86件中 51 - 60件表示
  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見た2014 FIFAワールドカップ

    2014年、ブラジルで開催された2014 FIFAワールドカップでも代表入りを果たし、同年6月28日に行われたコロンビア代表戦が最後の代表出場となった。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たピチーチ賞

    2004年には所属選手をバスク人に限定するチーム哲学で知られるアスレティック・ビルバオへの移籍に興味を示したが、移籍金などの問題もあって実現しなかった。2004年8月21日、フォルランはリーガ・エスパニョーラのビジャレアルCFに新天地を求めた。移籍初年度の2004-05シーズンはリーグ戦38試合で25ゴールをあげ、アルゼンチン代表フアン・ロマン・リケルメらと共にクラブをUEFAチャンピオンズリーグ出場権を得る3位に導いた。また、FCバルセロナのサミュエル・エトオらを抑えて得点王(ピチーチ賞)のタイトルを獲得し、アーセナルFCのFWティエリ・アンリと並んでヨーロッパ・ゴールデンシューを受賞した。得点の内訳は右足で14得点、左足で10得点、頭で1得点であり、両足を同等に扱えることを証明した。翌2005-06シーズンは調子を落とし、10ゴールに終わったが、3シーズン目の2006-07シーズンは19ゴールを決めてUEFAカップ出場権獲得に貢献した。ビジャレアル在籍時はフォワードの選手ながら守備的な選手が付けることが多い背番号5を付けていた。これは空いていた背番号をもらったとのことであるが、現役を引退した兄と同じ番号でもある。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たフランス語

    祖母はヨーロッパにあるバスク地方のギプスコア県オンダリビア出身のバスク人であり、まずアルゼンチンに、その後ウルグアイに渡った。母方の祖父であるは1962年の1962 FIFAワールドカップのウルグアイ代表監督で、父親のパブロ・フォルランも元サッカー選手で1974 FIFAワールドカップへの出場経験を有する。少年時代はテニスの腕も一流だった。学生時代は学業も疎かにせず、成績も優秀であり、高校はモンテビデオ市内有数の名門校に通っていた。語学は、母国語のスペイン語に加え、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、英語で会話することができる。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たコパ・アメリカ2011

    コパ・アメリカ2011では決勝のパラグアイ代表戦で2得点を挙げ、ウルグアイの6大会ぶり15度目の優勝に貢献。祖父から続く3代続けてのコパ・アメリカ制覇を達成すると共に、エクトル・スカローネと並びウルグアイ代表通算最多得点となった。2010年10月11日、2014 FIFAワールドカップ・南米予選のパラグアイ代表戦で得点し、ウルグアイ代表単独最多得点となった。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たムンバイ・シティFC

    2016年8月にインド・スーパーリーグのムンバイ・シティFCと3ヶ月の短期契約を結んだ。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たウルグアイ

    ディエゴ・フォルラン・コラソ(, 1979年5月19日 - )は、ウルグアイの首都モンテビデオ出身のサッカー選手。元ウルグアイ代表。ポジションはフォワード。バスク系ウルグアイ人。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たポルトガル語

    祖母はヨーロッパにあるバスク地方のギプスコア県オンダリビア出身のバスク人であり、まずアルゼンチンに、その後ウルグアイに渡った。母方の祖父であるは1962年の1962 FIFAワールドカップのウルグアイ代表監督で、父親のパブロ・フォルランも元サッカー選手で1974 FIFAワールドカップへの出場経験を有する。少年時代はテニスの腕も一流だった。学生時代は学業も疎かにせず、成績も優秀であり、高校はモンテビデオ市内有数の名門校に通っていた。語学は、母国語のスペイン語に加え、フランス語、ポルトガル語、イタリア語、英語で会話することができる。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たサッカーセネガル代表

    2002年にウルグアイ代表に初招集され、3月27日に行われたサウジアラビア代表との国際親善試合でデビュー。同年に開催された2002 FIFAワールドカップに出場し、グループリーグのセネガル代表戦でボレーシュートを決めたが、チームはグループリーグで敗退した。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見たマッカビ・ハイファFC

    2002年1月、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドに移籍金690万ユーロで移籍した。1月29日のボルトン戦でデビューしたが、2001-02シーズンは無得点に終わった。9月18日、UEFAチャンピオンズリーグのマッカビ・ハイファFC戦でPKを決めて移籍後初ゴールを挙げ、10月26日のアストン・ヴィラ戦でリーグ戦初ゴールを決めた。2002-03シーズンはチェルシー戦でロスタイムに決勝点となるボレーシュートを決め、アンフィールドでのリヴァプール戦で2得点するなど、通算6ゴール(内4ゴールは決勝点)を記録し、クラブのリーグ制覇に貢献した。2002年12月のサウサンプトン戦では試合終了間際にゴールを決め、喜びの余りユニフォームを脱ぐが、そのユニフォームを着ることができないまま試合が再開され、一時的とはいえ上半身裸の状態でプレーを続けた。2003-04シーズンは通算4ゴールと不振に喘いだ。マンチェスター・Uでは2シーズン半で95試合に出場して17得点を決めたが、2004年8月にFWウェイン・ルーニーが加入したことにより、ポジション争いが激しさを増すことが予想された。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・フォルラン

    ディエゴ・フォルランから見た2010 FIFAワールドカップ・南米予選

    2007年頃に代表レギュラーの座を獲得し、コパ・アメリカ2007準決勝ではブラジル代表相手に得点したが、PK戦でシュートをミスし、チームは5-4で敗れた。2008年6月17日、2010 FIFAワールドカップ・南米予選のペルー代表戦ではハットトリックを達成した。ディエゴ・フォルラン フレッシュアイペディアより)

86件中 51 - 60件表示

「ディエゴ・フォルラン」のニューストピックワード