236件中 41 - 50件表示
  • マルコス・アンヘレリ

    マルコス・アンヘレリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ブエノスアイレス州・ラプラタに生まれ、2002年にエストゥディアンテスからトップチームデビューした。2006年にはアペルトゥ?ラ(前期リーグ)を制し、2008年にはディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に初招集された。右ウイングバックとして出場することが多かったが、ディエゴ・シメオネ監督の下ではリベロとして出場することもあった。 レオナルド・アストラーダ監督が2008年半ばに就任すると自由な攻撃参加の機会が増え、同年のコパ・スダメリカーナでは準優勝し、南米年間最優秀選手賞投票でトップ10にランクインした。2009年にはレギュラーとしてコパ・リベルタドーレスに出場し、負傷のために大会後半には出場できなかったがチームは優勝を果たした。マルコス・アンヘレリ フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ロサーダ

    セバスティアン・ロサーダから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1991年にはレアル・マドリードのライバルのアトレティコ・マドリードに移籍したが、しばしばヘスス・ヒル会長と対立した。1992年に移籍したセビージャFCではアルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナとチームメイトになり、1993年に移籍したセルタ・デ・ビーゴでは、1995年1月16日のウルグアイ戦でスペイン代表デビューを飾った。同年には27歳の若さで現役引退して弁護士となった。2004年にはスペインサッカー連盟(RSFF)の会長選挙に出馬したが落選した。セバスティアン・ロサーダ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ビジャグラ

    クリスティアン・ビジャグラから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチン代表には、ディエゴ・マラドーナ監督の初陣となる2008年11月19日のスコットランド戦で初招集された。クリスティアン・ビジャグラ フレッシュアイペディアより)

  • 1979 FIFAワールドユース選手権

    1979 FIFAワールドユース選手権から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979 FIFAワールドユース選手権()は、1979年8月25日から9月7日にかけて、日本で開催された第2回目のFIFAワールドユース選手権である。東京、大宮、横浜、神戸の4都市で合計32試合が行われた。決勝は国立霞ヶ丘競技場で行われ、アルゼンチンが初優勝を果たした。また、MVPにあたるゴールデンボールにディエゴ・マラドーナが選ばれた。1979 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

  • エクトル・エンリケ

    エクトル・エンリケから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    エンリケは1986年には、1年で4つのメジャータイトルを獲得した。所属していたCAリーベル・プレートでアルゼンチンリーグ、コパ・リベルタドーレス、インターコンチネンタルカップを獲得した。アルゼンチン代表としてワールドカップ・メキシコ大会で優勝した。準々決勝のイングランド戦ではディエゴ・マラドーナの「伝説の5人抜き」ドリブルに繋がるパスを供給した。エクトル・エンリケ フレッシュアイペディアより)

  • 週刊サッカーダイジェスト

    週刊サッカーダイジェストから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    500号 ペレ、マラドーナ、ヨハン・クライフ、ジーコ、ベッケンバウアー、ミシェル・プラティニ、ロベルト・バッジョ、釜本邦茂、カズ、中田英寿 2000年1月5/12日号週刊サッカーダイジェスト フレッシュアイペディアより)

  • ラボーナ

    ラボーナから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    試合中にラボーナを効果的に使うことでよく知られている選手としては、ディエゴ・マラドーナ、アルベルト・アクィラーニ、ナニ、デヴィッド・ダン、リカルド・クアレスマ、クリスティアーノ・ロナウド、アンヘル・ディ・マリア、ロナウジーニョ、マリオ・バロテッリ、ダビド・ビジャ、ヴェスレイ・スナイデル、ズラタン・イブラヒモビッチ、ルイス・スアレス、、、エデン・アザールらである。ラボーナ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・リナウド

    ファビアン・リナウドから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2008年10月5日、CAリーベル・プレート戦でデビューした。2009年4月17日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に招集された。5月20日、アルゼンチン国内組のみで構成されたメンバーでパナマ戦に臨んで初出場した。ファビアン・リナウド フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・ポソ

    ディエゴ・ポソから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年4月17日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に初招集され、5月21日のパナマ代表戦で初出場した。南アフリカワールドカップ予選はマリアーノ・アンドゥハルやセルヒオ・ロメロがレギュラーを務めたので、ポソは1試合も出場していないが、9月30日の親善試合ガーナ戦、12月22日の親善試合カタルーニャ戦(非公式試合)、2010年5月5日の親善試合ハイチ戦に出場した。2010年5月19日、2010 FIFAワールドカップに出場するアルゼンチン代表メンバーに選出された。ディエゴ・ポソ フレッシュアイペディアより)

  • アリエル・ガルセ

    アリエル・ガルセから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2003年、マルセロ・ビエルサ監督が指揮していたアルゼンチン代表で親善試合2試合に出場した。2010年4月、ディエゴ・マラドーナ監督によって7年ぶりに代表に招集され、5月5日のハイチ戦に国内組メンバーの一員として出場した。6月には南アフリカで行われた2010 FIFAワールドカップ登録メンバーにサプライズ選出されたが、本大会での出場機会はなかった。アリエル・ガルセ フレッシュアイペディアより)

236件中 41 - 50件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード