236件中 71 - 80件表示
  • オスバルド・サルバドル・エスクデロ

    オスバルド・サルバドル・エスクデロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979年に日本で開催されたFIFAワールドユース選手権の優勝メンバーで、アルゼンチンU-20代表の右ウイングとしてディエゴ・マラドーナやラモン・ディアスらを擁する攻撃陣の一翼を担った。オスバルド・サルバドル・エスクデロ フレッシュアイペディアより)

  • ファン・シモン

    ファン・シモンから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1977年にニュウェルズ・オールドボーイズからキャリアを始め、 1979年に日本で開催されたワールドユースに出場。アルゼンチンの優勝に貢献した。チームメイトには、ディエゴ・マラドーナ、ラモン・ディアス、オズヴァルド・エスクデロ、ガブリエル・カルデロンらがいた。1980年にはA代表にも初招集された。ファン・シモン フレッシュアイペディアより)

  • ピーター・ベアズリー

    ピーター・ベアズリーから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1986年1月29日、カイロで行われたエジプト代表との親善試合(4-0)でボビー・ロブソン監督率いるイングランド代表デビューした。その後、ニューカッスル・U在籍時にイングランド代表のレギュラーとなっているが、このエジプト戦は偶然にもベアズリーが「選手キャリアで最良のパートナー」と表現したゲーリー・リネカーとの途中交代であった。5月17日にロサンジェルスで行われたメキシコ代表との親善試合(3-0)では、4試合目の出場で代表初得点を挙げた。同年夏にはメキシコで開催された1986 FIFAワールドカップの出場メンバーに選ばれた。同大会でイングランドは計7得点を挙げているが、このうち6点は得点王に輝いたリネカーの得点であり、残りの1点がパラグアイ戦(3-0)で挙げたベアズリーの得点であった。イングランドはグループリーグの初戦と2戦目で無得点に終わったが、3戦目のポーランド戦は3-0で快勝した。ベアズリーは初めて先発出場し、への完璧なクロスがリネカーの2点目につながった。準々決勝のアルゼンチン戦では、ディエゴ・マラドーナの「5人抜き」ゴールの際に一人目に交わされた選手となった。ピーター・ベアズリー フレッシュアイペディアより)

  • フアン・バルバス

    フアン・バルバスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    1979年にはU-20アルゼンチン代表としてFIFAワールドユース選手権に出場して優勝した。同年にアルゼンチンA代表デビューし、1985年までに33試合に出場した。1982年にはスペインで開催された1982 FIFAワールドカップに出場し、ディエゴ・マラドーナやマリオ・ケンペスらを擁したアルゼンチン代表は優勝候補に挙げられていたが、2次リーグで最下位となって敗退した。フアン・バルバス フレッシュアイペディアより)

  • 三浦淳宏

    三浦淳宏から見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    プロでは主に左アウトサイドの選手であったが、小学生から大学生時代にかけて、センターフォワードやウイングをこなしたこともあり、右アウトサイド、左サイドバック、トップ下、ボランチ、フォワードと数多くのポジションをこなすことができる。右利きであるが、ディエゴ・マラドーナにあこがれて子供のころから左足も練習した。三浦淳宏 フレッシュアイペディアより)

  • ハビエル・パストーレ

    ハビエル・パストーレから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    2009年に移籍したUSチッタ・ディ・パレルモで活躍し、12月、ディエゴ・マラドーナ監督によってアルゼンチン代表に初招集された。12月22日に行われた非公式親善試合のカタルーニャ選抜戦に後半から出場して得点を挙げたが、国際サッカー連盟(FIFA)に認められていない試合のため代表キャップは記録されていない。つづいてドイツとの親善試合にも招集されたが、この試合では出場機会がなかった。2010年5月25日、カナダとの親善試合で公式にアルゼンチン代表デビューを果たした。ハビエル・パストーレ フレッシュアイペディアより)

  • アンドレス・ダレッサンドロ

    アンドレス・ダレッサンドロから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    リオネル・メッシの台頭まではディエゴ・マラドーナ本人に「後継者」と指名されていた選手。アンドレス・ダレッサンドロ フレッシュアイペディアより)

  • ファン=マルチン・エルナンデス

    ファン=マルチン・エルナンデスから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    彼の姉はアルゼンチン代表のホッケーの選手。叔父パトリシオ・ヘルナンデス(Patricio Hernández)は、元サッカー選手で1982年スペインワールドカップでアルゼンチン代表としてディエゴ・マラドーナと一緒にプレイしていたことがあった。そういうこともあり、ファン・マルティン自身もサッカー好きで、好きなチームはリーベルプレートでマラドーナのファン。ファン=マルチン・エルナンデス フレッシュアイペディアより)

  • 南アメリカのスポーツ

    南アメリカのスポーツから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    ブラジルのペレ、ロナウド、ロナウジーニョ、アルゼンチンのマラドーナ、アルフレッド・ディ・ステファノ、メッシ、ペルーのテオフィロ・クビジャス、ウルグアイのエンツォ・フランチェスコリ、パラグアイのアルセニオ・エリコ、コロンビアのカルロス・バルデラマ、チリのエリアス・フィゲロア、エクアドルのアレックス・アギナガなど、南米は数多くの国際的トップ・プレーヤーを生み出してきた。また、多くの選手が報酬と知名度を求めてヨーロッパのプロリーグでプレーしている。南アメリカのスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • イブラヒム・ババンギダ

    イブラヒム・ババンギダから見たディエゴ・マラドーナディエゴ・マラドーナ

    政治的な面でババンギダは以前のブハリや以降のどの軍事支配者より世論に対応し、操作することに長けていた。また可能な限り反対派を金で片付けることをこのんだ。そのため「マラドーナ」と渾名された。国家元首の事務所から送られた小包爆弾によって死んだとされるジャーナリストのデレ・ギワの殺害など、反対派が買収を拒んだり無視した場合ババンギダは稀に武力に訴えた。イブラヒム・ババンギダ フレッシュアイペディアより)

236件中 71 - 80件表示

「ディエゴ・マラドーナ」のニューストピックワード