236件中 61 - 70件表示
  • ゾーンプレス

    ゾーンプレスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    サッキがゾーンプレスを確立させた経緯は、サッカー史上最高の選手の1人に挙げられるディエゴ・マラドーナを抑え込む為だったことは有名である。それまで採用されていたマンマークディフェンスでは基本的にFWとDFが常に1対1の状況におかれるため、マラドーナの才能を止めることは不可能に近かった。当時、世界最高のDFと評されたフランコ・バレージをしても「マラドーナをまともにマークする事は出来なかった」と語るように、対マラドーナにゾーンプレスは非常に重要であった。ゾーンプレス フレッシュアイペディアより)

  • WAGs

    WAGsから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    一般人のパートナーでも幼少時代からの幼馴染や、学生時代の同級生と結婚に至るケースもある。マイケル・オーウェン、ジェイミー・キャラガー、ジョン・テリー、アリエン・ロッベン古くはディエゴ・マラドーナやロベルト・バッジオなどがその例である(マラドーナは後に離婚)。フェルナンド・トーレスは未婚だが、幼少時代からの幼馴染であるオラーラという恋人がいる。ウェイン・ルーニーの恋人コリーンも昔から家族ぐるみで付き合いがあり知っていた。WAGs フレッシュアイペディアより)

  • かっとび一斗

    かっとび一斗から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    西峰中サッカー部主将。背番号10、ミッドフィルダー。古戸真道から「ディエゴ」と呼ばれている。試合では相手が強ければ強いほど機嫌がよくなるタイプ。香取一斗が3年の時、西東京予選準々決勝で清雅学園と対戦。古戸との変則的なコンビプレーで多くのチャンスを生みだすだけでなく、短足ならではの重心の低さで絶対のボールキープ力を見せる。極端なゾーンプレスを指揮して清雅学園を苦しめる。惜敗するが全国大会を控えた清雅に古戸と共に練習に協力した。かっとび一斗 フレッシュアイペディアより)

  • ミゲル・ポルラン

    ミゲル・ポルランから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    快足を生かして度々サイドから攻撃参加をしてチャンスを作り、また守備でもカバーリングに長け、ディエゴ・マラドーナのマークなどの重要な仕事を任された。ミゲル・ポルラン フレッシュアイペディアより)

  • 山本浩

    山本浩から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    サッカー担当としての評価は高く、Jリーグ発足以前からサッカー実況を行っており、1986年より担当しているFIFAワールドカップなどの実況で、数々の名台詞を生んだ。カーブをかけたシュートを放った時の「ま・げ・て・きた?!!」(曲げてきたー)は有名である。他にも攻撃時、ヘディングシュートを試みる選手を「OO(選手名)、飛んだ?!」は頻繁に実況に出てくる一節である。特に1986年メキシコワールドカップでのディエゴ・マラドーナの5人抜きでの実況は、多くのサッカーファンを熱狂させた。山本浩 フレッシュアイペディアより)

  • 田中孝司

    田中孝司から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    明治大学を経て、1978年に日本サッカーリーグの日本鋼管サッカー部(のちのNKK)に入部。JSL1部で通算143試合出場を記録した。また、日本代表としても国際Aマッチで通算20試合3得点を記録するなど、日本代表の主将として活躍した。1982年1月に行われた日本代表vsボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)との3試合で、ディエゴ・マラドーナとマッチアップ。試合後にはマラドーナとユニフォームを交換した。田中孝司 フレッシュアイペディアより)

  • アルフィオ・バシーレ

    アルフィオ・バシーレから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    それまでのメンバーを刷新しガブリエル・バティストゥータ、ディエゴ・シメオネ、フェルナンド・レドンドら若手選手を積極的に登用し、1991年、1993年とコパ・アメリカを制覇するが、直後のワールドカップ南米予選でコロンビア代表に0-5で完敗、世論の後押しもあり大ベテランのディエゴ・マラドーナを招集せざるをえなくなった。アルフィオ・バシーレ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・バリエントス

    パブロ・バリエントスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2004年、アルゼンチンU-20代表として15試合に出場して6得点した。2008年11月15日、ディエゴ・マラドーナによってアルゼンチン代表に招集された。試合出場経験はない。パブロ・バリエントス フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・カンペストリーニ

    クリスティアン・カンペストリーニから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年4月17日、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に招集された。5月21日のパナマ代表戦で途中出場し、代表初出場を記録した。クリスティアン・カンペストリーニ フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・シルトン

    ピーター・シルトンから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    イングランド代表には1970年に21歳でデビューを果たす。以後1990年に代表を引退するまで3度のワールドカップ(1982年、1986年、1990年)に正GKとして出場するなど、国際Aマッチ125試合に出場している。なお、この記録はイングランド代表最多記録である。1986年のワールドカップ・メキシコ大会 準々決勝のアルゼンチン戦ではディエゴ・マラドーナに神の手ゴールと5人抜きゴールを決められた。ピーター・シルトン フレッシュアイペディアより)

236件中 61 - 70件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード