236件中 11 - 20件表示
  • チロ・フェラーラ

    チロ・フェラーラから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1985年5月5日、ユヴェントスとのビッグゲームでSSCナポリからデビューを果たし、ミシェル・プラティニなどがいたスター軍団を0点に抑えた。1985-86シーズンは14試合に出場して評価を高め、1986-87シーズンにはレギュラーに定着して28試合2得点を決め、リーグ初優勝とコッパ・イタリア制覇の立役者の一人となった。1987年6月10日、アルゼンチンとの親善試合に出場してイタリア代表デビューし、ディエゴ・マラドーナのいるチームに3-1で勝利した。1988-89シーズンにはUEFAカップを制し、1989-90シーズンに2度目のリーグ優勝を飾ったが、チームの黄金時代を築いたマラドーナ、カレッカ、ブルーノ・ジョルダーノなどがクラブを去り、ナポリは急速に順位を下げていった。地元開催のワールドカップイタリア大会のアズーリの一員に選ばれ、3位決定戦ではフル出場した。チロ・フェラーラ フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナ監督就任後、アルゼンチン代表のキャプテンを務めた。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2010 FIFAワールドカップの監督でもあったディエゴ・マラドーナからは「バティとクレスポの資質を備えている」と評され、クレスポ自身も代表での後継者として指名した。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ミリート

    ディエゴ・ミリートから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979年に彼が生を受けた時、父親はディエゴ・アルマンド・マラドーナにあやかってディエゴ・アルマンドと名づけようとしたが、妻や親族に反対されたため、ディエゴ・アルベルトという名になった。ディエゴ・ミリート フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1995年8月、ユース代表監督に就任したホセ・ペケルマンに招集された。1996年1月にウルグアイで行われたU-18南米選手権ではMVPに輝いた。1997年夏にマレーシアで行われたFIFAワールドユース選手権では優勝の立役者となった。A代表には1997年にデビューし、フランスワールドカップ予選のコロンビア戦で途中出場した。1998年にはトゥーロン国際大会に出場し、チームの優勝と自身のMVPを勝ち取った。ユース世代では活躍するものの、マルセロ・ビエルサA代表監督の戦術にリケルメは合わず、なかなかA代表のレギュラーに定着できずにいた。しかし2004年に就任したユース時代からの恩師ホセ・ペケルマン監督から絶大な信頼を受け、チームの主柱として活躍。2006年ドイツW杯では敬愛するディエゴ・マラドーナのナンバーである10番を背負った。チームはベスト8で敗退したが、自身は5アシストを記録しW杯アシスト王に輝いた。W杯後に新監督として就任したアルフィオ・バシーレ監督にはキャプテンを任され、代表での存在感は更に高まった。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・サベージャ

    アレハンドロ・サベージャから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    イングランド・フットボールリーグ・セカンド・ディビジョン(2部)のシェフィールド・ユナイテッドFCはアルヘンティノス・ジュニアーズからディエゴ・マラドーナの獲得を試み、移籍金40万ポンドのオファーを出したが、このオファーはアルヘンティノスに受け入れられなかった。シェフィールド・Uはサベージャに狙いを切り替え、1978年7月19日に移籍金16万ポンドで契約を結んだ。8月19日のレイトン・オリエントFC戦でデビューし、1980年までの間にリーグ戦76試合に出場して8得点を挙げた。シェフィールド・Uは1979-80シーズン終了後にフットボールリーグ・ディヴィジョン3(3部)降格が決まったため、シェフィールド・Uのハリー・ハスラム(Harry Haslam)監督はセカンド・ディビジョンのサンダランドAFCとの間で移籍金60万ポンドの移籍交渉をまとめたが、サベージャはフットボール・ファースト・ディビジョン(1部)でプレーする願望を持っていたため、サンダランドAFCへの移籍を拒否した。1980年5月8日、サウス・ヨークシャーカップのシェフィールド・ウェンズデイFC戦(スティール・シティ・ダービー)がシェフィールド・Uでの最終戦となり、この試合ではゴールも決めた。アレハンドロ・サベージャ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥栖フューチャーズ

    鳥栖フューチャーズから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1987年に静岡県浜松市を本拠にPJMジャパンの設立したサッカークラブ『PJMフューチャーズ』として結成された。静岡県西部3部リーグからスタートし、森下仁之、ウーゴ・マラドーナ(ディエゴ・マラドーナの実弟)らの活躍で順調に昇格、発足から91連勝で1992年に東海社会人リーグで優勝して、1993年からジャパンフットボールリーグ2部に昇格。この年は元アルゼンチン代表のセルヒオ・バティスタ(アルゼンチン代表元監督)が加入し、準優勝。1993年9月にJリーグ準会員申請を行ったが、審査で運営会社の経営基盤、またホームスタジアムの整備の問題などから、11月の理事会・実行委員会では準会員承認を保留された。鳥栖フューチャーズ フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ボルギ

    クラウディオ・ボルギから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1980年代初頭にアルヘンティノス・ジュニアーズからデビュー。アルゼンチン期待の若手選手とされ、ディエゴ・マラドーナの後継者と評価された。プリメーラ・ディビシオンではメトロポリターノ1984とナシオナル1985で2度優勝。1985年にはコパ・リベルタドーレスに出場し、決勝でアメリカ・デ・カリ(コロンビア)を破って優勝した。年末には日本で開催されたインターコンチネンタルカップに出場。ユヴェントスFC(イタリア)に敗れたが、ACミラン(イタリア)のシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の興味を惹き、1987年にACミランに移籍した。オランダ代表のマルコ・ファン・バステンやルート・フリットとチームメイトとなったが、当時のセリエAでは外国人選手が2人までしか許されておらず、1987-88シーズンはカルチョ・コモにレンタル移籍した。1988年、外国人選手の最大人数が3人に増やされたが、ミランのアリゴ・サッキ監督は、ベルルスコーニ会長が望んだボルギのミラン復帰ではなく、オランダ代表のフランク・ライカールトとの契約を優先した。クラウディオ・ボルギ フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・アグエロ

    セルヒオ・アグエロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチンのCAインデペンディエンテでサッカー選手としてのキャリアをスタート。2003年7月23日にディエゴ・マラドーナの持つプリメーラ・ディビシオン最年少出場記録を更新する、15歳と35日でのトップチームデビューを飾る。2002-2003年後期リーグ、2003-2004年前期リーグでの出場はこの1試合のみであったが、2003-2004年後期リーグより徐々に出番を増やしていき(5試合0ゴール)、2004-2005年前期リーグでは7試合に出場、リーグ初ゴールを含む2ゴールを記録した。続く2004-2005年後期リーグで5試合で3ゴールを記録。セルヒオ・アグエロ フレッシュアイペディアより)

  • マラドーナ2世

    マラドーナ2世から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    マラドーナ2世(―にせい)とは、ディエゴ・マラドーナ以後の有望なアルゼンチンのサッカー選手に使われる通称である。マラドーナ2世 フレッシュアイペディアより)

236件中 11 - 20件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード