292件中 51 - 60件表示
  • 大友正人

    大友正人から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    卒業後は大学進学を目指して予備校に通っていたが、1979年のシーズン途中より、日本サッカーリーグ(JSL)1部に所属する読売クラブの選手として追加登録されると、同年のJSLカップでは準決勝・決勝戦合わせて3得点の活躍で、クラブに初タイトルをもたらした。その後も快足の左ウイングとして長きに渡りレギュラーに定着。80年代に世界的スーパースターであったアルゼンチンのディエゴ・マラドーナになぞらえて「和製マラドーナ」の異名をとった。また、1981年には青山学院大学二部(夜間)に合格し、サッカーと学業の両立を成功させた。大友正人 フレッシュアイペディアより)

  • イブラヒム・ババンギダ

    イブラヒム・ババンギダから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    政治的な面においてババンギダは、前任のブハリや以後のどの軍事独裁者よりも世論に敏感に反応し、情報操作することに長けていた。政権初期にはブハリの下で拘留されていた多くの政治家を解放し、自らを人権の恢復者として振舞おうとした(しかし時間が経つにつれ、この風格は損なわれていくこととなった)。また可能な限り反対派を金で片付けることを好んだため、「マラドーナ」と渾名された。その一方で、国家元首のオフィスから送られた小包爆弾により暗殺されたジャーナリストのデレ・ギワなど、買収を拒んだり無視した反対者に対しては武力に訴えることもあった。イブラヒム・ババンギダ フレッシュアイペディアより)

  • ゼロックス・スーパーサッカー

    ゼロックス・スーパーサッカーから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979年に第1回が開催され、以来9回にわたり世界のトップクラブやフランツ・ベッケンバウアー、ヨハン・クライフ、ディエゴ・マラドーナを始めとする世界一流プレイヤー達を日本に招き、日本サッカーの強化と国際親善の実現に貢献した。ゼロックス・スーパーサッカー フレッシュアイペディアより)

  • マラドーナ (映画)

    マラドーナ (映画)から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    サッカー史上に様々な伝説を残したディエゴ・マラドーナの日常にスポットを当て、彼の真実の姿をとらえようとしたドキュメンタリーである。マラドーナ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • モクタル・ダハリ

    モクタル・ダハリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1970年代から1980年代にかけてマレーシア代表として125得点を獲得した伝説のストライカーであり、その卓越した強さと技術で生涯を通じて得点を量産し、「スーパーモク」の愛称で親しまれた。強さや技術を持ち合わせていた彼であるが、特にそのスピードで有名であった。観衆による「スーパーモク」の合唱も非常に有名であり、多くの若い世代が彼を憧れの選手に挙げ、彼の動きを真似した。選手としてはセランゴールFAに所属し、ボカ・ジュニアーズとの親善試合の前にディエゴ・マラドーナと握手を交わした選手である。モクタル・ダハリ フレッシュアイペディアより)

  • ファビアン・リナウド

    ファビアン・リナウドから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年4月17日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に招集された。5月20日、アルゼンチン国内組のみで構成されたメンバーでパナマ戦に臨んで初出場した。ファビアン・リナウド フレッシュアイペディアより)

  • スレチコ・カタネッツ

    スレチコ・カタネッツから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979年にユーゴスラビアのNKリュブリャナでキャリアをスタートするが、1981年に同じ街のライバルであるオリンピア・リュブリャナへ移籍。その後名門クラブのディナモ・ザグレブ、パルチザン・ベオグラードを経て、1988年にドイツのシュトゥットガルトへ移籍。その年のUEFAカップで決勝進出を果たし、ディエゴ・マラドーナ擁するナポリと決勝で対戦したが結果、準優勝に終わった。スレチコ・カタネッツ フレッシュアイペディアより)

  • シンカク高橋

    シンカク高橋から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    東西を問わず、お笑いタレント(特にコントやトーク番組、バラエティ)やものまね番組を観るのを楽しみとしており、、関暁夫の都市伝説番組が大好きである。ニュースやワイドショーなどでの特に好きなテレビアナウンサーは、須田哲夫と笠井信輔、羽鳥慎一などである。好きなタレントの中に、岡副麻希、竹内由恵、新井恵理那、杉崎美香、その他数名の女子アナを挙げている。サッカー、野球などのスポーツを、テレビ観戦することがある。サッカーでは前園真聖、乾貴士、中田英寿、中村俊輔、岡崎慎司、本田圭佑、釜本邦茂、長友佑都、三浦知良、武田修宏、北澤豪、内田篤人、ディエゴ・マラドーナ、クリスティアーノ・ロナウド、ロナウジーニョら、野球では落合博満、伊良部秀輝、ランディ・バース、ダルビッシュ有、真弓明信、掛布雅之、愛甲猛、張本勲、松井稼頭央、KKコンビ、江本孟紀など、大相撲では、琴風、朝青竜、小錦、曙、白鵬、千代の富士など、サーフィンでは、トム・カレン、ケリー・スレーター、ミック・ファニング、タジ・バロウ、アンディ・アイアンズ、五十嵐カノア、椎葉順、久我孝男など、スノーボードでは、テリエ・ハーコンセン、ジェイソン・ボーグステッド、マルクス・フルメ、ジェレミー・ベイ、成田緑夢などを特に応援していた。母方の祖父と本名が同じだという理由で大橋巨泉の生き方にも影響を受けている。幼少の頃は、当時見ていた金八先生により、たのきんトリオのファンであった。また、岡本太郎、山下清、蛭子能収などの生き方や考え方に憧れている。ジョセフ・マーフィー、朝堂院大覚、孫正義、スティーブ・ジョブズ、苫米地英人などの考え方にも影響されている。なお、広瀬すず、能年玲奈、桜井日奈子のファンである。シンカク高橋 フレッシュアイペディアより)

  • アフマド・アレーナ

    アフマド・アレーナから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2008年4月15日に建設が始まり3年の工事を経て完成をした。2011年5月11日、スタジアムの完成を祝ってこけら落しが行われた。記念式典は2時間半行われ、チェチェン共和国大統領のラムザン・カディロフは試合前に「チェチェン共和国にこのスタジアムのような非常に現代的な建物が建設されたことを嬉しく思う」と演説をした。カフカース地域からなるロシア選抜にはチェチェン共和国大統領のラムザン・カディロフ、アレクサンドル・フロポーニン、リナト・ダサエフらが連ねた。国際選抜はディエゴ・マラドーナ、ルイス・フィーゴ、フランコ・バレージ、アレッサンドロ・コスタクルタ、ファビアン・バルテズ、ジャン=ピエール・パパン、アラン・ボゴシアン、イバン・サモラーノ、エンツォ・フランチェスコリ、ロベルト・アジャラと言った往年の名選手が参加をした。試合はカフカース地域からなるロシア選抜が5-2で勝利をし、5得点のうちの3得点はカディロフ大統領が挙げた。アフマド・アレーナ フレッシュアイペディアより)

  • 1979 FIFAワールドユース選手権

    1979 FIFAワールドユース選手権から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979 FIFAワールドユース選手権()は、1979年8月25日から9月7日にかけて、日本で開催された2回目のFIFAワールドユース選手権である。東京、大宮、横浜、神戸の4都市で合計32試合が行われた。決勝は国立霞ヶ丘競技場で行われ、アルゼンチンが初優勝を果たした。また、MVPにあたるゴールデンボールにディエゴ・マラドーナが選ばれた。1979 FIFAワールドユース選手権 フレッシュアイペディアより)

292件中 51 - 60件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード