292件中 31 - 40件表示
  • アルゼンチンのサッカー

    アルゼンチンのサッカーから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1978年にはアルゼンチンが1978 FIFAワールドカップの開催国となり、決勝でオランダを3-1で破って初優勝を飾った。1979年のFIFAワールドユース選手権では、ディエゴ・マラドーナに牽引されたアルゼンチンが優勝した。アルゼンチンは同大会で国別最多の6回優勝している。1986年の1986 FIFAワールドカップでは2度目の優勝を飾った。2004年のアテネオリンピックと2008年の北京オリンピックではアルゼンチン代表が優勝し、1964年の東京オリンピック・1968年のメキシコシティオリンピックにおけるハンガリー代表以来となる2連覇を達成した。アルゼンチンのサッカー フレッシュアイペディアより)

  • SSCナポリ

    SSCナポリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1969年に会長に就任したコッラード・フェルライーノ(2002年2月までクラブを所有した不動産開発業者)の下で、積極的なチーム強化が行なわれた。1980年代はディエゴ・マラドーナやカッレカ、ブルーノ・ジョルダーノやチーロ・フェラーラを中心として、1986-87シーズンと1989-90シーズンの2度スクデットを獲得した。マラドーナは「ナポリの王様」と呼ばれ、彼の背番号10番は永久欠番となっている。1997-98シーズンからセリエBへの降格とセリエAへの昇格を繰り返し、チーム財政状況の悪化に伴い2004年夏に破産宣告され、セリエCへと降格した。SSCナポリ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアーノ・ロナウド

    クリスティアーノ・ロナウドから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    フロレンティーノ・ペレスが2度目の会長就任を果たしたレアル・マドリードは、打倒バルセロナを目標に掲げ、ジネディーヌ・ジダンの記録を上回る当時のサッカー界史上最高額の8000万ポンドの移籍金を一括でマンチェスター・ユナイテッドに支払い、6月11日にロナウドを獲得した。この年のレアル・マドリードは、ロナウド以外にもバロンドール受賞経験者のカカやフランスの一部リーグ、リーグ・アンの名門オリンピック・リヨンの若きエース、カリム・ベンゼマなどの超一流選手を獲得した。7月6日、レアル・マドリードの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで入団発表が行なわれ、背番号は9と発表された。入団発表には10万人のファンが集まった。1984年にSSCナポリに加入したディエゴ・マラドーナの7万5000人を抜き、史上最多の人数がつめかけたお披露目式となった。また、ロナウドのユニフォームはマドリード市内だけで120万枚を売り上げ、高額な移籍金を地元のユニフォーム売り上げのみで回収した。7月21日のシャムロック・ローヴァーズFC戦でデビュー。翌週のLDUキト戦ではPKから初得点を挙げた。8月29日のデポルティーボ・ラ・コルーニャ戦でリーガ・エスパニョーラデビューを飾ると、PKで初得点も決めた。クリスティアーノ・ロナウド フレッシュアイペディアより)

  • サッカーアルゼンチン代表

    サッカーアルゼンチン代表から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1974 FIFAワールドカップで2次リーグ敗退を喫すると、アルゼンチンサッカー協会(AFA)は国内サッカーの変革を強いられ、セサル・ルイス・メノッティが新監督に就任。自国開催に向けた長期スパンでの準備を開始したが、1975年のコパ・アメリカ1975(名称変更後第1回大会)はグループリーグ敗退となった。自国開催された1978 FIFAワールドカップ本大会ではグループ2位で2次リーグ進出を決め、2次リーグでは得失点差で決勝進出を決めた。エスタディオ・モヌメンタルで行なわれた決勝ではオランダと対戦し、3-1で勝利してFIFAワールドカップ初優勝を飾った。ケンペスは6得点で得点王に輝いただけでなく、大会最優秀選手にも選出された。オランダとはAマッチで8度対戦しているが、勝利はこのときが唯一である(2013年終了時点)。1979年にはコパ・アメリカ1979に出場したが、グループリーグ最下位で敗退した。同年にはU-20代表がFIFAワールドユース選手権に出場して優勝した。このチームの監督もメノッティであり、中心選手としてディエゴ・マラドーナやラモン・ディアスなどがいた。1981年にはウルグアイで開催されたスモール・ワールドカップに出場したが、グループリーグで敗退した。サッカーアルゼンチン代表 フレッシュアイペディアより)

  • セルヒオ・アグエロ

    セルヒオ・アグエロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチンのCAインデペンディエンテでサッカー選手としてのキャリアをスタート。2003年7月23日にディエゴ・マラドーナの持つプリメーラ・ディビシオン最年少出場記録を更新する、15歳と35日でのトップチームデビューを飾る。2002-03後期リーグ、2003-04前期リーグでの出場はこの1試合のみであったが、2003-04後期リーグより徐々に出番を増やしていき(5試合0ゴール)、2004-05前期リーグでは7試合に出場、リーグ初ゴールを含む2ゴールを記録した。続く2004-05後期リーグで5試合で3ゴールを記録。セルヒオ・アグエロ フレッシュアイペディアより)

  • ハードロック・ヘヴィメタル板

    ハードロック・ヘヴィメタル板から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2001年頃に最も盛り上がっていたのはイングヴェイ・マルムスティーンVSエドワード・ヴァン・ヘイレンであり、2002年に発行された「2ちゃんねる公式ガイドブック」でも紹介されている。2002年頃にはイングヴェイVS○○系のネタスレがメタル板だけでなく他の板にまで乱立したことがある(例:イングヴェイVSアレキシ・ライホ、イングヴェイVS加藤鷹、イングヴェイVS木之本桜、イングヴェイVSマラドーナ等)。ハードロック・ヘヴィメタル板 フレッシュアイペディアより)

  • マルコ・バロッタ

    マルコ・バロッタから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    一番苦手だった選手はディエゴ・マラドーナ。ゴールを決められた時『自分の無力さを感じた』と語っている。また、ポジション争いを好み、『闘争心が無くなるまで現役を続ける』と語っている。(CALCiO2002、1月号のインタビューより)。また日々の入念な体調管理を心がけており、それがここまで現役を続けられてきた秘訣だ、とも語っている。マルコ・バロッタ フレッシュアイペディアより)

  • GOAL

    GOALから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ジャパンが4戦目に対戦した西ドイツのチーム。西ドイツ代表監督・ベッケンバウアーや現役代表選手達から直接指導を受け、2002年までに行われるワールドカップを全て制することを目指すスーパーチーム。天才GKマティウスや西ドイツのマラドーナの異名を持つゲルトを擁する。GOAL フレッシュアイペディアより)

  • ビクトリー・ラン!

    ビクトリー・ラン!から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    原作者の仲久は「日本国内ではFIFAワールドカップや日本サッカーリーグよりも高校サッカーの人気が高い時代に、取材を通じて日本にプロリーグが誕生しようとしていたことやを知り、アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナをイメージとした主人公を軸に作品を描いた」と語っている。ビクトリー・ラン! フレッシュアイペディアより)

  • ビジャ・デボート

    ビジャ・デボートから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナ - サッカー選手。1986 FIFAワールドカップ優勝メンバーのひとりである。ビジャ・デボート フレッシュアイペディアより)

292件中 31 - 40件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード