292件中 21 - 30件表示
  • アサヒ飲料

    アサヒ飲料から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986年(昭和61年)9月 - 缶コーヒー「三ツ矢コーヒー」を「NOVA」に改称、CMにはディエゴ・マラドーナを起用アサヒ飲料 フレッシュアイペディアより)

  • セサル・ルイス・メノッティ

    セサル・ルイス・メノッティから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    メノッティは当時、首都ブエノスアイレスに本拠を置くクラブが絶対的に権威を持つ中、慣例を破り地方のクラブから多数の選手を選出した。オズワルド・アルディレスがその代表格で、彼はそのままチームの中心選手として君臨した。その後、当時17歳のディエゴ・マラドーナが頭角を表し大会直前の合宿メンバーに招集されたが、逸材をプレッシャーの懸かる重要な大会で潰す訳にはいかないとして最終的に22名のメンバーからは外すことになった。メノッティは「彼はまだ若い、次のチャンスまで機会を待とう」と語ったが、この事はマラドーナ本人、相当ショックだったという。セサル・ルイス・メノッティ フレッシュアイペディアより)

  • 荒木真樹彦

    荒木真樹彦から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    XEROX 『ジンズ/マラドーナ独走篇』『ジンズ/マラドーナビジネスピープル篇』『able』荒木真樹彦 フレッシュアイペディアより)

  • シュート!

    シュート!から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    左足しか使わない独特のプレイスタイルであるため、左右のバランスを求める1年生時の監督・前沢とは反りが合わず部活動もサボりがちであったが、2年生時に大原由実子が監督に就任するとファンタジスタとしての才能を開花させる。ピッチ全体を支配する姿は「王様(キング)」そのものであり、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナを彷彿とさせる。シュートの威力では同じレフティの田仲や恩田には及ばないものの、鋭い回転を与えたフィニッシュシュート「アクセルシュート」「トルネードアクセル」は一級品。2010年W杯の時点ではフェイエノールトに所属。シュート! フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    例えばディエゴ・マラドーナのように純粋な南欧系と比較すると小柄で、風貌も若干異なる人が少なくないことから、先住民系の血も少なからず受け継がれていることがわかるが、それでも現在のところアルゼンチン人の主要意識は白人国家、南米のヨーロッパであることに変わりはない。ただし、マルビナス戦争でヨーロッパ(EC)と敵対し、反対にラテンアメリカ諸国の支援を受けたことから、状況は多少変わって来ている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・マスチェラーノ

    ハビエル・マスチェラーノから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナ監督就任後、アルゼンチン代表のキャプテンを務めた。ハビエル・マスチェラーノ フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・リード

    ピーター・リードから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1982年、ファーストディヴィジョンのエヴァートンFCに移籍した。度重なる負傷の影響で移籍金は6万ポンドに抑えられ、わずか12ヶ月前には史上最高額の移籍金が取り沙汰されていたことを考えれば安価だった。1983-84シーズンにはFAカップ、1984-85シーズンにはファーストディヴィジョンとUEFAカップウィナーズカップ、1986-87シーズンにはファーストディヴィジョンで優勝し、FAチャリティ・シールドでは計4回優勝した。1984-85シーズンにはPFA年間最優秀選手賞に選出され、1985年のワールドサッカー誌選定世界最優秀選手賞では、ミシェル・プラティニ(ユヴェントスFC)、プレーベン・エルケーア・ラルセン(エラス・ヴェローナ)、ディエゴ・マラドーナ(SSCナポリ)に次ぐ第4位にランクインした。1986-87シーズンのFAカップでは決勝に進出したが、マンチェスター・ユナイテッドFCに敗れて準優勝に終わった。この試合でリードに無鉄砲なタックルを仕掛けたケヴィン・モーランは、FAカップ決勝史上初の退場処分を受けている。エヴァートンでは167試合に出場(うち8試合は途中出場)し、2006年にはエヴァートン・ジャイアント(エヴァートンにおける殿堂入り選手/監督)に選出されている。1989年にはフリートランスファーでクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに移籍したが、1シーズンプレーしただけで退団した。ピーター・リード フレッシュアイペディアより)

  • ゴンサロ・イグアイン

    ゴンサロ・イグアインから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年9月25日、マラドーナ監督から2010 FIFAワールドカップ・南米予選メンバーとしてピンチに陥っていたアルゼンチン代表に招集される。2009年10月10日のペルー戦で代表デビューを飾り、先制点となる代表初得点も挙げた。2010年3月3日の親善試合・ドイツ戦では決勝点を挙げた。イグアインは窮地に追い込まれていたアルゼンチン代表を救い、ワールドカップ出場へと導く。ゴンサロ・イグアイン フレッシュアイペディアより)

  • ヨハン・クライフ

    ヨハン・クライフから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    リヌス・ミケルス監督の志向した組織戦術「トータルフットボール」をピッチ上で体現した選手であり、選手時代に在籍したアヤックスではUEFAチャンピオンズカップ3連覇、オランダ代表ではFIFAワールドカップ準優勝に導いた実績などからバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を3度受賞した。フランツ・ベッケンバウアー(ドイツ)と並ぶ1970年代を代表する選手であり、ペレ(ブラジル)やアルフレッド・ディ・ステファノやディエゴ・マラドーナ(共にアルゼンチン)と並ぶ20世紀を代表する選手と評されている。ヨハン・クライフ フレッシュアイペディアより)

  • 鳥栖フューチャーズ

    鳥栖フューチャーズから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    チームは静岡県西部3部リーグからスタートし、森下仁之、ウーゴ・マラドーナ(ディエゴ・マラドーナの実弟)らの活躍で順調に昇格、発足から91連勝で1992年に東海社会人サッカーリーグで優勝して、1993年からジャパンフットボールリーグ2部に昇格。この年は元アルゼンチン代表のセルヒオ・バティスタ(アルゼンチン代表元監督)が加入し、準優勝。鳥栖フューチャーズ フレッシュアイペディアより)

292件中 21 - 30件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード