60件中 31 - 40件表示
  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たモンテビデオ

    ディエゴ・フォルラン(Diego Forlán Corazo, 1979年5月19日 - )は、ウルグアイ・モンテビデオ出身のサッカー選手。同国代表である。ポジションはフォワード。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たリーガ・エスパニョーラ

    2004年8月21日、フォルランはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFに新天地を求めた。移籍初年度の2004-05シーズンはリーグ戦38試合で25ゴールをあげ、アルゼンチン代表フアン・ロマン・リケルメらと共にクラブをUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得る3位に導いた。また、FCバルセロナのサミュエル・エトオらを抑えて得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、アーセナルFCのFWティエリ・アンリと並んでヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。得点の内訳は右足で14得点、左足で10得点、頭で1得点であり、両足を同等に扱えることを証明した。翌2005-06シーズンは調子を落とし、10ゴールに終わったが、3シーズン目の2006-07シーズンは19ゴールを決めてUEFAカップ出場権獲得に貢献した。ビジャレアル在籍時はフォワードの選手ながら守備的な選手が付けることが多い背番号5を付けていた。これは空いていた背番号をもらったとのことであるが、現役を引退した兄と同じ番号でもある。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たアルゼンチン

    しかし、12歳の時に姉が交通事故により恋人と下半身の自由を失う。姉の治療費は高額で、この事を知ったディエゴ・マラドーナが募金を呼びかけてくれたが、家計には重い負担となっていた。15歳でフォルランは姉のために、1年間のチャンスの約束で父親の所属していたペニャロールと契約し、結果を出し、注目を浴びることに成功した。2000年にアルゼンチンのCAインデペンディエンテに移籍し、2001年にカップ戦を含めて23ゴールをあげた。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たアンフィールド

    2002年1月、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに移籍金690万ユーロで移籍した。1月29日のボルトン戦でデビューしたが、2001-02シーズンは無得点に終わった。9月18日、UEFAチャンピオンズリーグのマッカビ・ハイファFC戦でPKを決めて移籍後初ゴールを挙げ、10月26日のアストン・ヴィラ戦でリーグ戦初ゴールを決めた。2002-03シーズンはチェルシー戦でロスタイムに決勝点となるボレーシュートを決め、アンフィールドでのリヴァプール戦で2得点するなど、通算6ゴール(内4ゴールは決勝点)を記録し、クラブのリーグ制覇に貢献した。2002年12月のサウサンプトン戦では試合終了間際にゴールを決め、喜びの余りユニフォームを脱ぐが、そのユニフォームを着ることができないまま試合が再開され、一時的とはいえ上半身裸の状態でプレーを続けた。2003-04シーズンは通算4ゴールと不振に喘いだ。マンチェスター・Uでは2シーズン半で95試合に出場して17得点を決めたが、2004年8月にFWウェイン・ルーニーが加入したことにより、ポジション争いが激しさを増すことが予想された。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見た2002 FIFAワールドカップ

    2002年にウルグアイ代表に初招集され、同年に開催された日韓ワールドカップに出場した。グループリーグのセネガル戦でボレーシュートを決めて引き分けに持ち込んだが、フランスとともにグループリーグで敗退した。フランス代表メンバーの中にはFWユーリ・ジョルカエフがいたが、ディエゴの父パブロ・フォルランとユーリの父ジャン・ジョルカエフも1966 FIFAワールドカップで対戦している。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たサッカー

    ディエゴ・フォルラン(Diego Forlán Corazo, 1979年5月19日 - )は、ウルグアイ・モンテビデオ出身のサッカー選手。同国代表である。ポジションはフォワード。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たアーセナルFC

    2004年8月21日、フォルランはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFに新天地を求めた。移籍初年度の2004-05シーズンはリーグ戦38試合で25ゴールをあげ、アルゼンチン代表フアン・ロマン・リケルメらと共にクラブをUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得る3位に導いた。また、FCバルセロナのサミュエル・エトオらを抑えて得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、アーセナルFCのFWティエリ・アンリと並んでヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。得点の内訳は右足で14得点、左足で10得点、頭で1得点であり、両足を同等に扱えることを証明した。翌2005-06シーズンは調子を落とし、10ゴールに終わったが、3シーズン目の2006-07シーズンは19ゴールを決めてUEFAカップ出場権獲得に貢献した。ビジャレアル在籍時はフォワードの選手ながら守備的な選手が付けることが多い背番号5を付けていた。これは空いていた背番号をもらったとのことであるが、現役を引退した兄と同じ番号でもある。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たピチーチ賞

    2004年8月21日、フォルランはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFに新天地を求めた。移籍初年度の2004-05シーズンはリーグ戦38試合で25ゴールをあげ、アルゼンチン代表フアン・ロマン・リケルメらと共にクラブをUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得る3位に導いた。また、FCバルセロナのサミュエル・エトオらを抑えて得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、アーセナルFCのFWティエリ・アンリと並んでヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。得点の内訳は右足で14得点、左足で10得点、頭で1得点であり、両足を同等に扱えることを証明した。翌2005-06シーズンは調子を落とし、10ゴールに終わったが、3シーズン目の2006-07シーズンは19ゴールを決めてUEFAカップ出場権獲得に貢献した。ビジャレアル在籍時はフォワードの選手ながら守備的な選手が付けることが多い背番号5を付けていた。これは空いていた背番号をもらったとのことであるが、現役を引退した兄と同じ番号でもある。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たフランス語

    母方の祖父であるフアン・カルロス・コラソは1962年のチリワールドカップのウルグアイ代表監督であり、父親のパブロ・フォルランは1974年の西ドイツワールドカップに出場した元サッカー選手である。少年時代はテニスの腕も一流だった。学生時代は学業も疎かにせず、成績も優秀であり、高校はモンテビデオ市内有数の名門校に通っていた。語学に堪能で、母国語のスペイン語に加え、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、英語も話すことができる。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たコパ・アメリカ2011

    コパ・アメリカ2011では決勝のパラグアイ戦で2得点を挙げ、ウルグアイの6大会ぶり15度目の優勝に貢献。祖父から続く3代続けてのコパ・アメリカ制覇を達成した。また、この2得点によりエクトル・スカローネと並びウルグアイ代表通算最多得点となった。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

60件中 31 - 40件表示

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード