるゴールデンブーツ賞を受賞した。20歳での得点王は、ワールドカップ史上最年少の快挙だった。また最も活躍した若手選手に贈るベストヤングプレーヤー賞も受賞した。トーマス・ミュラー フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・アグエロ

    セルヒオ・アグエロから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2007-2008シーズン、チームのエースでありキャプテンであったトーレスがリヴァプールFCに移籍し、チームの新たな顔としての期待が高まる中、かつてインデペンディエンテに所属し、トーレスの後釜としてビジャレアルCFから移籍したディエゴ・フォルランとの2トップでシーズン序盤からゴールを量産。最終的にはリーグ3位となる20ゴールを決め、チームの欧州CL出場件獲得に貢献した。2007年のFIFA世界最有望選手賞を受賞。2008年にはテレビ局による第1回アントニオ・プエルタ賞を受賞した。セルヒオ・アグエロ フレッシュアイペディアより)

  • ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ

    ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010年6月、買戻しオプションを行使されて、移籍金100万ユーロでアトレティコ・マドリードに復帰した。2010年8月30日、スポルティング・ヒホン戦(4-0)でプリメーラ・ディビシオンデビューし、当初はセルヒオ・アグエロとディエゴ・フォルランの控えだったが、9月26日のレアル・サラゴサ戦(1-0)ではアグエロの負傷欠場のために先発出場の機会を得ると、ホームの観客の前で決勝点となる移籍後初得点を挙げ、その試合からリーグ戦3試合連続得点を記録した。キケ・サンチェス・フローレス監督は調子の上がらないフォルランを控えに降格させ、ジエゴ・コスタの出場機会が増加した。2011年4月3日、CAオサスナ戦(3-2)ではチームの全得点となるハットトリックを達成した。2011年7月下旬、プレシーズン中に膝に重傷を負い、2011-12シーズンの大半を欠場することになった。ジエゴ・ダ・シウヴァ・コスタ フレッシュアイペディアより)

  • ルイス・アルベルト・スアレス

    ルイス・アルベルト・スアレスから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010 FIFAワールドカップ本大会では、グループリーグ第3戦のメキシコ戦で決勝ゴールを挙げ、グループリーグ首位通過に貢献した。決勝トーナメント1回戦の韓国戦ではチーム全得点となる2得点を挙げ、チームを40年ぶりとなるベスト8進出に導いた。準々決勝のガーナ戦では1-1の同点で迎えた延長戦終了間際、相手セットプレーからの枠内に飛んだドミニク・アディアーの決定的なシュートをハンドで阻止。決定的な場面での故意に手を使った得点機会阻止のため、レッドカードを受け退場した。しかし、直後のアサモア・ギャンのPKはクロスバーに弾かれ、得点にはならなかった。結局同点のまま延長戦は終了、PK戦にもつれこんで最終的にウルグアイが勝利した。しかし、準決勝でチームはオランダに敗れ、決勝進出は成らなかった。前述のギャンのPKがクロスバーに弾かれた瞬間、スアレスがピッチの外でガッツポーズをして喜んだこととあいまって、この故意のハンドは大会期間中、多くのメディアに取り上げられ、「スポーツマンシップの根幹を揺るがすあるまじき行為だ」と非難する声と、「勝利を追及するための勇敢な手段だ」という称賛の声の二つに分かれた。このシーンはFIFAワールドカップ・南アフリカ大会のハイライトシーンの1つにあげられた。出場停止から復帰した3位決定戦のドイツ戦ではエディンソン・カバーニの同点弾をアシストし、チームもディエゴ・フォルランが逆転ゴールを決め一時はリードするも最終的に逆転負け。チームは4位入賞を果たした。ルイス・アルベルト・スアレス フレッシュアイペディアより)

  • マクシミリアーノ・ロペス

    マクシミリアーノ・ロペスから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2008年5月、アルゼンチンの人気グラビアアイドルのワンダ・ナラと結婚、その妹サイラ・ナラも人気モデルで、ディエゴ・フォルランと結婚している。マクシミリアーノ・ロペス フレッシュアイペディアより)

  • インテルナツィオナーレ・ミラノ

    インテルナツィオナーレ・ミラノから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    シーズン終了後、レオナルドがパリ・サンジェルマンのゼネラルマネージャーに就任するために監督を辞した。後任にはジャン・ピエロ・ガスペリーニを招聘した。2011年夏の移籍市場ではディエゴ・フォルランらを獲得し、サミュエル・エトオらを放出した。インテルナツィオナーレ・ミラノ フレッシュアイペディアより)

  • ヴェスレイ・スナイデル

    ヴェスレイ・スナイデルから見たディエゴ・フォルランディエゴ・フォルラン

    2010 FIFAワールドカップでは、グループリーグの日本戦で決勝点となるゴールを決め、ワールドカップ初ゴールを記録。決勝トーナメントでは準決勝まで3試合連続ゴールを決めた。前述の日本戦の他、グループリーグ第1戦のデンマーク戦、逆転の2ゴールを挙げた準々決勝ブラジル戦、勝ち越しゴールを挙げた準決勝ウルグアイ戦の4試合で大会選定のマンオブザマッチに選出される活躍を見せ、オランダの32年ぶりの決勝進出に貢献した。また、大会5ゴールでディエゴ・フォルラン、トーマス・ミュラー、ダビド・ビジャに並ぶ得点王(FWとして併用されない純粋なミッドフィールダーがW杯得点王に輝いたのは、スナイデルが初の快挙)となり、ブロンズブーツ賞とシルバーボール賞を受賞した。ヴェスレイ・スナイデル フレッシュアイペディアより)

33件中 21 - 30件表示

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード