292件中 41 - 50件表示
  • マラドーナ

    マラドーナから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナ - 元アルゼンチン代表でナポリ等に所属したサッカー選手。マラドーナ フレッシュアイペディアより)

  • ディエゴ・マラドーナ・ジュニア

    ディエゴ・マラドーナ・ジュニアから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチンが生んだサッカーの天才・ディエゴ・マラドーナの子。ディエゴ・マラドーナ・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • デルビー・デル・ソーレ

    デルビー・デル・ソーレから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ライバル関係は、ローマがブルーノ・コンティを、ナポリがディエゴ・マラドーナを擁した1980年代末に頂点に達した。この対立がもたらした残念な結末の一つは、ローマのスタディオ・オリンピコで開催された1990 FIFAワールドカップ決勝戦におけるローマ市民によるマラドーナへの冷たい反応であった。マラドーナには試合の間中ブーイングが浴せられた。デルビー・デル・ソーレ フレッシュアイペディアより)

  • ラヌース

    ラヌースから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴ・マラドーナ ? サッカー選手。ラヌース生まれ。ラヌース フレッシュアイペディアより)

  • ストロベビー

    ストロベビーから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ディエゴによる元サッカー選手のディエゴ・マラドーナの形態模写がよく知られる。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の『博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜』第16回大会ではワールドカップ南アフリカ大会におけるアルゼンチン監督当時のモノマネが披露された。これ以降、ディエゴはサッカー関連番組などにゲスト出演することが多くなった。なおディエゴはネタを披露する際は基本的にしゃべることはない(デタラメなスペイン語を使う場合もある)。ストロベビー フレッシュアイペディアより)

  • フェリードゥーン・ザンディー

    フェリードゥーン・ザンディーから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ドイツ生まれでU-21ドイツ代表でプレーしながらもイランサッカー連盟の要請を受け、父親の母国であるイラン代表に加入した選手。左足から繰り出すパスの精度は高く、プレースキッカーしての能力も高い。尊敬する選手はディエゴ・マラドーナフェリードゥーン・ザンディー フレッシュアイペディアより)

  • マラドーナ教

    マラドーナ教から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    マラドーナ教(マラドーナきょう、西:Iglesia Maradoniana、英:Maradonian Church)、もしくはマラドーナ教会とは、アルゼンチンの元サッカー選手で元アルゼンチン代表監督のディエゴ・マラドーナ、ならびにマラドーナによる美しいサッカーを崇拝する人々によって創設された、マラドーナを神として崇める宗教である。マラドーナ教 フレッシュアイペディアより)

  • ヴァレリー・ニポムニシ

    ヴァレリー・ニポムニシから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    グループリーグ緒戦でディエゴ・マラドーナやクラウディオ・カニーヒアを擁した前回優勝のアルゼンチン代表を破り(1-0)、その後ミラの活躍もありグループリーグ1位で突破し、W杯の「台風の目」としてアフリカ勢初のW杯ベスト8進出に貢献した。ヴァレリー・ニポムニシ フレッシュアイペディアより)

  • ファンタジスタ

    ファンタジスタから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986年のW杯メキシコ大会において、当時のアルゼンチン代表監督のカルロス・ビラルドが、自身はあくまで「黒子」(悪役)に徹してディエゴ・マラドーナ一人の為のチーム作りをし、優勝した例がある。ファンタジスタ フレッシュアイペディアより)

  • レフィク・シャバナジョヴィッチ

    レフィク・シャバナジョヴィッチから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ユーゴスラビア代表としては8キャップを記録しており、イタリアW杯では4試合(コロンビア戦、UAE戦、スペイン戦、アルゼンチン戦)に出場した。ベスト4を賭けたアルゼンチン戦ではディエゴ・マラドーナに対するファールで2枚目のカードをもらい退場した(1枚目はフリーキックの壁を飛び出したための警告)。レフィク・シャバナジョヴィッチ フレッシュアイペディアより)

292件中 41 - 50件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード