236件中 51 - 60件表示
  • セバスティアン・ブランコ

    セバスティアン・ブランコから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年4月17日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に招集された。5月20日の親善試合・パナマ戦でデビューした。2010年5月5日の親善試合・ハイチ戦で代表初得点を挙げた。セバスティアン・ブランコ フレッシュアイペディアより)

  • マルセイユ・ルーレット

    マルセイユ・ルーレットから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    この技術の普及に最も貢献した選手はディエゴ・マラドーナとジネディーヌ・ジダンであると考えられている。そのためマラドーナを称えて「マラドーナ・スピン」とも命名された。この名称が使われているテレビゲームも存在する。フランスでは、1970年代にによって世に広まった。「グリンゴ Gringo」という名称は南米発祥であり、相手がこの技術を行うのを目にした多くのサッカー選手がこの言葉を叫んだことに由来する(Gringoはスペイン文化圏から見たアメリカ人の男を意味する)。この用語は2002年に行われたブラジルのサントスFCとスペインのアスレティック・ビルバオとのプレシーズンマッチで評判になった。マルセイユ・ルーレット フレッシュアイペディアより)

  • パウル (タコ)

    パウル (タコ)から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    続く準々決勝のアルゼンチン戦もドイツ勝利を予言し、的中させた。しかし、イングランドに続いてアルゼンチンのサポーターからも「食べてやる」と筋違いな八つ当たりされてしまった。パウルが死亡した直後、アルゼンチンを監督として率いたディエゴ・マラドーナも、自身のツイッターで「予言タコが死んで嬉しい、ワールドカップで負けたのはお前のせいだ」と発言した。パウル (タコ) フレッシュアイペディアより)

  • 2002 FIFAワールドカップ参加チーム

    2002 FIFAワールドカップ参加チームから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    当初、AFAはディエゴ・マラドーナに敬意を表して10を欠番扱いとし、アリエル・オルテガに23、ロベルト・ボナーノに24の背番号を与えていた。FIFAはすべてのチームが1から23の背番号を割り振らなければならないと主張したため、アルゼンチンは選手リストを修正した。2002 FIFAワールドカップ参加チーム フレッシュアイペディアより)

  • ラウル・アルフォンシン

    ラウル・アルフォンシンから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986年にメキシコで開催されたワールドカップではディエゴ・マラドーナの特筆されるべき活躍により、アルゼンチンは2度目の優勝を果たし、軍事政権の負の遺産に苦しむ国民に大きな希望を与えた。ラウル・アルフォンシン フレッシュアイペディアより)

  • エドゥアルド・サルビオ

    エドゥアルド・サルビオから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年1月、U-20アルゼンチン代表としてベネズエラで開催された南米ユース選手権に出場し、FIFA U-20ワールドカップ出場権獲得を逃したチームで孤軍奮闘して4得点した。同年5月20日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチンA代表に招集され、パナマとの親善試合(3-1)でA代表デビューした。この試合はアルゼンチン国内リーグ所属の選手で構成され、ヨーロッパなどでプレーする選手は招集されていない。エドゥアルド・サルビオ フレッシュアイペディアより)

  • マラドーナ (映画)

    マラドーナ (映画)から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    サッカー史上に様々な伝説を残したディエゴ・マラドーナの日常にスポットを当て、彼の真実の姿をとらえようとしたドキュメンタリーである。マラドーナ (映画) フレッシュアイペディアより)

  • レフィク・シャバナジョヴィッチ

    レフィク・シャバナジョヴィッチから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ユーゴスラビア代表としては8キャップを記録しており、イタリアW杯では4試合(コロンビア戦、UAE戦、スペイン戦、アルゼンチン戦)に出場した。ベスト4を賭けたアルゼンチン戦ではディエゴ・マラドーナに対するファールで2枚目のカードをもらい退場した(1枚目はフリーキックの壁を飛び出したための警告)。レフィク・シャバナジョヴィッチ フレッシュアイペディアより)

  • リカルド・ガレカ

    リカルド・ガレカから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1978年にボカ・ジュニアーズからデビューしたが、3年間で16試合にしか出場できず、1981年にCAサルミエントにレンタル移籍した。ボカ・ジュニアーズに復帰してからはディエゴ・マラドーナと一緒にプレーし、8得点を挙げた。1985年、オスカル・ルジェリとともに永遠のライバルであるCAリーベル・プレートに移籍した。ルジェリと対照的にガレカはCAリーベル・プレートで成功できず、1985年にフトボル・プロフェシオナル・コロンビアーノのアメリカ・デ・カリに移籍すると、1985年と1986年にリーグタイトルを獲得した。1985年と1986年と1987年には3年連続でコパ・リベルタドーレス決勝に進出したが、いずれの大会も準優勝に終わった。1989年にアルゼンチンに復帰し、CAベレス・サルスフィエルドに加入して1992年までプレーした。1993年にはCAインデペンディエンテに移籍し、数年間プレーした後に現役引退した。リカルド・ガレカ フレッシュアイペディアより)

  • 審判員

    審判員から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    スポーツの種類を問わず、審判の不公平な判定や誤審はしばしば問題視される。本拠地側のチームや選手に有利な判定が下ることをホームタウンディシジョンなどといい、有名なものには2000年代のハンドボールの国際試合において中東諸国のチームに有利な判定が頻出した「中東の笛」や、日本プロ野球において読売ジャイアンツに有利な判定を下す「ジャンパイア」がある。有名な誤審にはサッカー1986 FIFAワールドカップにおけるディエゴ・マラドーナの『神の手』ゴールや野球のボブ・デービッドソン審判の判定問題などがある。また、審判自らが試合後に誤審を下したと認める場合もある。不公平な判定や誤審は時として暴動や訴訟に発展することもある。審判員 フレッシュアイペディアより)

236件中 51 - 60件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード