292件中 11 - 20件表示
  • テリー・ブッチャー

    テリー・ブッチャーから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    イプスウィッチ・タウンでの活躍がイングランド代表のロン・グリーンウッド監督の興味を惹き、1980年のオーストラリア代表との親善試合でデビューした。スペインで開催された1982 FIFAワールドカップ本大会では4バックの中で最年少の選手だった。その後もレギュラーポジションを維持し、1986 FIFAワールドカップにも出場した。準々決勝のアルゼンチン戦では、ディエゴ・マラドーナの「5人抜きゴール」に関わりマラドーナに二度かわされた。UEFA欧州選手権1988には骨折の影響で出場できず、ボビー・ロブソン監督はトニー・アダムスとマーク・ライトという不慣れなコンビの起用を強いられ、イングランドはグループリーグ敗退に終わった。テリー・ブッチャー フレッシュアイペディアより)

  • カルロス・ビラルド

    カルロス・ビラルドから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    カルロス・ビラルド(Carlos Salvador Bilardo, 1939年3月16日 - )は、アルゼンチン・ブエノスアイレス出身の元サッカー選手、サッカー監督。全盛期のディエゴ・マラドーナを擁したアルゼンチン代表を率いて、1986年のワールドカップ・メキシコ大会で優勝に導いた人物である。カルロス・ビラルド フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・バルダーノ

    ホルヘ・バルダーノから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチンが1986 FIFAワールドカップで優勝した時のストライカー。大柄な体躯を生かした得点能力だけでなく、エースのディエゴ・マラドーナを生かすための献身的な動き、守備意識の高さでチームに欠かすことのできない存在となった。引退後はサッカー指導者や、スポーツディレクターなどを務めている。ホルヘ・バルダーノ フレッシュアイペディアより)

  • チロ・フェラーラ

    チロ・フェラーラから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1985年5月5日、ユヴェントスとの試合でSSCナポリからデビューを果たし、ミシェル・プラティニなどがいたスター軍団を0点に抑えた。1985-86シーズンは14試合に出場して評価を高め、1986-87シーズンにはレギュラーに定着して28試合2得点を決め、リーグ初優勝とコッパ・イタリア制覇の立役者の一人となった。1987年6月10日、アルゼンチンとの親善試合に出場してイタリア代表デビューし、ディエゴ・マラドーナのいるチームに3-1で勝利した。1988-89シーズンにはUEFAカップを制し、1989-90シーズンに2度目のリーグ優勝を飾ったが、チームの黄金時代を築いたマラドーナ、カレッカ、ブルーノ・ジョルダーノなどがクラブを去り、ナポリは急速に順位を下げていった。地元開催のワールドカップイタリア大会のアズーリの一員に選ばれ、3位決定戦ではフル出場した。チロ・フェラーラ フレッシュアイペディアより)

  • オスカル・ルジェリ

    オスカル・ルジェリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1980年、当時ディエゴ・マラドーナが所属していたボカ・ジュニアーズでキャリアをスタートする。1985年にライバルのCAリーベル・プレートに移籍し、1986年のアルゼンチンリーグ、コパ・リベルタドーレス、インターコンチネンタルカップの3冠獲得に貢献した。1989年からレアル・マドリードで1シーズンプレー、31試合に出場し優勝に貢献した。、その後ベレス、1992年にはイタリアセリエAのアンコーナ、CAサン・ロレンソ・デ・アルマグロなどに在籍する。1997年にラヌースで現役引退した。オスカル・ルジェリ フレッシュアイペディアより)

  • クラウディオ・ボルギ

    クラウディオ・ボルギから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1980年代初頭にAAアルヘンティノス・ジュニアーズからデビュー。アルゼンチン期待の若手選手とされ、ディエゴ・マラドーナの後継者と評価された。プリメーラ・ディビシオンではメトロポリターノ1984とナシオナル1985で2度優勝。1985年にはコパ・リベルタドーレスに出場し、決勝でアメリカ・デ・カリ(コロンビア)を破って優勝した。年末には日本で開催されたインターコンチネンタルカップに出場。ユヴェントスFC(イタリア)に敗れたが、ACミラン(イタリア)のシルヴィオ・ベルルスコーニ会長の興味を惹き、1987年にACミランに移籍した。オランダ代表のマルコ・ファン・バステンやルート・フリットとチームメイトとなったが、当時のセリエAでは外国人選手が2人までしか許されておらず、1987-88シーズンはカルチョ・コモにレンタル移籍した。1988年、外国人選手の最大人数が3人に増やされたが、ミランのアリゴ・サッキ監督は、ベルルスコーニ会長が望んだボルギのミラン復帰ではなく、オランダ代表のフランク・ライカールトとの契約を優先した。クラウディオ・ボルギ フレッシュアイペディアより)

  • ノルベルト・アロンソ

    ノルベルト・アロンソから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1983年に就任したカルロス・ビラルド監督は何回かアロンソを起用したが、結局は若手のディエゴ・マラドーナ、ホルヘ・ブルチャガ、カルロス・タピアなどがアロンソのポジションで起用された。ノルベルト・アロンソ フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・オルテガ

    アリエル・オルテガから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1994年のW杯アメリカ大会で、ディエゴ・マラドーナが史上初めて途中交代された試合(グループリーグ・対ギリシャ戦)で、マラドーナに代わって出場した。ディエゴ・マラドーナが出場不在のルーマニア戦では、マラドーナの代役として先発出場、アルゼンチン国民に希望を与えるプレーを見せた。アリエル・オルテガ フレッシュアイペディアより)

  • フアン・ロマン・リケルメ

    フアン・ロマン・リケルメから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2006年、ドイツで開催される2006 FIFAワールドカップのメンバーに選出され、は敬愛するディエゴ・マラドーナも背負っていた背番号10をA代表で初めて与えられた。グループCにはアルゼンチン、オランダ、コートジボワール、セルビア・モンテネグロが同居し、「死の組」と呼ばれた。初戦のコートジボワール戦ではハビエル・サビオラの得点をアシストし、93分にアイマールとの交代でピッチから退いた。2戦目のセルビア・モンテネグロ戦にはフル出場して6-0の圧勝に貢献。アルゼンチンは試合中に24本連続のパス成功を記録し、リケルメはエステバン・カンビアッソの得点の起点となった以外にも、素早いリスタートでエルナン・クレスポの得点の起点となり、国際サッカー連盟 (FIFA) によってマン・オブ・ザ・マッチに選出された。オランダ代表戦はスコアレスドローに終わり、リケルメ自身は80分にアイマールと交代したが、アルゼンチンは勝ち点7のグループ首位で決勝トーナメント進出を決めた。自身の28回目の誕生日(6月24日)に行なわれた決勝トーナメント1回戦では、メキシコと対戦。6分に先制点を許したが、10分にコーナーキックでクレスポの得点をアシストした。試合は延長戦までもつれたが、98分にマキシ・ロドリゲスが美しいボレーシュートを決めてアルゼンチンが勝利した。準々決勝では開催国のドイツと対戦し、49分にコーナーキックでロベルト・アジャラの得点をアシスト。72分にカンビアッソと交代したが、その数分後に同点ゴールを許し、アルゼンチン代表はPK戦の末に敗れた。自身は5アシストを記録し、大会のアシストランキング1位となった。フアン・ロマン・リケルメ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ミリート

    ディエゴ・ミリートから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979年に彼が生を受けた時、父親はディエゴ・アルマンド・マラドーナにあやかってディエゴ・アルマンドと名づけようとしたが、妻や親族に反対されたため、ディエゴ・アルベルトという名になった。ディエゴ・ミリート フレッシュアイペディアより)

292件中 11 - 20件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード