前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示
  • ペレ

    ペレから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1980年代から1990年代のスター選手であるアルゼンチンのディエゴ・マラドーナとはしばしば比較対象とされている。2000年12月にFIFA20世紀最優秀選手が発表されることになったが、ペレはFIFAの役員を始めとしたサッカー関係者による投票では72.25%の投票率を得て2位のアルフレッド・ディ・ステファノと3位のマラドーナを上回ったものの、FIFA公式サイトによるインターネット投票ではマラドーナが53.6%の投票率を得たのに対しペレは18.53%と下回った。FIFAは当初、最優秀選手を一人だけ選ぶ事にしていたが、双方の結果に対しブラジルとアルゼンチンの両国間で激しい論争となった。事態の沈静化に乗り出したFIFAは最終的にペレをFIFA選考委員会による最優秀選手とし、マラドーナはインターネット投票による最優秀選手として賞を分け合うことに決め、両者はイタリアのローマで行われた授賞式に出席した。ペレ フレッシュアイペディアより)

  • アルヘンティノス・ジュニアーズ

    アルヘンティノス・ジュニアーズから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1970年代にディエゴ・マラドーナなどが、1980年代にクラウディオ・ボルギやフェルナンド・レドンドなどがアルヘンティノスからプロデビューし、やがてビッグクラブへと羽ばたいていった。また、フアン・ロマン・リケルメやエステバン・カンビアッソも、アルヘンティノスの下部組織でプレーした経験がある。1985年にはコパ・リベルタドーレスで優勝してインターコンチネンタルカップに出場した。アルヘンティノス・ジュニアーズ フレッシュアイペディアより)

  • サッカードイツ代表

    サッカードイツ代表から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1966年大会では、決勝戦まで進出した。対戦相手は地元イングランドであった。試合は1-2で迎えた後半ロスタイムにヴェーバーが同点ゴールを挙げる粘りを見せる。結局延長前半10分過ぎに放たれたジェフ・ハーストのゴールが決まり、その後ハーストにもう1点浴びて力尽きた。延長の最初のゴールはボールがバーを直撃した後に地面を叩いたが、ゴールラインの中か外か非常に微妙な位置に落ちており、レフェリーは副審にも確認してゴールの判定を下した。コンピュータグラフィックなどによるシミュレーションではゴールの外と言う説が有力になっており、86年大会のディエゴ・マラドーナの神の手ゴールと並んで大会史上に残る疑惑のゴールとしても知られる。サッカードイツ代表 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2010 FIFAワールドカップ南アフリカ大会 マラドーナダイジェスト(曲:Superfly「タマシイレボリューション」)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ルジェリ

    オスカル・ルジェリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1980年、当時ディエゴ・マラドーナが所属していたボカ・ジュニアーズでキャリアをスタートする。1985年にライバルのCAリーベル・プレートに移籍し、1986年のアルゼンチンリーグ、コパ・リベルタドーレス、インターコンチネンタルカップの3冠獲得に貢献した。その後はレアル・マドリード、CAサン・ロレンソなどに在籍する。1997年に現役引退した。オスカル・ルジェリ フレッシュアイペディアより)

  • セサル・ルイス・メノッティ

    セサル・ルイス・メノッティから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    メノッティは当時、首都ブエノスアイレスに本拠を置くクラブが絶対的に権威を持つ中、慣例を破り地方のクラブから多数の選手を選出した。オズワルド・アルディレスがその代表格で、彼はそのままチームの中心選手として君臨した。その後、当時17歳のディエゴ・マラドーナが頭角を表し大会直前の合宿メンバーに招集されたが、逸材をプレッシャーの懸かる重要な大会で潰す訳にはいかないとして最終的に22名のメンバーからは外すことになった。メノッティは「彼はまだ若い、次のチャンスまで機会を待とう」と語ったが、この事はマラドーナ本人、相当ショックだったという。セサル・ルイス・メノッティ フレッシュアイペディアより)

  • ノルベルト・アロンソ

    ノルベルト・アロンソから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1983年に就任したカルロス・ビラルド監督は何回かアロンソを起用したが、結局は若手のディエゴ・マラドーナ、ホルヘ・ブルチャガ、カルロス・タピアなどがアロンソのポジションで起用された。ノルベルト・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • 神の手 (サッカー)

    神の手 (サッカー)から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナが、1986年ワールドカップ・メキシコ大会準々決勝のイングランド戦で決めた「神の手(La Mano de Dios)」ゴールに由来する。神の手 (サッカー) フレッシュアイペディアより)

  • 荒木真樹彦

    荒木真樹彦から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    XEROX 『ジンズ/マラドーナ独走篇』『ジンズ/マラドーナビジネスピープル篇』『able』荒木真樹彦 フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ビラルド

    カルロス・ビラルドから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    カルロス・ビラルド(Carlos Salvador Bilardo、1939年3月16日 - )はアルゼンチン出身の元サッカー選手、サッカー監督、全盛期のディエゴ・マラドーナを擁したアルゼンチン代表を率いて1986年のワールドカップ・メキシコ大会で優勝に導いた人物である。カルロス・ビラルド フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
236件中 1 - 10件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード