前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
292件中 1 - 10件表示
  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2006-07シーズンは故障による欠場が目立ったものの、右サイドから切れ込むドリブルが冴え渡り数々の印象的なプレイを披露する。バルセロナ最大のライバルであるレアル・マドリードとのエル・クラシコでは自身初のハットトリックを達成(試合結果は3-3)し、スペイン国王杯準決勝1stレグ、ホームでの対ヘタフェ戦においては、センターサークル付近から5人をかわして得点を決めた。後者はアルゼンチンサッカー界の英雄ディエゴ・マラドーナの1986 FIFAワールドカップにおける伝説の5人抜きゴールとほぼ同じコースを辿った、同じ13回のタッチでのゴールであり、当時のリーガ最少失点チーム相手に繰り出した「マラドーナ2世」と呼ばれる彼の「後継者」たる所以を見せ付けたスーパープレーだった。第37節のエスパニョール戦では、マラドーナばりの「神の手」ゴールも記録した。チームはリーガ3連覇とチャンピオンズリーグ2連覇のどちらも達成できずに終わったが自身はリーグ、カップ合計で36試合に出場し17得点と奮闘した。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • ボカ・ジュニアーズ

    ボカ・ジュニアーズから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1981年シーズン、ボカの監督にシルビオ・マルソリーニが就任した。そしてAAアルヘンティノス・ジュニアーズからボカ・ジュニアーズにフットボールの歴史上最高のスーパー・スターの1人ディエゴ・マラドーナが移籍した。他にボカへミゲル・ブリンディッシ、オスバルド・サルバドル・エスクデロ、マルセロ・トロッビアーニも入団した。そしてマラドーナが期待通りの活躍をしてボカは1981年メトロポリターノに優勝した。5年ぶりの国内リーグ優勝であった。しかし翌1982年5月にマラドーナはFCバルセロナにフットボール史上最高額の移籍金で移籍をしたため、1シーズンのみの在籍でボカを去った。この後、ボカは1984年に財政危機を迎え破産寸前に陥る問題を抱えたことも影響して、長い低迷を始めた。この苦しい財政事情のために1985年にボカの中心選手がライバルのリーベルへ移籍するという事件も起きた。下部組織出身のアイドル、オスカル・ルジェリとリカルド・ガレカ(3年連続チーム得点王)がリーベルへ、金銭プラスフリオ・オラルティコエチェアとカルロス・ダニエル・タピアの2選手と交換というトレードの形で移籍した。この様に主力選手が流出してしまう状況に陥ったため優勝からは遠ざかり結局1980年代の国内リーグの優勝は1981年の1度のみで、この優勝後は国内で無冠に終わった。対照的に1986年にリーベルが初の世界チャンピオンに輝くという出来事を目の当たりにし、ボカにとっては非常に辛い時期が続いた。しかし、1980年代後半に財政問題がようやく正常化するとカルロス・モントーヤ、ホセ・クシューホ、ブラス・ジュンタ、クラウディオ・マランゴーニ、フアン・シモンなど優れた選手を獲得して、下部組織出身のディエゴ・ラトーレ、ディエゴ・ソニョーラらが頭角を現したのでその結果、チーム力が上がり1988-89シーズンは2位となった。そして1989年のスーペルコパ・スダメリカーナでは決勝まで進みCAインデペンディエンテを下して優勝した。これは11年ぶりの国際タイトル獲得だった。ボカ・ジュニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • AAアルヘンティノス・ジュニアーズ

    AAアルヘンティノス・ジュニアーズから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1970年代にディエゴ・マラドーナなどが、1980年代にクラウディオ・ボルギやフェルナンド・レドンドなどがアルヘンティノスからプロデビューし、やがてビッグクラブへと羽ばたいていった。また、フアン・ロマン・リケルメやエステバン・カンビアッソも、アルヘンティノスの下部組織でプレーした経験がある。1985年にはコパ・リベルタドーレスで優勝してインターコンチネンタルカップに出場した。AAアルヘンティノス・ジュニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • ペレ

    ペレから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1980年代から1990年代のスター選手であるアルゼンチンのディエゴ・マラドーナとはしばしば比較対象とされている。2000年12月にFIFA20世紀最優秀選手が発表されることになったが、ペレはFIFAの役員を始めとしたサッカー関係者による投票では72.25%の投票率を得て2位のアルフレッド・ディ・ステファノと3位のマラドーナを上回ったものの、FIFA公式サイトによるインターネット投票ではマラドーナが53.6%の投票率を得たのに対しペレは18.53%と下回った。FIFAは当初、最優秀選手を一人だけ選ぶ事にしていたが、双方の結果に対しブラジルとアルゼンチンの両国間で激しい論争となった。事態の沈静化に乗り出したFIFAは最終的にペレをFIFA選考委員会による最優秀選手とし、マラドーナはインターネット投票による最優秀選手として賞を分け合うことに決め、両者はイタリアのローマで行われた授賞式に出席した。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会 マラドーナダイジェスト(曲:Superfly「タマシイレボリューション」)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1966年大会では、決勝まで進んだ。対戦相手はAマッチ8試合で7敗1分の地元イングランドであった。試合は1-2で迎えた後半ロスタイムにヴェーバーが同点ゴールを決める粘りを見せる。結局延長前半10分過ぎに放たれたジェフ・ハーストのゴールが決まり、その後ハーストにもう1点浴びて力尽きた。延長の最初のゴールはボールがバーを直撃した後に地面を叩いたが、ゴールラインの中か外か非常に微妙な位置に落ちており、主審は副審にも確認してゴールの判定を下した。コンピュータグラフィックなどによるシミュレーションではゴールの外と言う説が有力になっており、86年大会のディエゴ・マラドーナの神の手ゴールと並んで大会史上に残る疑惑のゴールとしても知られる。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • マラドーナ2世

    マラドーナ2世から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    マラドーナ2世(―にせい)とは、ディエゴ・マラドーナ以後の有望なアルゼンチンのサッカー選手に使われる通称である。マラドーナ2世 フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・サベーラ

    アレハンドロ・サベーラから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    イングランド・フットボールリーグ・セカンド・ディビジョン(2部)のシェフィールド・ユナイテッドFCはAAアルヘンティノス・ジュニアーズからディエゴ・マラドーナの獲得を試み、移籍金40万ポンドのオファーを出したが、このオファーはアルヘンティノスに受け入れられなかった。シェフィールド・Uはサベーラに狙いを切り替え、1978年7月19日に移籍金16万ポンドで契約を結んだ。8月19日のレイトン・オリエントFC戦でデビューし、1980年までの間にリーグ戦76試合に出場して8得点を挙げた。シェフィールド・Uは1979-80シーズン終了後にフットボールリーグ・ディヴィジョン3(3部)降格が決まったため、シェフィールド・Uの監督はセカンド・ディビジョンのサンダランドAFCとの間で移籍金60万ポンドの移籍交渉をまとめたが、サベーラはフットボール・ファースト・ディビジョン(1部)でプレーする願望を持っていたため、サンダランドAFCへの移籍を拒否した。1980年5月8日、サウス・ヨークシャーカップのシェフィールド・ウェンズデイFC戦(スティール・シティ・ダービー)がシェフィールド・Uでの最終戦となり、この試合ではゴールも決めた。アレハンドロ・サベーラ フレッシュアイペディアより)

  • ブルーノ・ジョルダーノ

    ブルーノ・ジョルダーノから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    生まれ故郷のSSラツィオでキャリアをスタートし、1978-79シーズンにはセリエA得点王を獲得した。10シーズン在籍した後、当時ディエゴ・マラドーナが在籍していたSSCナポリへ移籍。1986-86シーズンは、ディエゴ・マラドーナ、カレッカとのコンビでゴールを量産し、クラブ史上初のセリエA制覇に貢献した。この3人はそれぞれの頭文字から取ってマジカ(Ma・Gi・Ca、魔法)と呼ばれ、クラブの黄金時代を築いた。ブルーノ・ジョルダーノ フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナが、1986年ワールドカップ・メキシコ大会準々決勝のイングランド戦で決めた「神の手(La Mano de Dios)」ゴールに由来する。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
292件中 1 - 10件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード