236件中 21 - 30件表示
  • シュート!

    シュート!から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    左足しか使わない独特のプレイスタイルであるため、左右のバランスを求める1年生時の監督・前沢とは反りが合わず部活動もサボりがちであったが、2年生時に大原由実子が監督に就任するとファンタジスタとしての才能を開花させる。ピッチ全体を支配する姿は「王様(キング)」そのものであり、元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナを彷彿とさせる。シュートの威力では同じレフティの田仲や恩田には及ばないものの、鋭い回転を与えたフィニッシュシュート「アクセルシュート」「トルネードアクセル」は一級品。2010年W杯の時点ではフェイエノールトに所属。シュート! フレッシュアイペディアより)

  • ナポリ

    ナポリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    イタリアサッカーリーグのセリエAのSSCナポリの本拠地。かつてディエゴ・マラドーナが在籍していた。ナポリ フレッシュアイペディアより)

  • リオ・ファーディナンド

    リオ・ファーディナンドから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1978年11月7日、ロンドン南東部に位置するペッカムという街で、テーラーの父と保育士の母の間に生まれる。大家族であり、両親は共働きで家族を支えていた。両親は結婚しておらず、リオが14歳の時に別れてしまった。しかし、父は母と別れた後も近くに住んでおり、子供たちを連れて公園でサッカーのトレーニングをしてくれたという。幼稚園では騒がしい子供で、当時はディエゴ・マラドーナとマイク・タイソンがヒーローであった。リオ自身は両親にまっすぐ教育された幸せな子供であったけれども、出生地のペッカムはロンドンでも特に荒んだ、貧しい人々が住む地域として知られ、贅沢をせずに生きる事を学んだという。また暴力事件が頻繁に起きる地域であり、両親に近所のその様な人間とは絶対に関わってはいけないと教えられたという。小学校では算数が得意で、 演劇も大好きであった。学校劇の「ダウンタウン物語」に出演。リオ・ファーディナンド フレッシュアイペディアより)

  • SSCナポリ

    SSCナポリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1969年に会長に就任したコッラード・フェルライーノ(2002年2月までクラブを所有した不動産開発業者)の下で、積極的なチーム強化が行なわれる。1986-87シーズンと1989-90シーズンの2度スクデットを獲得。当時はディエゴ・マラドーナやカレカ、DFチーロ・フェラーラを中心にセリエAトップクラスの強豪チームとして一世を風靡した。「ナポリの王様」と呼ばれたマラドーナへの崇拝は絶対的で、背番号10番は彼に捧げられ永久欠番となっている。1997-98シーズンからセリエBへの降格とセリエAへの昇格を繰り返し、チーム財政状況の悪化に伴い2004年夏に破産宣告され、セリエCへと降格した。SSCナポリ フレッシュアイペディアより)

  • ホルヘ・バルダーノ

    ホルヘ・バルダーノから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    「エル・フィロソフォ」(哲学者)のニックネームで親しまれた知性溢れるストライカー。当時から荒々しいイメージが付きまとっていたアルゼンチンサッカーの出身だが、人間的にも評価を受けた選手である。ディエゴ・マラドーナらと共に1986年のメキシコW杯で優勝に貢献。クラブレベルにおいてもレアル・マドリード等に所属した経験を持つ。1987年に引退し指導者の道を歩む。ホルヘ・バルダーノ フレッシュアイペディアより)

  • アサヒ飲料

    アサヒ飲料から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986年(昭和61年)9月 - 缶コーヒー「三ツ矢コーヒー」を「NOVA」に改称、CMにはディエゴ・マラドーナを起用アサヒ飲料 フレッシュアイペディアより)

  • リオネル・メッシ

    リオネル・メッシから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2006-2007シーズンは故障による欠場が目立ったものの、右サイドから切れ込むドリブルが冴え渡り数々の印象的なプレイを披露する。バルセロナの最大のライバルであるレアル・マドリードとのエル・クラシコでは自身初のハットトリックを達成(試合結果は3-3)し、スペイン国王杯「コパ・デル・レイ」準決勝1stレグ、ホームでの対ヘタフェ戦においては、センターサークル付近から5人をかわしてゴールを決めた。後者はアルゼンチンサッカー界の英雄ディエゴ・マラドーナの1986 FIFAワールドカップにおける伝説の5人抜きゴールとほぼ同じコースを辿った、同じ13回のタッチでのゴールであり、当時のリーガ最少失点チーム相手に繰り出した「マラドーナ2世」と呼ばれる彼の"後継者"たる所以を見せ付けたスーパープレーだった。第37節のエスパニョール戦では、マラドーナの「神の手」ゴールも記録した。チームはリーガ3連覇とチャンピオンズリーグ2連覇のどちらも達成できずに終わったが自身はリーグ、カップ合計で36試合に出場し17得点と奮闘した。リオネル・メッシ フレッシュアイペディアより)

  • アントニオ・デ・オリベイラ・フィーリョ

    アントニオ・デ・オリベイラ・フィーリョから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ナポリ在籍時には、ディエゴ・マラドーナらと共にUEFAカップ優勝、セリエA制覇などに貢献。このときの、マラドーナとカレカは世界最高の2トップだったと言われている。マラドーナ退団後もナポリに残り、チームに貢献する。アントニオ・デ・オリベイラ・フィーリョ フレッシュアイペディアより)

  • アルゼンチン

    アルゼンチンから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    例えばディエゴ・マラドーナのように純粋な南欧系と比較すると小柄で、風貌も若干異なる人が少なくないことから、先住民系の血も少なからず受け継がれていることがわかるが、それでも現在のところアルゼンチン人の主要意識は白人国家、南米のヨーロッパであることに変わりはない。ただし、マルビーナス戦争でヨーロッパ(EC)と敵対し、反対にラテンアメリカ諸国の支援を受けたことから、状況は多少変わって来ている。アルゼンチン フレッシュアイペディアより)

  • アレハンドロ・マンクーソ

    アレハンドロ・マンクーソから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナの親友としても知られ、2008年11月からはマラドーナが監督を務めるアルゼンチン代表のコーチとして指導にあたっている。アレハンドロ・マンクーソ フレッシュアイペディアより)

236件中 21 - 30件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード