292件中 71 - 80件表示
  • アンドレス・ダレッサンドロ

    アンドレス・ダレッサンドロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    リオネル・メッシの台頭まではディエゴ・マラドーナ本人に「後継者」と指名されていた選手。アンドレス・ダレッサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • クリスティアン・ビジャグラ

    クリスティアン・ビジャグラから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    アルゼンチン代表には、ディエゴ・マラドーナ監督の初陣となる2008年11月19日のスコットランド戦で初招集された。クリスティアン・ビジャグラ フレッシュアイペディアより)

  • ダニエル・モンテネグロ

    ダニエル・モンテネグロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2007年4月18日チリ代表戦でアルゼンチン代表デビューを果たす。2008年11月ディエゴ・マラドーナの初戦となるスコットランド代表との親善試合に国内組の1人として招集された。ダニエル・モンテネグロ フレッシュアイペディアより)

  • マルコス・アンヘレリ

    マルコス・アンヘレリから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ブエノスアイレス州・ラプラタに生まれ、2002年にエストゥディアンテス・デ・ラ・プラタからトップチームデビューした。2006年にはアペルトゥーラ(前期リーグ)を制し、2008年にはディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に初招集された。右ウイングバックとして出場することが多かったが、ディエゴ・シメオネ監督の下ではリベロとして出場することもあった。レオナルド・アストラーダ監督が2008年半ばに就任すると自由な攻撃参加の機会が増え、同年のコパ・スダメリカーナでは準優勝し、南米年間最優秀選手賞投票でトップ10にランクインした。2009年にはレギュラーとしてコパ・リベルタドーレスに出場し、負傷のために大会後半には出場できなかったがチームは優勝を果たした。マルコス・アンヘレリ フレッシュアイペディアより)

  • パブロ・バリエントス

    パブロ・バリエントスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2004年、アルゼンチンU-20代表として15試合に出場して6得点した。2008年11月15日、ディエゴ・マラドーナによってアルゼンチン代表に招集された。パブロ・バリエントス フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・セサル・ロメロ

    フリオ・セサル・ロメロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1977年に地元のスポルティーボ・ルケーニョからデビュー。1979年にはU-20パラグアイ代表としてFIFAワールドユース選手権に出場し、同い年のディエゴ・マラドーナ(アルゼンチン)とともに大会最高の選手のひとりとみなされた。同年にはパラグアイA代表としてコパ・アメリカ1979に出場し、パラグアイは26年ぶりの優勝を果たした。1980年には北米サッカーリーグ(NASL)のニューヨーク・コスモスに移籍して巨額の年俸を得て、カルロス・アルベルトやフランツ・ベッケンバウアーなどの偉大な選手たちとともにプレーした。1984年にはブラジル・セリエAのフルミネンセFCに移籍し、ボーラ・ジ・プラッタを受賞。翌年にはクラブをセリエA優勝に導いてサポーターに愛され、南米年間最優秀選手賞を受賞した。1986 FIFAワールドカップ・南米予選ではパラグアイの28年ぶり(7大会ぶり)の本大会出場の立役者となり、メキシコで開催された本大会ではファーストラウンドのイラク戦と地元メキシコ戦で得点した。1980年代後半には短期間だけスペインのFCバルセロナやメキシコのプエブラFCに在籍し、1990年にパラグアイに帰国した。古巣スポルティーボ・ルケーニョ、オリンピア、クラブ・セロ・コラなどでプレーし、チリのデポルテス・ラ・セレーナにも在籍した。フリオ・セサル・ロメロ フレッシュアイペディアより)

  • スタディオ・サン・パオロ

    スタディオ・サン・パオロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1989年に1990 FIFAワールドカップ開催のため改築された。その1990 FIFAワールドカップでは、準決勝のイタリア代表と当時SSCナポリに所属していたディエゴ・マラドーナ擁するアルゼンチン代表の試合など計4試合が行われた。スタディオ・サン・パオロ フレッシュアイペディアより)

  • マルティン・ドブロツカ

    マルティン・ドブロツカから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2006年にŠKスロヴァン・ブラチスラヴァに復帰。2011年4月23日にはディエゴ・マラドーナの神の手を髣髴させるハンドのゴールをし、著名になった。FCニトラとのアウェーでのツォルゴン・リーガでの一戦であり、89分にフリーキックから彼の神の手で得点を果たした。0-0の均衡を破ったこの一点が決勝点となり、アウェーでの勝利を掴んだ。マルティン・ドブロツカ フレッシュアイペディアより)

  • スコット・オルレンショー

    スコット・オルレンショーから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    元々フォワードまたはウィンガーであり、国外に行く前にはセント・ジョージFC、シドニー・オリンピックFC、APIAライカード・タイガースFCに所属した。その後1992年にイングランドのウォルソールFCに加入、翌年に一旦APIAライカード・タイガースFCに戻るものの、1994年にマレーシアのサバFAに移籍した。サバFAには4シーズン在籍し、出場数以上の得点数を挙げ、1995年と1996年にはリーグ得点王に輝き、「赤毛のマラドーナ」()の異名を取った。その後はオーストラリアに戻りノーザン・スピリットFCに加入したが、臀部に大怪我を負い選手を引退した。スコット・オルレンショー フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ロサーダ

    セバスティアン・ロサーダから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1991年にはレアル・マドリードのライバルのアトレティコ・マドリードに移籍したが、しばしばヘスス・ヒル会長と対立した。1992年に移籍したセビージャFCではアルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナとチームメイトになり、1993年に移籍したセルタ・デ・ビーゴでは、1995年1月16日のウルグアイ戦でスペイン代表デビューを飾った。同年には27歳の若さで現役引退して弁護士となった。2004年にはスペインサッカー連盟(RSFF)の会長選挙に出馬したが落選した。セバスティアン・ロサーダ フレッシュアイペディアより)

292件中 71 - 80件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード